新型「ジープ・コンパス」、10月30日にデビュー

2017.10.02 自動車ニュース

FCAジャパンは、コンパクトSUVの新型「ジープ・コンパス」を2017年10月30日に発表する。

コンパスは、モダンなスタイリングを特徴とするジープブランドのクロスオーバーSUVである。2代目となる新型は、初代で好評を博したユーザーフレンドリーさを受け継ぎながら、デザインや機能、快適性、安全性などを全方位的に高めたモデルとされている。

車内空間については、都市部の移動から週末のロングツーリング、大きな荷物やギアの積載など、さまざまなシーンに対応する利便性の高さを追求。自動緊急ブレーキ機能付きの前面衝突警報や、アダプティブクルーズコントロール、安全な車線変更や駐車スペースからの後退をサポートするブラインドスポットモニターおよびリアクロスパスディテクション、後退時の視界確保を支援するリアバックアップカメラなど、運転支援システムや安全装備も充実している。

また、インフォテインメントシステムには、「Apple CarPlay」や「Google Android Auto」に対応した新世代の機器を採用。電話やナビゲーション、エンターテインメントなどの各種機能を、タッチパネルモニターや音声入力で操作できるという。

(webCG)
 

新型「ジープ・コンパス」
新型「ジープ・コンパス」拡大

関連キーワード:
コンパス, ジープ, 自動車ニュース

ジープ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.6 試乗記 実に11年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた「ジープ・ラングラー」。エンジンのダウンサイジング化やATの多段化などによって洗練されたのはいいものの、果たして人々が求める“ジープらしさ”は残っているのだろうか。4ドア・2リッターの「アンリミテッド スポーツ」に試乗した。
  • ポルシェ911カレラ/911カレラ カブリオレ/911カレラ4【海外試乗記】 2019.10.3 試乗記 「GTS」や「GT3」などの“役物”もいずれラインナップされるのだろうけれど、「ポルシェ911」といえば、まずは素の「カレラ」に乗らなければ始まらない。ドイツ・フランクフルトからの第一報をお届けする。
  • 日産スカイラインGT Type P(V6ターボ)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.4 試乗記 「日産スカイライン」のマイナーチェンジで追加されたV6ツインターボモデルはなかなかの意欲作だ。その出来栄えは概して素晴らしい。しかし、いっぽうでは日産の国内市場軽視が透けて見える部分も少々……。中年カーマニアの筆者にとっては寂しさを覚えつつの試乗となった。
  • BMW 840iグランクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.9.28 試乗記 BMWがラインナップするLセグメントのスペシャリティーモデル「8シリーズ」に、4ドアの「グランクーペ」が登場。ポルトガルのアルガルヴェで試乗した直6モデルの「840i」は、「ぜひ日本にも」と願わずにはいられないクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る