ホンダのスクーター「PCX」にハイブリッドモデルが登場

2018.07.09 自動車ニュース
「ホンダPCXハイブリッド」
「ホンダPCXハイブリッド」拡大

本田技研工業は2018年7月6日、スクーター「PCX」シリーズに量産二輪車としては世界初となるハイブリッドモデル「PCXハイブリッド」を設定し、同年9月14日に発売すると発表した。

 
ホンダのスクーター「PCX」にハイブリッドモデルが登場の画像拡大
 
ホンダのスクーター「PCX」にハイブリッドモデルが登場の画像拡大

PCXハイブリッドに搭載されるハイブリッドシステムは、エンジンの始動や発電を担うACGスターターに駆動アシスト機能を追加したもので、エネルギー源として新たに48V系の高出力型リチウムイオンバッテリーを搭載。これを124ccの水冷単気筒エンジンに組み合わせることで、機敏なスロットルレスポンスや高い動力性能を実現しているという。

また、走行状況やライダーの好みに応じて、モーターのアシスト力を変更できる2つの走行モードを設定。「Dモード」は快適な走行と適度なアシストを両立して低燃費に寄与するモード、「Sモード」はアシストを強めてよりスポーツ性を高めたモードとなっている。

燃費は国土交通省届出値(60km/h定地燃費値 2名乗車時)で55.0km/リッター、WMTCモード値(クラス1)で51.9km/リッター。ボディーカラーは「パールダークナイトブルー」のみの設定となっている。

価格は43万2000円。取り扱いは「Honda 二輪EV取扱店」のみで行われ、受注生産にて販売される。

(webCG)
 

関連キーワード:
PCX, ホンダ, バイク, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回カフェカブミーティングin青山」の会場から 2018.11.13 画像・写真 ホンダの原付バイク「カブ」ユーザーの交流イベント「カフェカブミーティングin青山」が2018年11月3日と4日の2日間、東京・青山のHondaウエルカムプラザ青山で開催された。日本全国から300台以上のカブが集まった、イベントの様子を写真とともにリポートする。
  • ホンダ・スーパーカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.3.10 試乗記 今年でデビュー60周年! 1958年の誕生以来、世界中で人々の生活を支えてきた「ホンダ・スーパーカブ」だが、その魅力はただ便利で実用的なだけではなかった。“丸目ランプ”を取り戻した最新モデルの試乗を通し、カブならではのライディングの楽しさに触れた。
  • ホンダ・クロスカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.4.21 試乗記 ビジネス用途の「スーパーカブ」をベースに開発された、ホンダの小型バイク「クロスカブ」。その最新型は、「単なるバリエーションモデル」と割り切れない、独自の魅力を持っていた。
  • 冒険ライダーの心をくすぐる「ホンダCT125ハンターカブ」の魅力と新しい楽しみ方 2020.4.6 デイリーコラム この3月にいよいよ正式発表された「ホンダCT125ハンターカブ」。その人気はすさまじく、発売前にもかかわらず年間販売計画を超える受注を集めたという。ビギナーからも古参のライダーからも注目される、小さな“冒険バイク”の魅力に迫る。
  • ホンダ・スーパーカブ50(MR/4MT)/スーパーカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2017.11.18 試乗記 累計生産台数はついに1億台を突破! 世界に冠たる日本の名車「スーパーカブ」が、このほどフルモデルチェンジを受けた。なつかしのスタイリングを取り戻し、生産拠点も日本に戻された新型の試乗を通し、60年におよぶその歴史の片りんに触れた。
ホームへ戻る