「レンジローバー イヴォーク」のディーゼル車にお買い得な限定モデル

2018.01.26 自動車ニュース
「レンジローバー イヴォーク フリースタイル-D」。外装色はナルヴィックブラック。
「レンジローバー イヴォーク フリースタイル-D」。外装色はナルヴィックブラック。拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年1月26日、ラグジュアリーコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」の特別仕様車「フリースタイル-D」(限定100台)を発表し、同日予約注文受付を開始した。

「レンジローバー イヴォーク フリースタイル-D」(ナルヴィックブラック)
「レンジローバー イヴォーク フリースタイル-D」(ナルヴィックブラック)拡大
「レンジローバー イヴォーク フリースタイル-D」(フジホワイト)
「レンジローバー イヴォーク フリースタイル-D」(フジホワイト)拡大
「レンジローバー イヴォーク フリースタイル-D」(フジホワイト)
「レンジローバー イヴォーク フリースタイル-D」(フジホワイト)拡大
18インチ スタイル506 アロイホイール
18インチ スタイル506 アロイホイール拡大

お買い得な装備充実モデル

「レンジローバー イヴォークSE」(2018年モデル)の2リッター直4ディーゼルエンジン搭載車がベース。外装色はナルヴィックブラック(限定40台)とフジホワイト(限定60台)の2色から選択が可能。内装にはサテンブラッシュドアルミニウムを使用したエボニーが採用されており、落ち着いた雰囲気でまとめられている。

また、ベース車ではオプションとなる18インチの5スプリットスポークアロイホイール(ベース車は17インチ10スポークスタイル)やハンズフリーパワーテールゲート、シートヒーター(フロント)などに加え、レーンデパーチャーワーニング(車線逸脱警告機能)や自動緊急ブレーキなどの運転支援システムも標準で備える。

このように装備が充実していながら、車両価格はベース車(521万円)より安価な499万9000円に設定されている。

上記を含めた同特別仕様車の主な装備は以下のとおり。

  • エボニー/エボニーインテリア(サテンブラッシュドアルミニウム)
  • SEテクノロジーパック(キーレスエントリー、LEDシグネチャー付きキセノンヘッドライト&ヘッドライトパワーウオッシャー、フロントフォグライト、オートハイビームアシスト、ハンズフリー・パワー・テールゲート)
  • 18インチ スタイル506 アロイホイール(5スプリットスポーク、スパークルシルバーフィニッシュ)
  • シートヒーター(フロント)
  • レーンデパーチャー・ワーニング(車線逸脱警告機能)および自動緊急ブレーキ
  • ナビゲーションプロ
  • デジタルTV

(webCG)

関連キーワード:
レンジローバー イヴォーク, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー イヴォーク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィーPHEV(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.18 試乗記 ランドローバー伝統の最上級SUV「レンジローバー」に設定されたプラグインハイブリッドモデル「オートバイオグラフィーPHEV」に試乗。EUの厳しい排ガス規制に対応すべくパワーユニットの電動化を推し進める同ブランドの戦略と、その走りをリポートする。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツ オートバイオグラフィー ダイナミックP400【試乗記】 2020.3.10 試乗記 上質さとスポーティネスを併せ持つランドローバーの高性能SUV「レンジローバー スポーツ」に、新開発の直6エンジンを搭載した新モデル「P400」が登場。新たな心臓部を得た“走りのレンジ”は、どのようなクルマに仕上がっていたのか。その実力を確かめた。
  • ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.27 試乗記 2018年10月にマイナーチェンジが実施された、ポルシェの人気車種「マカン」。数あるグレードのなかでも最高の動力性能を誇る「マカン ターボ」はどのようにリファインされたのか? 最新型の走りをリポートする。
  • メルセデス・ベンツの最上級3列シートSUV「GLS」がフルモデルチェンジ 2020.3.23 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年3月23日、新型「メルセデス・ベンツGLS」を導入すると発表し、同日、販売を開始した。最新のGLSは、2006年に登場した「GLクラス」から数えて3代目にあたるモデルで、2019年4月のニューヨークモーターショーで初披露された。
  • BMW M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.9 試乗記 3代目に生まれ変わった「BMW 1シリーズ」で多くの読者が気にかけているのはFRからFFへの基本駆動方式の変更に違いない。かくいうリポーターもまたその一人だ。肝心要のハンドリング性能をトップグレード「M135i xDrive」で確かめた。
ホームへ戻る