マクラーレン、英国で新型車「600LT」を世界初公開

2018.07.12 自動車ニュース
「マクラーレン600LT」
「マクラーレン600LT」拡大

英マクラーレンは2018年7月12日(現地時間)、英国で開催されている自動車イベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、新型車「600LT」を世界初公開した。

 
マクラーレン、英国で新型車「600LT」を世界初公開の画像拡大
 
マクラーレン、英国で新型車「600LT」を世界初公開の画像拡大
 
マクラーレン、英国で新型車「600LT」を世界初公開の画像拡大
 
マクラーレン、英国で新型車「600LT」を世界初公開の画像拡大
 
マクラーレン、英国で新型車「600LT」を世界初公開の画像拡大

専用の空力ボディーを備えた「LT」シリーズの第2弾

マクラーレン600LTは、最高出力600ps、最大トルク620Nmを発生する3.8リッターV8エンジンを搭載した、ミドシップの高性能スポーツモデルである。

プロダクトとしては「540C」や「570S」「570GT」などと同じ「スポーツシリーズ」に属するが、エンジンフードから上向きにマフラーを突き出したトップエグジットタイプのエキゾーストシステムや、2種類の新しい超軽量アロイホイールのデザインなど、「570Sクーペ」と比べて約4分の1の部品が刷新されているという。

特にエアロダイナミクスについては、フロントスプリッターやサイドシル、大型のディフューザー、固定式リアイウングなどを装着した新しいカーボンファイバー製ボディーの採用により、250km/h走行時のダウンフォースを他のスポーツシリーズのクーペより100kg増大。足まわりにも、スーパーシリーズで導入した鍛造アルミニウム製ダブルウイッシュボーン式サスペンションや、より強固なアンチロールバーなどを採用しており、最低地上高を8mm低めている。

さらに、タイヤには専用設計の「ピレリPゼロ トロフェオR」を装着。0-100km/h加速は上級モデル「675LT」に匹敵する2.9秒、0-200km/h加速は8.2秒、最高速は328km/hという動力性能を実現するとともに、サーキットでは675LTを上回るコーナリングスピードもかなえているという。

一方、ブレーキには、軽量キャリパーやカーボンセラミック製ディスク、「マクラーレン・セナ」譲りのブレーキブースターからなるシステムを搭載しており、車速200km/hの状態から117mの距離で停止できる制動力を実現している。

生産期間は2018年10月からの12カ月で、限られた台数のみがオーナーに届けられるという。

(webCG)
 

関連キーワード:
600LT, マクラーレン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン・スピードテール 2020.9.14 画像・写真 マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社が「マクラーレン・スピードテール」を日本で初披露した。マクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を誇るハイパーカーの詳細を写真で紹介する。
  • 第189回:あ~、モテてぇなぁ 2020.9.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第189回は、「トヨタGRヤリス」の登場をきっかけに「モテないカー」と「モテそうカー」を考えてみた。クルマ好きのハートをわしづかみにするクルマに限って女子ウケが悪いという。そのこころは?
  • マクラーレンが最高速度403km/hのハイパーカー「スピードテール」を日本初披露 2020.9.14 自動車ニュース マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社は2020年9月14日、東京・西麻布においてハイパーカー「マクラーレン・スピードテール」を初披露した。同モデルはマクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を実現するというスーパーカーである。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
ホームへ戻る