【F1 2018 速報】第6戦モナコGP、リカルド悲願のモナコ初優勝

2018.05.28 自動車ニュース

F1世界選手権第6戦モナコGPの決勝が、2018年5月27日、モナコのモンテカルロ市街地コース(3.337km)を78周して行われた。

フリー走行から予選までの全セッションでトップタイムをマークしたレッドブル・タグ・ホイヤーのダニエル・リカルド。レースでも順当に首位を走っていたかに見えたが、序盤にパワーロスを訴え、そのトラブルと50周もの間格闘することとなった。それでも追い抜きが困難なモナコのコースを味方につけ、初のポール・トゥ・ウィンを達成。中国GPに次ぐ今季2勝目、自身通算7勝目を飾った。

2位でチェッカードグラッグを受けたのは、フェラーリのセバスチャン・ベッテル。予選2番手から手負いのレッドブルを追ったがオーバーテイクには至らず。最後に優勝した第2戦バーレーンGP以来、久々に表彰台に立った。

3位はメルセデスのルイス・ハミルトン。こちらも予選順位と同じポジションでゴールしたが、タイヤに難儀し優勝争いに絡むことはできなかった。

フェラーリのキミ・ライコネン4位、メルセデスのバルテリ・ボッタス5位、フォースインディア・メルセデスのエステバン・オコン6位と、ここまではスターティンググリッドと同じ順位でゴール。トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが10番グリッドから7位に入り、バーレーンGPに次ぐ今季2度目のポイント獲得となった。ルノー勢はニコ・ヒュルケンベルグ8位、カルロス・サインツJr.10位とダブル入賞。フリー走行でクラッシュし予選に出走できず最後尾からスタートしたレッドブルのマックス・フェルスタッペンは9位でレースを終えた。

以下、11位マーカス・エリクソン(ザウバー・フェラーリ)、12位セルジオ・ペレス(フォースインディア)、13位ケビン・マグヌッセン(ハース・フェラーリ)、14位ストフェル・バンドールン(マクラーレン・ルノー)、15位ロメ・グロジャン(ハース)、16位セルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ・メルセデス)、17位ランス・ストロール(ウィリアムズ)が完走した。

ドライバーズチャンピオンシップをリードするハミルトンは110点、2位ベッテルは96点と、17点あった2人のポイント差は14点に縮まった。3位リカルドは72点、4位ボッタス68点、5位ライコネン60点と、50点の間にトップ5人がひしめき合っている。

コンストラクターズチャンピオンシップは、1位メルセデス178点、2位フェラーリ156点、3位レッドブル107点と順位こそ変わらないが、3強がそれぞれ得点を重ね、4位に46点のルノー、5位に40点のマクラーレンが続いている。

(文=bg)
 

 
【F1 2018 速報】第6戦モナコGP、リカルド悲願のモナコ初優勝の画像拡大

関連キーワード:
F1 2018, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事