マクラーレンが高性能モデル「600LT」を国内初公開

2018.07.30 自動車ニュース
「マクラーレン600LT」とマクラーレン・オートモーティブのアレックス・ロング コマーシャルオペレーションズダイレクター(右)、マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社代表の正本嘉宏氏(左)。
「マクラーレン600LT」とマクラーレン・オートモーティブのアレックス・ロング コマーシャルオペレーションズダイレクター(右)、マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社代表の正本嘉宏氏(左)。拡大

マクラーレン・オートモーティブは2018年7月30日、東京・渋谷で「600LT」を日本初公開した。

 
マクラーレンが高性能モデル「600LT」を国内初公開の画像拡大
 
マクラーレンが高性能モデル「600LT」を国内初公開の画像拡大
 
マクラーレンが高性能モデル「600LT」を国内初公開の画像拡大
 
マクラーレンが高性能モデル「600LT」を国内初公開の画像拡大
 
マクラーレンが高性能モデル「600LT」を国内初公開の画像拡大

600LTは、マクラーレンのラインナップの中でも「540C」や「570S」「570GT」などが属する「スポーツシリーズ」のニューモデルであり、大幅な軽量化や空力性能の向上、エンジンの高出力化などを通して、動力性能を突き詰めたモデルとなっている。

具体的には、カーボンファイバー製のボディーパネルやシート、軽量設計のホイール、サスペンションコンポーネントなどを用いることで、車両重量を「570Sクーペ」より約100kg軽い1247kgに軽減。空力関連ではフロントスプリッターやサイドシル、大型のリアディフューザー、固定式リアウイングなどの採用により、250km/h走行時のダウンフォースを他のスポーツシリーズ比で100kg増加させている。

また3.8リッターV8ツインターボについては、最高出力を600psに、最大トルクを620Nmに向上。0-100km/h加速は2.9秒、0-200km/h加速は8.2秒、最高速は328km/hという動力性能を実現している。

ブレーキも強化されており、100km/hの速度からなら31m、200km/hからでも117mの距離で完全停止が可能。これらの改良に加え、専用チューニングのサスペンションや特別仕様のハイグリップタイヤ「ピレリPゼロ トロフェオR」の採用により、サーキットでは上級モデルである「675LT」を上回るコーナリングスピードを実現しているという。

生産期間は2018年10月からの約1年間のみ。価格は2999万9000円。

(webCG)

「マクラーレン600LT」のより詳しい写真はこちら

関連キーワード:
600LT, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン765LT 2020.11.5 画像・写真 マクラーレンが「765LT」を日本で公開。「720S」をベースとした高性能バージョンで、4リッターV8ターボエンジンは最高出力765PS、最大トルク800N・mを発生。0-100km/h加速は2.8秒という動力性能を誇る。新たなスーパースポーツモデルの姿を、写真で紹介する。
  • マクラーレン・スピードテール 2020.9.14 画像・写真 マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社が「マクラーレン・スピードテール」を日本で初披露した。マクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を誇るハイパーカーの詳細を写真で紹介する。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
  • ランボルギーニの「THE LOUNGE TOKYO」オープニングイベントの会場から 2020.10.29 画像・写真 ランボルギーニが2020年10月29日、東京・六本木にブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」をオープン。そのオープニングイベントの様子と、同日に初披露された「アヴェンタドールS“dressed”by Yohji Yamamoto」の姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る