「レンジローバー イヴォーク」のディーゼル車にお買い得な限定モデル

2018.01.26 自動車ニュース
「レンジローバー イヴォーク フリースタイル-D」。外装色はナルヴィックブラック。
「レンジローバー イヴォーク フリースタイル-D」。外装色はナルヴィックブラック。拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年1月26日、ラグジュアリーコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」の特別仕様車「フリースタイル-D」(限定100台)を発表し、同日予約注文受付を開始した。

「レンジローバー イヴォーク フリースタイル-D」(ナルヴィックブラック)
「レンジローバー イヴォーク フリースタイル-D」(ナルヴィックブラック)拡大
「レンジローバー イヴォーク フリースタイル-D」(フジホワイト)
「レンジローバー イヴォーク フリースタイル-D」(フジホワイト)拡大
「レンジローバー イヴォーク フリースタイル-D」(フジホワイト)
「レンジローバー イヴォーク フリースタイル-D」(フジホワイト)拡大
18インチ スタイル506 アロイホイール
18インチ スタイル506 アロイホイール拡大

お買い得な装備充実モデル

「レンジローバー イヴォークSE」(2018年モデル)の2リッター直4ディーゼルエンジン搭載車がベース。外装色はナルヴィックブラック(限定40台)とフジホワイト(限定60台)の2色から選択が可能。内装にはサテンブラッシュドアルミニウムを使用したエボニーが採用されており、落ち着いた雰囲気でまとめられている。

また、ベース車ではオプションとなる18インチの5スプリットスポークアロイホイール(ベース車は17インチ10スポークスタイル)やハンズフリーパワーテールゲート、シートヒーター(フロント)などに加え、レーンデパーチャーワーニング(車線逸脱警告機能)や自動緊急ブレーキなどの運転支援システムも標準で備える。

このように装備が充実していながら、車両価格はベース車(521万円)より安価な499万9000円に設定されている。

上記を含めた同特別仕様車の主な装備は以下のとおり。

  • エボニー/エボニーインテリア(サテンブラッシュドアルミニウム)
  • SEテクノロジーパック(キーレスエントリー、LEDシグネチャー付きキセノンヘッドライト&ヘッドライトパワーウオッシャー、フロントフォグライト、オートハイビームアシスト、ハンズフリー・パワー・テールゲート)
  • 18インチ スタイル506 アロイホイール(5スプリットスポーク、スパークルシルバーフィニッシュ)
  • シートヒーター(フロント)
  • レーンデパーチャー・ワーニング(車線逸脱警告機能)および自動緊急ブレーキ
  • ナビゲーションプロ
  • デジタルTV

(webCG)

関連キーワード:
レンジローバー イヴォーク, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー イヴォーク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 HSE(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.23 試乗記 長年にわたり旧型「ランドローバー・ディフェンダー」に乗り続けてきたオーナーが、すべてが刷新された“新型”に試乗。洗練されたオンロードでの振る舞いと圧倒的なオフロード性能に、氏が感じたこととは? 「旧型オーナーの新型ディフェンダー評」をリポートする。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 SE(後編) 2020.11.19 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝は、新型「ランドローバー・ディフェンダー」には普通のクルマとは違うさまざまな魅力があるという。プロも認めた、その特筆すべき長所とは?
  • ランドローバー・ディフェンダー110/ジープ・ラングラー アンリミテッド(後編)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 “これぞジープ”の味を守り続ける「ラングラー」と、新世代のオフローダーへと大胆な変身を遂げた「ランドローバー・ディフェンダー」。後半ではメカニズムの違いがもたらす走破性や乗り味の違いを考えながら、林道を奥へ奥へと進んでみた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110/ジープ・ラングラー アンリミテッド(前編)【試乗記】 2020.11.23 試乗記 昔ながらの味わいを守り続ける「ジープ・ラングラー」と、電子制御によって武装し、ぐっと現代的に変身した新型「ランドローバー・ディフェンダー」。この2台で林道に繰り出し、日常生活には過剰ともいえる本格オフローダーが人気を集める理由を考えてみた。
ホームへ戻る