マクラーレンが高性能モデル「600LT」を国内初公開

2018.07.30 自動車ニュース
「マクラーレン600LT」とマクラーレン・オートモーティブのアレックス・ロング コマーシャルオペレーションズダイレクター(右)、マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社代表の正本嘉宏氏(左)。
「マクラーレン600LT」とマクラーレン・オートモーティブのアレックス・ロング コマーシャルオペレーションズダイレクター(右)、マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社代表の正本嘉宏氏(左)。拡大

マクラーレン・オートモーティブは2018年7月30日、東京・渋谷で「600LT」を日本初公開した。

 
マクラーレンが高性能モデル「600LT」を国内初公開の画像拡大
 
マクラーレンが高性能モデル「600LT」を国内初公開の画像拡大
 
マクラーレンが高性能モデル「600LT」を国内初公開の画像拡大
 
マクラーレンが高性能モデル「600LT」を国内初公開の画像拡大
 
マクラーレンが高性能モデル「600LT」を国内初公開の画像拡大

600LTは、マクラーレンのラインナップの中でも「540C」や「570S」「570GT」などが属する「スポーツシリーズ」のニューモデルであり、大幅な軽量化や空力性能の向上、エンジンの高出力化などを通して、動力性能を突き詰めたモデルとなっている。

具体的には、カーボンファイバー製のボディーパネルやシート、軽量設計のホイール、サスペンションコンポーネントなどを用いることで、車両重量を「570Sクーペ」より約100kg軽い1247kgに軽減。空力関連ではフロントスプリッターやサイドシル、大型のリアディフューザー、固定式リアウイングなどの採用により、250km/h走行時のダウンフォースを他のスポーツシリーズ比で100kg増加させている。

また3.8リッターV8ツインターボについては、最高出力を600psに、最大トルクを620Nmに向上。0-100km/h加速は2.9秒、0-200km/h加速は8.2秒、最高速は328km/hという動力性能を実現している。

ブレーキも強化されており、100km/hの速度からなら31m、200km/hからでも117mの距離で完全停止が可能。これらの改良に加え、専用チューニングのサスペンションや特別仕様のハイグリップタイヤ「ピレリPゼロ トロフェオR」の採用により、サーキットでは上級モデルである「675LT」を上回るコーナリングスピードを実現しているという。

生産期間は2018年10月からの約1年間のみ。価格は2999万9000円。

(webCG)

「マクラーレン600LT」のより詳しい写真はこちら

関連キーワード:
600LT, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.9.25 試乗記 圧倒的な動力性能を持つスーパーカーでありながら、快適性や利便性も徹底追求したという「マクラーレンGT」。南仏コート・ダジュールでそのステアリングを握った筆者は、新機軸というべき走りに驚かされたのだった。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
  • マクラーレン720S(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.2 試乗記 マクラーレンロードカーの中核をなすスーパーシリーズ、その最新作である「720S」にイタリアで試乗。新しいシャシーと4リッターまで拡大されたV8ターボエンジンがもたらす走りは、ピュアなスポーツドライビングの歓びに満ちていた。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.10.28 試乗記 40年以上の歴史を積み重ねてきたフェラーリのV8モデルにオマージュをささげる新型車「F8トリブート」。その走りは、驚くほどの速さと乗りやすさを両立させた“チャレンジの集大成”というべきものだった。
ホームへ戻る