ボルボ・グループの新ブランド「ポールスター」がスタート

2017.10.19 自動車ニュース
上海で発表された「ポールスター1」。
上海で発表された「ポールスター1」。拡大

ボルボ・カー・グループの中で電動のハイパフォーマンスカーを扱う新しい独立ブランド「ポールスター」は2017年10月17日、中国・上海で同ブランド最初のモデルとなる2ドアスポーツカー「ポールスター1」を披露した。併せて、新工場の建設やポールスター車の販売方法など、同ブランドのビジネスに関する構想も発表した。

ポールスター(polestar)とは英語で「北極星」の意。車両には星をかたどったエンブレムが掲げられており、ボルボの名はない。
ポールスター(polestar)とは英語で「北極星」の意。車両には星をかたどったエンブレムが掲げられており、ボルボの名はない。拡大
ボルボ・カーズデザイン担当上級副社長兼ポールスター最高経営責任者(CEO)のトーマス・インゲンラート氏。
ボルボ・カーズデザイン担当上級副社長兼ポールスター最高経営責任者(CEO)のトーマス・インゲンラート氏。拡大
ポールスター最高執行責任者(COO)のジョナサン・グッドマン氏。
ポールスター最高執行責任者(COO)のジョナサン・グッドマン氏。拡大
「ポールスター1」のリアビュー。エクステリアデザインは、2013年のフランクフルトショーで発表された「ボルボ・コンセプト クーペ」の発展形といえるもの。
「ポールスター1」のリアビュー。エクステリアデザインは、2013年のフランクフルトショーで発表された「ボルボ・コンセプト クーペ」の発展形といえるもの。拡大
日本のakebono(曙ブレーキ)のブレーキシステムが用いられている。
日本のakebono(曙ブレーキ)のブレーキシステムが用いられている。拡大
「ポールスター1」のインテリア。
「ポールスター1」のインテリア。拡大

第1弾は600psのハイブリッドスポーツカー

今回発表されたポールスター1は、2リッターのガソリンエンジンと電動モーターを備えた2ドアクーペのハイブリッド車。ボルボのスケーラブル・プラットフォーム・アーキテクチャー(SPA)をベースにしながら、ポールスターのエンジニアが約50%新たに設計した骨格を用いており、最大で年間500台が生産される。すべてが左ハンドル車になるという。生産は中国で行い、顧客へは一般的な販売方法ではなく、サブスクリプション方式(ある一定の利用期間に対して、継続的に対価を支払ってもらう課金ビジネス)によって提供する。

ポールスター1の全長は約4.5m。ボディーの主要部分はカーボンファイバーで形成されており、これによって従来構造と比較して230kgもの軽量化を果たした。ねじり剛性も45%強化されており、ハンドリングの改善に役立っているという。

パワーユニットはボディーの前部に搭載された2リッター直4“T6”ガソリンエンジンと、リアアクスルの中心に直列配置された2基の電気モーターによって構成されている。最高出力600ps、最大トルク1000Nmというスペックを備え、電気モーター駆動(後輪駆動状態)だけで最長150kmの走行が可能。

また、“ダブルモーターユニット”と左右後輪の間にはそれぞれ遊星ギアが配置されており、ボルボ・グループとして初となるトルクベクタリング機構を持つ。車両の重量配分はフロント48:リア52と、運動性能を重視するスポーツカーらしいバランスがうたわれている。

生産は、上述のとおり中国で行われる。四川省の省都である成都に建設中の新工場「ポールスター・プロダクション・センター」(2018年半ばに完成予定)で2019年の半ばに始まる。

ポールスターブランドの第2弾としては、ボルボ・カー・グループ初の電気自動車(EV)「ポールスター2」が予定されている。米テスラの中型EV「テスラ3」がライバルの名として挙がっており、生産は2019年の終わりに始まる。それに続く第3弾「ポールスター3」はポールスター2より大きなEVのSUVで、価格的にはポールスター1と2の間に位置するものになるという。

ポールスターブランドの車両は100%オンラインで注文し、2年または3年を期限とした月額定額制方式による提供となる。契約に際して頭金はなく、月額にはピックアップとデリバリーのサービス、代車レンタルサービスなども含まれている。一方で、ポールスター車に触れることができる“路面店”として世界中に「ポールスター・スペース」を設ける予定だ。

(webCG)

◆「ポールスター」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
1, ポールスター, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV90 B6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.27 試乗記 48Vマイルドハイブリッド搭載の「ボルボV90 B6 AWDインスクリプション」で、古都・金沢まで約650kmの道のりをロングドライブ。高速道での快適性やボルボが誇るADAS「インテリセーフ」の実用性に加え、燃費性能もチェックした。
  • ボルボV60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.9 試乗記 「ボルボV60」の高性能バージョン「T8ポールスターエンジニアード」に試乗。全車の電動化戦略を着々と進めるボルボ。その旗振り役を務めるように電気の力でハイパフォーマンスを手にしたコンプリートモデルの仕上がりは?
  • メルセデス・ベンツE300カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2021.1.15 試乗記 メルセデス・ベンツが綿々と歴史を紡ぐ4シーターオープンモデル「Eクラス カブリオレ」がマイナーチェンジ。アップデートされた運転支援システムやユーザーインターフェイスの出来栄えを確かめながら、開放感あふれる走りを味わった。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
ホームへ戻る