「ダイハツ・ブーン」の加速性能を向上させるオプション登場

2018.07.03 自動車ニュース

ダイハツ工業は2018年7月2日、コンパクトカー「ブーン」の上級グレード「ブーン シルク」に、新たなメーカーオプション「D-tune edition(ディーチューンエディション)」を追加設定し、販売を開始した。

今回のD-tune editionは、CVTのファイナルギア比を約20%低め、街乗り速度域での加速性能向上を図るものだ。これにより、0-40km/hの発進加速時間が約4%、40-80km/hの加速時間が10%短縮されるという。

価格はオープン。

(webCG)

「ダイハツ・ブーン シルク」
「ダイハツ・ブーン シルク」拡大

関連キーワード:
ブーン, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ ブーン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ブーン シルク“Gパッケージ SA II”/トヨタ・パッソX“Gパッケージ”【試乗記】 2016.5.11 試乗記 「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」が3代目にモデルチェンジ。2社による共同開発をやめ、ダイハツが企画、開発、生産を担う新体制のもとに誕生した新型の実力はいかに? その出来栄えを試すとともに、これからのトヨタとダイハツのあるべき関係を考えた。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • トヨタ・パッソ モーダ“Gパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2016.6.9 試乗記 軽よりも少し大きな小型車「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」がフルモデルチェンジ。トヨタ版の上級モデルである「パッソ モーダ」を借り出して、“生活の足”としてのクルマのあり方を考えた。
  • ダイハツ・タントカスタムRS(FF/CVT)【試乗記】 2019.9.26 試乗記 今や軽自動車の主流と呼べるほどの人気を誇るスーパーハイトワゴン。その元祖というべき「ダイハツ・タント」が4代目に生まれ変わった。新たなシャシーやパワートレインに加えて、強力な先進運転支援システムを手にした新型の出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・ヤリス 2019.10.16 画像・写真 国内では「ヴィッツ」の名で販売されてきた、トヨタのコンパクトハッチバック「ヤリス」がフルモデルチェンジ。2020年2月の発売を前に世界初公開された新型の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る