「レンジローバー イヴォーク」のディーゼル車にお買い得な限定モデル

2018.01.26 自動車ニュース
「レンジローバー イヴォーク フリースタイル-D」。外装色はナルヴィックブラック。
「レンジローバー イヴォーク フリースタイル-D」。外装色はナルヴィックブラック。拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年1月26日、ラグジュアリーコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」の特別仕様車「フリースタイル-D」(限定100台)を発表し、同日予約注文受付を開始した。

「レンジローバー イヴォーク フリースタイル-D」(ナルヴィックブラック)
「レンジローバー イヴォーク フリースタイル-D」(ナルヴィックブラック)拡大
「レンジローバー イヴォーク フリースタイル-D」(フジホワイト)
「レンジローバー イヴォーク フリースタイル-D」(フジホワイト)拡大
「レンジローバー イヴォーク フリースタイル-D」(フジホワイト)
「レンジローバー イヴォーク フリースタイル-D」(フジホワイト)拡大
18インチ スタイル506 アロイホイール
18インチ スタイル506 アロイホイール拡大

お買い得な装備充実モデル

「レンジローバー イヴォークSE」(2018年モデル)の2リッター直4ディーゼルエンジン搭載車がベース。外装色はナルヴィックブラック(限定40台)とフジホワイト(限定60台)の2色から選択が可能。内装にはサテンブラッシュドアルミニウムを使用したエボニーが採用されており、落ち着いた雰囲気でまとめられている。

また、ベース車ではオプションとなる18インチの5スプリットスポークアロイホイール(ベース車は17インチ10スポークスタイル)やハンズフリーパワーテールゲート、シートヒーター(フロント)などに加え、レーンデパーチャーワーニング(車線逸脱警告機能)や自動緊急ブレーキなどの運転支援システムも標準で備える。

このように装備が充実していながら、車両価格はベース車(521万円)より安価な499万9000円に設定されている。

上記を含めた同特別仕様車の主な装備は以下のとおり。

  • エボニー/エボニーインテリア(サテンブラッシュドアルミニウム)
  • SEテクノロジーパック(キーレスエントリー、LEDシグネチャー付きキセノンヘッドライト&ヘッドライトパワーウオッシャー、フロントフォグライト、オートハイビームアシスト、ハンズフリー・パワー・テールゲート)
  • 18インチ スタイル506 アロイホイール(5スプリットスポーク、スパークルシルバーフィニッシュ)
  • シートヒーター(フロント)
  • レーンデパーチャー・ワーニング(車線逸脱警告機能)および自動緊急ブレーキ
  • ナビゲーションプロ
  • デジタルTV

(webCG)

関連キーワード:
レンジローバー イヴォーク, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー イヴォーク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 840iグランクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.9.28 試乗記 BMWがラインナップするLセグメントのスペシャリティーモデル「8シリーズ」に、4ドアの「グランクーペ」が登場。ポルトガルのアルガルヴェで試乗した直6モデルの「840i」は、「ぜひ日本にも」と願わずにはいられないクルマに仕上がっていた。
  • ジャガーXFスポーツブレイク プレステージD180(4WD/8AT)【試乗記】 2019.9.27 試乗記 ジャガーにとって久々となるステーションワゴン「XFスポーツブレイク」に、2リッターディーゼルエンジンと4WDを組み合わせた新モデルが登場。流麗な英国製ワゴンとディーゼル四駆の組み合わせやいかに? その出来栄えを確かめた。
  • アウディQ3スポーツバック【海外試乗記】 2019.9.24 試乗記 アウディのSUVラインナップに、ファストバックスタイルのCセグメントモデル「Q3スポーツバック」が登場。ドイツ・アイメルディンゲンでの試乗を通し、2020年半ばの日本導入が予想されるニューモデルの出来栄えを確かめた。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV【試乗記】 2019.9.23 試乗記 大ヒットモデル「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」が2代目に進化した。今回、連れ出したのはコンパクトなハイブリッド機構を備えたガソリンモデルのトップグレード「R-DYNAMIC HSE P300 MHEV」。初代からの進化のほどと電動化されたパワートレインの出来栄えを確かめた。
  • ジャガーFペースSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2019.9.17 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、「ジャガーFペース」のトップモデル「SVR」に試乗。驚異の加速力と快適さを併せ持った走りは、SUVの皮をかぶったジャガー製スポーツカーのそれだった。
ホームへ戻る