「ベントレー・ベンテイガ」にV8エンジン搭載モデル

2018.01.17 自動車ニュース
「ベントレー・ベンテイガV8」
「ベントレー・ベンテイガV8」拡大

英ベントレー・モーターズは2018年1月12日(現地時間)、SUV「ベンテイガ」のV8エンジン搭載モデル「ベンテイガV8」を発表した。

 
「ベントレー・ベンテイガ」にV8エンジン搭載モデルの画像拡大
 
「ベントレー・ベンテイガ」にV8エンジン搭載モデルの画像拡大
 
「ベントレー・ベンテイガ」にV8エンジン搭載モデルの画像拡大

最高出力550ps、最大トルク770Nmを発生

今回ベンテイガに搭載された4リッターV8ツインターボエンジンは、Vバンクの内側にデュアルターボチャージャーをレイアウトしている。最高出力は550ps、最大トルクは770Nmで、ZF製8段ATを介して四輪を駆動し、最高速度は290km/h、0-100km/h加速は4.5秒と公表される。低負荷時には4気筒を休止する機構を備えており、燃費性能は11.4リッター/100km(約8.8km/リッター。欧州複合モード)となっている。

エクステリアでは、ブラックとクロームのフロントグリルやツインクアッドタイプのテールパイプ、レッドのブレーキキャリパーが目を引く。ブレーキについては、オプションでカーボンセラミックタイプも設定されており、フロントに440mm径ディスクを、リアに370mm径ディスクを、さらにフロントには「Bentley」ロゴ入りの10ピストンブレーキキャリパーを搭載可能。その制動力はベントレー史上最大かつ最強とうたわれる。

インテリアでは、ハイグロスカーボンファイバーのインテリアパネルとウッド&レザーのステアリングホイール、濃いレッドの新色「クリケットボール」のインテリアレザーと、3つのオプション装備が新たに設定されている。

日本での販売価格は、W12エンジン搭載車(2018年モデル)よりも744万4000円安価な1994万6000円で、2018年秋ごろにデリバリーが開始される予定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
ベンテイガ, ベントレー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ミュルザンヌ(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.7.29 試乗記 2009年に発表された「ベントレー・ミュルザンヌ」。その“フェイスリフト版”の国際試乗会が、ドイツ南部のシュロス・エルマウというホテルを本拠地に催された。アルプス山麓でのドライビングを通して感じた、ベントレーの旗艦が放つ魅力を報告する。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.2 試乗記 ランボやロールス、アストンなど、ラグジュアリーブランドのSUVが続々とデビューを果たした後も、「ベンテイガ」は孤高の存在であり続けられるのか? 大阪・京都へのちょっとぜいたくな旅を通して感じたのは、少し意外な“スゴさ”だった。
  • ベントレー・コンチネンタルGTファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.9 試乗記 新世代プラットフォームをもとに、一から新開発された3代目「ベントレー・コンチネンタルGT」が、いよいよデリバリー開始となった。日本導入を記念し設定された「ファーストエディション」から、その進化を確認していこう。
  • ベントレー・ミュルザンヌ スピード ホールマークシリーズbyマリナー/ベンテイガ マリナー 2018.3.5 画像・写真 ベントレーのビスポーク部門、マリナーが手がけた「ベントレー・ミュルザンヌ スピード ホールマークシリーズbyマリナー」と「ベンテイガ マリナー」。内外装の各所にハンドクラフトによる装飾が施された特別な2モデルのディテールを紹介する。
  • ベントレー・ベンテイガV8(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.1 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」のラインナップに加わった4リッターV8モデルが日本に上陸。W12とのパワー差は58ps。その走りには、どんな違いがあるのか? 2台を比較し、「V8」を選ぶ理由について考えた。
ホームへ戻る