「ボルボXC90」に充実装備の特別仕様車「ノルディックエディション」登場

2018.08.07 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2018年8月7日、大型SUV「XC90」に特別仕様車「T5 AWDノルディックエディション」を設定すると共に、カタログモデルの仕様の一部を変更し、販売を開始した。

充実した装備と3種類のカラーバリエーションが特徴

T5 AWDノルディックエディションは、XC90に設定される初の特別仕様車であり、エントリーグレードの「T5 AWDモメンタム」をベースに人気オプションのパノラマガラスサンルーフや、通常はモメンタムには設定されていない「harman/kardonプレミアムサウンド・オーディオシステム」およびヘッドアップディスプレイなどが採用されている。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • チルトアップ機構付き電動パノラマガラスサンルーフ
  • harman/kardonプレミアムサウンド・オーディオシステム(600W、14スピーカー、サブウーファー付き)
  • ヘッドアップディスプレイ
  • ダークフレームバーチ・ウッドパネル
  • リア2列目シートヒーター
  • 専用20インチアルミホイール(5ダブルスポーク9.0J×20ダイヤモンドカット/テックマットブラック、275/45R20)

カラーバリエーションは以下の3種類。

ボディーカラー:クリスタルホワイトパール
シートカラー:マルーンブラウン
インテリアカラー:チャコール/チャコール

ボディーカラー:ブライトシルバーメタリック
シートカラー:ブロンド
インテリアカラー:チャコール/ブロンド

ボディーカラー:オニキスブラックメタリック
シートカラー:アンバー
インテリアカラー:チャコール/チャコール

販売台数は各色50台の計150台。価格は839万円。

上級グレードで一部のオプションを標準装備化

一方、カタログモデルについては、上級グレード「T5 AWDインスクリプション」「T6 AWDインスクリプション」「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」において、「テイラード・ダッシュボード&インナードアパネル・トップ」および「harman/kardon プレミアムサウンド・オーディオシステム」を標準装備化。同時に、上記3モデルの価格を改定した。

新たな価格は以下の通り。

  • T5 AWDインスクリプション:789万円
  • T6 AWDインスクリプション:954万円
  • T8 Twin Engine AWDインスクリプション:1084万円

(webCG)

「ボルボXC90 T5 AWDノルディックエディション」
「ボルボXC90 T5 AWDノルディックエディション」拡大

関連キーワード:
XC90, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ XC90 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • マツダCX-30(FF/6MT)/CX-30(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.7.17 試乗記 「CX-3」と「CX-5」の間に割って入る、マツダの新型クロスオーバー「CX-30」。国内での発売に先駆けてドイツ・フランクフルトで試乗した筆者は、激戦のSUV市場でも輝ける完成度の高さを感じたのだった。
  • ボルボXC40 T4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.3 試乗記 好評を博しているボルボのコンパクトSUV「XC40」。豊富なラインナップの中から、今回はベーシックな190ps仕様の上級グレード「T4 AWDインスクリプション」に試乗。東京-愛知を往復するロングドライブを通して、その出来栄えを体感した。
  • ボルボXC40 T4 AWDモメンタム(4WD/8AT)【試乗記】 2018.10.21 試乗記 あっさり完売してしまった「ボルボXC40」の導入記念モデル「T5 AWD R-DESIGNファーストエディション」に続き、カタログモデルの「T4 AWDモメンタム」に試乗することができた。装備“マシマシ”の記念モデルに対して、こちらはいわば“素”のモデル。その仕上がりやいかに?
  • プジョー508SWアリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.30 試乗記 「プジョー508」のステーションワゴン版「SW」に試乗。新型ではプジョー車から一時失われつつあったフランス車らしい美点が復活! さらに、かつては望むべくもなかったフランス車らしからぬ(?)先進性までもが備わっていたのだった。
ホームへ戻る