「ホンダPCX」の電動モデルにチョイ乗り
電動スクーターの課題と可能性を考える

2019.03.25 デイリーコラム

ひとつのモデルに4つのパワートレインを設定

“電動パワートレインつながり”ということもあるのだろう。過日行われたホンダのハイブリッドシステム「i-MMD」の勉強会において、付属で同社のスクーター「PCX」シリーズの乗り比べ試乗会が催された。

……などと書くと、読者諸兄姉の中には「“電動パワートレインつながり”って、どゆこと?」と思われる方もおられるだろう。恥ずかしながら、取材前の記者もそうだった。実はホンダのPCXシリーズには、124cc&149ccの純ガソリン車に加え、124ccエンジン+電動モーターのハイブリッド車、そしてモーターのみを積んだ電動スクーターという、2つの電動パワートレイン車がラインナップされているのだ。単一車種でこんなバリエーションを取りそろえる二輪車は、世界中探してもコレしかないだろう。

早速現行型PCXのあらましをおさらいしたいのだが、わざわざ文章にして数字を並べるのも不毛なので、パワートレインのスペックは写真キャプションにまとめさせていただいた。気になる方はそちらをご覧あれ。

興味深いのは、やっぱり世界初のハイブリッド二輪とされる「PCXハイブリッド」のパワートレインだろう。124ccの単気筒SOHCエンジンにスターター兼アシストモーターを組み合わせたもので、四輪で言えばスズキや日産が先鞭(せんべん)をつけたマイルドハイブリッド機構に近い。通常の12Vバッテリーに加えてリアシート下にリチウムイオンバッテリーを搭載しており、最大で約4秒のモーターアシストが可能。アシスト時には約33%もトルクを高めることができるという(エンジン回転数が4000rpmのとき)。

ただ、燃費の改善っぷりはそれほどでもなく、価格差をガソリン代で取り戻すのはかなり厳しい。要するに、これは節約が目的のパワートレインではないのだ。

今回試乗した3台。左から「ホンダPCX」「PCXハイブリッド」「PCXエレクトリック」。
今回試乗した3台。左から「ホンダPCX」「PCXハイブリッド」「PCXエレクトリック」。拡大
「ホンダPCX」
エンジン=124cc 水冷4ストローク単気筒OHC 2バルブ(12ps<9kW>/8500rpm、12Nm<1.2kgm>/5000rpm)/燃費=54.6km/リッター(国土交通省届出値)
「ホンダPCX」
	エンジン=124cc 水冷4ストローク単気筒OHC 2バルブ(12ps<9kW>/8500rpm、12Nm<1.2kgm>/5000rpm)/燃費=54.6km/リッター(国土交通省届出値)拡大
「ホンダPCX150」
​エンジン=149cc 水冷4ストローク単気筒OHC 2バルブ(15ps<11kW>/8500rpm、14Nm<1.4kgm>/6500rpm)/燃費=52.9km/リッター(国土交通省届出値)
「ホンダPCX150」
	​エンジン=149cc 水冷4ストローク単気筒OHC 2バルブ(15ps<11kW>/8500rpm、14Nm<1.4kgm>/6500rpm)/燃費=52.9km/リッター(国土交通省届出値)拡大
「ホンダPCXハイブリッド」
​エンジン=124cc 水冷4ストローク単気筒OHC 2バルブ(12ps<9kW>/8500rpm、12Nm<1.2kgm>/5000rpm)/モーター=交流同期電動機(1.9ps<1.4kW>/3000rpm、4.3Nm<0.44kgm>/3000rpm)/燃費=55.0km/リッター(国土交通省届出値)
「ホンダPCXハイブリッド」
	​エンジン=124cc 水冷4ストローク単気筒OHC 2バルブ(12ps<9kW>/8500rpm、12Nm<1.2kgm>/5000rpm)/モーター=交流同期電動機(1.9ps<1.4kW>/3000rpm、4.3Nm<0.44kgm>/3000rpm)/燃費=55.0km/リッター(国土交通省届出値)拡大
ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回カフェカブミーティングin青山」の会場から 2018.11.13 画像・写真 ホンダの原付バイク「カブ」ユーザーの交流イベント「カフェカブミーティングin青山」が2018年11月3日と4日の2日間、東京・青山のHondaウエルカムプラザ青山で開催された。日本全国から300台以上のカブが集まった、イベントの様子を写真とともにリポートする。
  • ホンダが「スーパーカブC125」に新色のブラックを設定 カラーバリエーションを3種類に拡大 2020.6.12 自動車ニュース ホンダが「スーパーカブC125」のカラーバリエーションを拡大。これまでの「パールニルタバブルー」「パールカデットグレー」に加え、新たに「パールシャイニングブラック」を追加設定した。発売は2020年7月31日、価格は40万7000円としている。
  • ホンダCT125ハンターカブ(MR/4MT)【レビュー】 2020.10.17 試乗記 “ハンターカブ”と呼ばれた往年の名車のイメージを受け継ぐ、ホンダの小型オートバイ「CT125ハンターカブ」。ポップでワイルドな見た目だが、実際の走りはどうか? 舗装路と未舗装路の両方で試してみた。
  • ヤマハ・テネレ700(MR/6MT)【レビュー】 2020.9.9 試乗記 ヤマハから700ccクラスの新型アドベンチャー「テネレ700」が登場。今や定番の可変デバイスを用いず、エンジンとシャシーをひとつの方向性で煮詰めたビッグオフローダーは、高い悪路走破性能を誇るだけでなく、バイクを操るよろこびに満ちたマシンとなっていた。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
ホームへ戻る