「ダイハツ・ブーン」の加速性能を向上させるオプション登場

2018.07.03 自動車ニュース

ダイハツ工業は2018年7月2日、コンパクトカー「ブーン」の上級グレード「ブーン シルク」に、新たなメーカーオプション「D-tune edition(ディーチューンエディション)」を追加設定し、販売を開始した。

今回のD-tune editionは、CVTのファイナルギア比を約20%低め、街乗り速度域での加速性能向上を図るものだ。これにより、0-40km/hの発進加速時間が約4%、40-80km/hの加速時間が10%短縮されるという。

価格はオープン。

(webCG)

「ダイハツ・ブーン シルク」
「ダイハツ・ブーン シルク」拡大

関連キーワード:
ブーン, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ ブーン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ブーン シルク“Gパッケージ SA II”/トヨタ・パッソX“Gパッケージ”【試乗記】 2016.5.11 試乗記 「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」が3代目にモデルチェンジ。2社による共同開発をやめ、ダイハツが企画、開発、生産を担う新体制のもとに誕生した新型の実力はいかに? その出来栄えを試すとともに、これからのトヨタとダイハツのあるべき関係を考えた。
  • ダイハツ・ブーンX“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.5.30 試乗記 軽自動車で培われたノウハウをどのように生かしているのか? トヨタとの共同開発をやめ、ダイハツ一社が企画から生産までを担って誕生した3代目「ダイハツ・ブーン」。ベーシックな「X“SA II”」グレードを借り出し、その実力を確かめた。
  • マツダ3セダンX Lパッケージ/マツダ3ファストバックXD Lパッケージ【試乗記】 2021.2.10 試乗記 マツダのCセグメントハッチバック/セダン「マツダ3」が、発売から1年半を経て初の商品改良を受けた。外見は(ほぼ)そのままに中身を磨き上げたという今回の改良は、クルマにどのような進化をもたらしたのか? 開発者から聞いた“狙い”とともに報告する。
  • 「トヨタ・パッソ」の特別仕様車「モーダ“チャーム”」発売 2020.4.7 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年4月7日、コンパクトカー「パッソ」に特別仕様車「モーダ“チャーム”」を設定し、販売を開始した。「モーダ」グレードをベースに“おしゃれで快適な装備を充実”(プレスリリースより)させているのが特徴だ。
  • 「トヨタ・パッソ」が大胆&おしゃれに変身 2018.10.10 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年10月10日、マイナーチェンジしたコンパクトカー「パッソ」を発売した。今回の小変更では、デザインの質感向上が図られるとともに、安全性能が高められている。
ホームへ戻る