「ベントレー・ベンテイガ」にV8エンジン搭載モデル

2018.01.17 自動車ニュース
「ベントレー・ベンテイガV8」
「ベントレー・ベンテイガV8」拡大

英ベントレー・モーターズは2018年1月12日(現地時間)、SUV「ベンテイガ」のV8エンジン搭載モデル「ベンテイガV8」を発表した。

 
「ベントレー・ベンテイガ」にV8エンジン搭載モデルの画像拡大
 
「ベントレー・ベンテイガ」にV8エンジン搭載モデルの画像拡大
 
「ベントレー・ベンテイガ」にV8エンジン搭載モデルの画像拡大

最高出力550ps、最大トルク770Nmを発生

今回ベンテイガに搭載された4リッターV8ツインターボエンジンは、Vバンクの内側にデュアルターボチャージャーをレイアウトしている。最高出力は550ps、最大トルクは770Nmで、ZF製8段ATを介して四輪を駆動し、最高速度は290km/h、0-100km/h加速は4.5秒と公表される。低負荷時には4気筒を休止する機構を備えており、燃費性能は11.4リッター/100km(約8.8km/リッター。欧州複合モード)となっている。

エクステリアでは、ブラックとクロームのフロントグリルやツインクアッドタイプのテールパイプ、レッドのブレーキキャリパーが目を引く。ブレーキについては、オプションでカーボンセラミックタイプも設定されており、フロントに440mm径ディスクを、リアに370mm径ディスクを、さらにフロントには「Bentley」ロゴ入りの10ピストンブレーキキャリパーを搭載可能。その制動力はベントレー史上最大かつ最強とうたわれる。

インテリアでは、ハイグロスカーボンファイバーのインテリアパネルとウッド&レザーのステアリングホイール、濃いレッドの新色「クリケットボール」のインテリアレザーと、3つのオプション装備が新たに設定されている。

日本での販売価格は、W12エンジン搭載車(2018年モデル)よりも744万4000円安価な1994万6000円で、2018年秋ごろにデリバリーが開始される予定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
ベンテイガ, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー ベンテイガ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」のV8モデルに試乗。大きく変わった内外装デザインと、リアトレッド拡大やドライブモードの追加で磨きのかかった走りを中心に“元祖ラグジュアリーSUV”の進化を確かめた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.25 試乗記 ベントレーの新たな旗艦モデルの座を担う、新型「フライングスパー」が日本上陸。最新のテクノロジーを惜しみなく投入して開発された、ラグジュアリースポーツサルーンの仕上がりをテストする。
  • ベントレー各モデルの車両本体価格が変更に 2021.4.1 自動車ニュース ベントレーモーターズジャパンは2021年4月1日、ベントレー各車の2022MYモデルについて、車両本体価格を変更すると発表した。「コンチネンタルGT V8」や「フライングスパー」などのモデルが値上げとなっている。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.23 試乗記 圧倒的な速さを誇るアルピナ各車だが、目指すところは「毎日使える実用性」であり、それは最新の「B3」にもきちんと継承されている。先代モデルからの進化点と変化点を、ワインディングロードで探ってみた。
ホームへ戻る