ダイハツ、4ドアセダンの「アルティス」を一部改良

2018.08.01 自動車ニュース

ダイハツ工業は2018年8月1日、ハイブリッドセダン「アルティス」に一部改良を実施し、同日販売を開始した。

アルティスは、ダイハツがトヨタからOEM供給を受けて販売している4ドアセダンであり、「トヨタ・カムリ」の姉妹モデルにあたる。

今回の改良では、低速走行時の不意の衝突事故を防ぐため、前後方向の障害物を感知して自動でブレーキをかける「インテリジェントクリアランスソナー」を標準装備としたほか、新たに「LEDサイドターンランプ付きオート電動格納式リモコンカラードドアミラー(メッキ加飾、運転席側ワイドビューヒーター付き)」を採用した。

ボディーカラーについても、新たに「エモーショナルレッドII」を設定している。

ラインナップは「G」グレードのみ。価格は353万1600円。

(webCG)

「ダイハツ・アルティスG」
「ダイハツ・アルティスG」拡大

関連キーワード:
アルティス, ダイハツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る