マクラーレンが高性能モデル「600LT」を国内初公開

2018.07.30 自動車ニュース
「マクラーレン600LT」とマクラーレン・オートモーティブのアレックス・ロング コマーシャルオペレーションズダイレクター(右)、マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社代表の正本嘉宏氏(左)。
「マクラーレン600LT」とマクラーレン・オートモーティブのアレックス・ロング コマーシャルオペレーションズダイレクター(右)、マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社代表の正本嘉宏氏(左)。拡大

マクラーレン・オートモーティブは2018年7月30日、東京・渋谷で「600LT」を日本初公開した。

 
マクラーレンが高性能モデル「600LT」を国内初公開の画像拡大
 
マクラーレンが高性能モデル「600LT」を国内初公開の画像拡大
 
マクラーレンが高性能モデル「600LT」を国内初公開の画像拡大
 
マクラーレンが高性能モデル「600LT」を国内初公開の画像拡大
 
マクラーレンが高性能モデル「600LT」を国内初公開の画像拡大

600LTは、マクラーレンのラインナップの中でも「540C」や「570S」「570GT」などが属する「スポーツシリーズ」のニューモデルであり、大幅な軽量化や空力性能の向上、エンジンの高出力化などを通して、動力性能を突き詰めたモデルとなっている。

具体的には、カーボンファイバー製のボディーパネルやシート、軽量設計のホイール、サスペンションコンポーネントなどを用いることで、車両重量を「570Sクーペ」より約100kg軽い1247kgに軽減。空力関連ではフロントスプリッターやサイドシル、大型のリアディフューザー、固定式リアウイングなどの採用により、250km/h走行時のダウンフォースを他のスポーツシリーズ比で100kg増加させている。

また3.8リッターV8ツインターボについては、最高出力を600psに、最大トルクを620Nmに向上。0-100km/h加速は2.9秒、0-200km/h加速は8.2秒、最高速は328km/hという動力性能を実現している。

ブレーキも強化されており、100km/hの速度からなら31m、200km/hからでも117mの距離で完全停止が可能。これらの改良に加え、専用チューニングのサスペンションや特別仕様のハイグリップタイヤ「ピレリPゼロ トロフェオR」の採用により、サーキットでは上級モデルである「675LT」を上回るコーナリングスピードを実現しているという。

生産期間は2018年10月からの約1年間のみ。価格は2999万9000円。

(webCG)

「マクラーレン600LT」のより詳しい写真はこちら

関連キーワード:
600LT, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン・セナ 2018.2.13 画像・写真 英マクラーレンはジュネーブショー2018で“アルティメットシリーズ”の最新作「セナ」を発表する。800psの4リッターV8ツインターボエンジン搭載。500台の限定車で、車両価格は67万5000ポンド(約1億0100万円)。その姿を画像で紹介する。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • マクラーレン・スピードテール 2020.9.14 画像・写真 マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社が「マクラーレン・スピードテール」を日本で初披露した。マクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を誇るハイパーカーの詳細を写真で紹介する。
  • 第205回:よみがえる「プログレ」発狂事件 2021.4.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。今回は、メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に試乗し、VIP気分を満喫した。しかし、最新のデジタルインターフェイスは先進的すぎてどうにも使い勝手がイマイチ……と、思ったその時、20年前のある出来事が脳裏をよぎったのだった。
ホームへ戻る