マクラーレン、英国で新型車「600LT」を世界初公開

2018.07.12 自動車ニュース
「マクラーレン600LT」
「マクラーレン600LT」拡大

英マクラーレンは2018年7月12日(現地時間)、英国で開催されている自動車イベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、新型車「600LT」を世界初公開した。

 
マクラーレン、英国で新型車「600LT」を世界初公開の画像拡大
 
マクラーレン、英国で新型車「600LT」を世界初公開の画像拡大
 
マクラーレン、英国で新型車「600LT」を世界初公開の画像拡大
 
マクラーレン、英国で新型車「600LT」を世界初公開の画像拡大
 
マクラーレン、英国で新型車「600LT」を世界初公開の画像拡大

専用の空力ボディーを備えた「LT」シリーズの第2弾

マクラーレン600LTは、最高出力600ps、最大トルク620Nmを発生する3.8リッターV8エンジンを搭載した、ミドシップの高性能スポーツモデルである。

プロダクトとしては「540C」や「570S」「570GT」などと同じ「スポーツシリーズ」に属するが、エンジンフードから上向きにマフラーを突き出したトップエグジットタイプのエキゾーストシステムや、2種類の新しい超軽量アロイホイールのデザインなど、「570Sクーペ」と比べて約4分の1の部品が刷新されているという。

特にエアロダイナミクスについては、フロントスプリッターやサイドシル、大型のディフューザー、固定式リアイウングなどを装着した新しいカーボンファイバー製ボディーの採用により、250km/h走行時のダウンフォースを他のスポーツシリーズのクーペより100kg増大。足まわりにも、スーパーシリーズで導入した鍛造アルミニウム製ダブルウイッシュボーン式サスペンションや、より強固なアンチロールバーなどを採用しており、最低地上高を8mm低めている。

さらに、タイヤには専用設計の「ピレリPゼロ トロフェオR」を装着。0-100km/h加速は上級モデル「675LT」に匹敵する2.9秒、0-200km/h加速は8.2秒、最高速は328km/hという動力性能を実現するとともに、サーキットでは675LTを上回るコーナリングスピードもかなえているという。

一方、ブレーキには、軽量キャリパーやカーボンセラミック製ディスク、「マクラーレン・セナ」譲りのブレーキブースターからなるシステムを搭載しており、車速200km/hの状態から117mの距離で停止できる制動力を実現している。

生産期間は2018年10月からの12カ月で、限られた台数のみがオーナーに届けられるという。

(webCG)
 

関連キーワード:
600LT, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン・セナ 2018.2.13 画像・写真 英マクラーレンはジュネーブショー2018で“アルティメットシリーズ”の最新作「セナ」を発表する。800psの4リッターV8ツインターボエンジン搭載。500台の限定車で、車両価格は67万5000ポンド(約1億0100万円)。その姿を画像で紹介する。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.20 試乗記 大幅改良を受けた「ポルシェ・パナメーラ」のラインナップの中から、最高出力630PSの4リッターV8ターボエンジンを搭載した「ターボS」に試乗。ニュルブルクリンク北コースで“エグゼクティブカー”の最速タイムを記録したという、その実力の一端に触れた。
ホームへ戻る