スズキがスポーツバイクの新型「GSX-R125」を発売

2018.01.23 自動車ニュース
「スズキGSX-R125 ABS」
「スズキGSX-R125 ABS」拡大

スズキは2018年1月23日、スポーツバイク「GSX-R」シリーズのエントリーモデルにあたる新型「GSX-R125 ABS」を、同年1月26日に発売すると発表した。

 
スズキがスポーツバイクの新型「GSX-R125」を発売の画像拡大
 
スズキがスポーツバイクの新型「GSX-R125」を発売の画像拡大
 
スズキがスポーツバイクの新型「GSX-R125」を発売の画像拡大
 
スズキがスポーツバイクの新型「GSX-R125」を発売の画像拡大
 
スズキがスポーツバイクの新型「GSX-R125」を発売の画像拡大

ビギナーも楽しめる125ccクラスのスポーツモデル

GSX-R125 ABSは、初心者や若年層のライダーにも楽しんでもらえることを重視した、原付二種のスポーツバイクである。

エンジンは124ccの水冷単気筒DOHC 4バルブで、燃焼室や燃料噴射の最適化、吸気効率の向上などにより、最高出力15ps/10000rpm、最大トルク11Nm/8000rpmを発生。6段マニュアルトランスミションとの組み合わせにより、伸びやかで胸のすく加速感を実現しているという。

車体については、軽量・高剛性のフレームや短いホイールベースとスリムなボディー形状、134kgという軽い車両重量などを通して、街乗りにおける扱いやすさとワインディングロードでの高い操縦性を追求。セパレートハンドルによるスポーティーなライディングポジションと、785mmの低いシート高による良好な足つき性も特徴として挙げられる。

デザインは他のGSX-Rシリーズに準じたもので、LEDを採用した縦型の2灯ヘッドライトや、ハンドル位置を低くし、ヘッドライトを前方にレイアウトしたシャープなフロントカウルを採用。ボディーカラーは「トリトンブルーメタリック」「ブリリアントホワイト」「ソリッドブラック」の3色で、トリトンブルーメタリックのモデルには、フラッグシップモデル「GSX-R1000R ABS」をほうふつさせる大型の「SUZUKI」ロゴが施される。

装備も充実しており、ブレーキの利きを自動制御して車輪のロックを防ぐABSや、鍵穴へのいたずらや盗難を抑止するワンアクション式シャッター付きステアリングロック、クラッチを握らなくてもエンジンの始動が可能な押しボタン式のイグニッションスイッチなどを採用。メーターはフルデジタル表示で、オドメーターやトリップメーターに加え、ランプの点灯/点滅でギアチェンジのタイミングを知らせるRPMインジケーター、ギアポジションインジケーターなどの機能を搭載している。

燃費は、国土交通省届出値(定地燃費値<60km/h>2名乗車時)で48.2km/リッター。安心してロングツーリングできるよう、11リッターの燃料タンクを装備している。

価格は38万6640円。

(webCG)
 

関連キーワード:
GSX-R125, スズキ, バイク, 自動車ニュース

スズキ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・カタナ 2019.5.24 画像・写真 19年のときを経て、最新の二輪技術とともに復活したスズキのネイキッドスポーツモデル「KATANA(カタナ)」。コンセプト然としたフォルムから、細部にいたるまで、随所に作り手のこだわりが込められたそのスタイリングを、写真で紹介する。
  • スズキ・ハヤブサ(6MT)【レビュー】 2021.6.9 試乗記 圧倒的な動力性能でファンを魅了し続ける、スズキのフラッグシップモデル「ハヤブサ」。押しも押されもしないメガスポーツ/ウルトラスポーツの“第一人者”は、2度目のモデルチェンジでどのような進化を遂げたのか? 3代目となる新型の走りに触れた。
  • ホンダ・レブル1100 Dual Clutch Transmission(6AT)【レビュー】 2021.7.1 試乗記 大人気の「レブル250」をそのまま大きくしたかのような、ホンダの新型バイク「レブル1100」。自動変速が可能なそのATバージョンは、乗り手やステージを選ぶことのない、懐の深い走りを味わわせてくれた。
  • ポルシェ718ケイマンT(MR/7AT)【試乗記】 2021.6.29 試乗記 ツーリングの「T」を車名に掲げる、ポルシェの2シーターミドシップスポーツ「718ケイマンT」。最大の特徴は、PASMやスポーツクロノパッケージ、機械式リアデフロックなどで強化したスポーツシャシーにある。果たしてその走りやいかに?
  • 第209回:国民車決戦 2021.6.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。かねてスズキの「スイフトスポーツ」を国民車として勝手に提唱中のところ、強力なライバルが出現した。その名は「ヤリス」。スイスポは国民車としての地位を堅守できるのか? 再度試乗し、スイスポの今の実力を確かめることにした。
ホームへ戻る