【オートモビル カウンシル2018】スバルはSUVのヒストリーを紹介

2018.07.26 自動車ニュース
「スバル・レオーネ4WDエステートバン」
「スバル・レオーネ4WDエステートバン」拡大

スバルは2018年7月26日、千葉・幕張メッセで開催される自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2018(オートモビル カウンシル2018)」(開催期間:8月3日~5日)への出展概要を発表した。

2018年6月にデビューした新型「フォレスター」。
2018年6月にデビューした新型「フォレスター」。拡大

今回スバルは、「SUBARU SUV STORY ~量産初の乗用AWDをつくった、SUBARU SUVの進化の系譜~」をテーマに出展。1972年に登場した「レオーネ4WDエステートバン」や、ワゴンベースのSUVのパイオニアとされる「レガシィグランドワゴン」(1995年)、SUV「フォレスター」の初代モデル(1997年)および最新型(2018年)を展示し、同ブランドにおけるSUVの進化の歴史を紹介する。

(webCG)

関連キーワード:
オートモビル カウンシル2018, モーターショー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事