「ボルボXC90」に充実装備の特別仕様車「ノルディックエディション」登場

2018.08.07 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2018年8月7日、大型SUV「XC90」に特別仕様車「T5 AWDノルディックエディション」を設定すると共に、カタログモデルの仕様の一部を変更し、販売を開始した。

充実した装備と3種類のカラーバリエーションが特徴

T5 AWDノルディックエディションは、XC90に設定される初の特別仕様車であり、エントリーグレードの「T5 AWDモメンタム」をベースに人気オプションのパノラマガラスサンルーフや、通常はモメンタムには設定されていない「harman/kardonプレミアムサウンド・オーディオシステム」およびヘッドアップディスプレイなどが採用されている。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • チルトアップ機構付き電動パノラマガラスサンルーフ
  • harman/kardonプレミアムサウンド・オーディオシステム(600W、14スピーカー、サブウーファー付き)
  • ヘッドアップディスプレイ
  • ダークフレームバーチ・ウッドパネル
  • リア2列目シートヒーター
  • 専用20インチアルミホイール(5ダブルスポーク9.0J×20ダイヤモンドカット/テックマットブラック、275/45R20)

カラーバリエーションは以下の3種類。

ボディーカラー:クリスタルホワイトパール
シートカラー:マルーンブラウン
インテリアカラー:チャコール/チャコール

ボディーカラー:ブライトシルバーメタリック
シートカラー:ブロンド
インテリアカラー:チャコール/ブロンド

ボディーカラー:オニキスブラックメタリック
シートカラー:アンバー
インテリアカラー:チャコール/チャコール

販売台数は各色50台の計150台。価格は839万円。

上級グレードで一部のオプションを標準装備化

一方、カタログモデルについては、上級グレード「T5 AWDインスクリプション」「T6 AWDインスクリプション」「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」において、「テイラード・ダッシュボード&インナードアパネル・トップ」および「harman/kardon プレミアムサウンド・オーディオシステム」を標準装備化。同時に、上記3モデルの価格を改定した。

新たな価格は以下の通り。

  • T5 AWDインスクリプション:789万円
  • T6 AWDインスクリプション:954万円
  • T8 Twin Engine AWDインスクリプション:1084万円

(webCG)

「ボルボXC90 T5 AWDノルディックエディション」
「ボルボXC90 T5 AWDノルディックエディション」拡大

関連キーワード:
XC90, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ XC90 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC60 B6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)/V60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.23 試乗記 ボルボの中核を担う「60シリーズ」に、新エンジンを搭載した「XC60 B6 AWD R-DESIGN」と、「V60」初の「R-DESIGN」モデルとなる「V60 B5 R-DESIGN」が登場。ともに48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載した両モデルは、どのような走りを見せるのか?
  • ボルボXC60 B5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.10.3 試乗記 「ボルボXC60」の2リッターガソリンターボ車が、マイルドハイブリッドシステムを搭載した「B5」に進化。電動アシスト機構を得たボルボのアッパーミドルクラスSUVは、プレミアムなのにつつましいという、得難いキャラクターのモデルに仕上がっていた。
  • アウディA4アバント35 TFSIアドバンスト(FF/7AT)【試乗記】 2020.10.26 試乗記 フルモデルチェンジと見まがうほどに大幅な改良が行われた、最新の「アウディA4」が上陸。同シリーズの代表モデルともいえるステーションワゴン「アバント」に試乗し、新型パワーユニットや熟成されたシャシーの出来栄えを確かめた。
  • 「ボルボV60」に48Vマイルドハイブリッドパワートレインの「B4」「B5」登場 2020.10.21 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2020年10月21日、ステーションワゴン「V60」の一部仕様変更モデルの導入を発表し、販売を開始した。パワートレインの設定を見直しており、純ガソリンモデルに代えて48Vマイルドハイブリッド車を導入。全車が電動パワートレイン搭載モデルとなっている。
  • 第191回:マンゾクマンゾク、マンゾク倶楽部 2020.10.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第191回は、「ルノー・メガーヌR.S.トロフィー」で夜の首都高に出撃! 前回の「ポルシェ911 GT3 RS」では降り出した雨のせいで“男のマンゾク”を存分に味わうことなく終わったが、今夜は違う。
ホームへ戻る