ブラックが決め手の「ジープ・コンパス ナイトイーグル」限定発売

2018.08.10 自動車ニュース
「ジープ・コンパス ナイトイーグル」。写真のボディーカラーは「グレーマグネシオメタリックP/C」。
「ジープ・コンパス ナイトイーグル」。写真のボディーカラーは「グレーマグネシオメタリックP/C」。拡大

FCAジャパンは2018年8月9日、コンパクトSUV「ジープ・コンパス」の限定車「Night Eagle(ナイトイーグル)」を発表した。同年8月25日に200台限定で発売する。

「Night Eagle専用シート」
「Night Eagle専用シート」拡大
「コンパス ナイトイーグル」のコックピット周辺部。
「コンパス ナイトイーグル」のコックピット周辺部。拡大
「Night Eagleバッジ」
「Night Eagleバッジ」拡大
「コンパス ナイトイーグル」(ボディーカラーは「エグゾティカレッドC/C」)
「コンパス ナイトイーグル」(ボディーカラーは「エグゾティカレッドC/C」)拡大
「コンパス ナイトイーグル」(ボディーカラーは「ヴォーカルホワイトP/C」)
「コンパス ナイトイーグル」(ボディーカラーは「ヴォーカルホワイトP/C」)拡大
「コンパス ナイトイーグル」(ボディーカラーは「ブリリアントブラッククリスタルP/C」)
「コンパス ナイトイーグル」(ボディーカラーは「ブリリアントブラッククリスタルP/C」)拡大

今回のコンパス ナイトイーグルは、ブラックルーフを備えるFF車の中間グレード「ロンジチュード」をベースに、精悍(せいかん)な印象を与えるブラックのアクセントカラーを内外装に採用し、上級グレード「リミテッド」と同一の安全装備を搭載したモデル。

エクステリアには、ブラックフロントグリルやブラックウィンドウモールディング、18インチブラックアルミホイールなどを装着。ボディーカラーには、コンパスシリーズでは新色となる「グレーマグネシオメタリック」を含む全4色が設定されている。

インテリアについては、ピアノブラックインテリアアクセントやナイトイーグル専用シート、運転席4ウェイパワーランバーサポートが備わる。

安全機能としては、上級グレードに装備している前面衝突警報や、ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション、LaneSense車線逸脱警報プラスなどを採用している。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • ブラックフロントグリル(ブラックアクセント付き)
  • グロスブラックフォグランプベゼル
  • ブラックウインドウモールディング
  • Night Eagleバッジ
  • グロスブラックJeepバッジ/グロスブラックCompassバッジ
  • 18インチブラックアルミホイール+225/55R18 3シーズンタイヤ
  • ピアノブラックインテリアアクセント
  • Night Eagle専用シート/運転席4ウェイパワーランバーサポート
  • 雨量感知機能ワイパー/オートハイビームヘッドライト
  • パドルランプ付きドアミラー/自動防げん式ルームミラー
  • アダプティブクルーズコントロール(STOP&GO機能付き)
  • LaneSense車線逸脱警報プラス
  • 前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付き)
  • ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション
  • ParkSenseフロントパークアシスト/縦列・並列パークアシスト
  • Parkviewリアバックアップカメラ

ボディーカラーは、「ヴォーカルホワイトP/C」「エグゾティカレッドC/C」「ブリリアントブラッククリスタルP/C」「グレーマグネシオメタリックP/C」(内装はすべてブラック)で、それぞれ50台ずつ用意される。

価格は373万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
コンパス, ジープ, 自動車ニュース

ジープ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.27 試乗記 およそ70年の歴史を持つ、本格クロスカントリーモデル「ジープ・ラングラー」。雪道を行く最強グレード「ルビコン」の走りは、ほかのクルマでは得がたい機能性を感じさせるものだった。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2019.4.29 試乗記 燃料電池車、電気自動車、プラグインハイブリッド車の3つのパワートレインを同一プラットフォームに採用する、「3 in 1コンセプト」の下で誕生した「ホンダ・クラリティPHEV」。欧州を筆頭にパワートレインの電化が積極的に推し進められていく中、あらためて試乗してその存在意義を再考してみた。
  • 「ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ」の受注開始 2019.3.1 自動車ニュース FCAジャパンは2019年3月1日、新型「ジープ・ラングラー」に、新たに「アンリミテッド サハラ」を設定し、同日に受注を開始した。4代目ラングラーは、4つのバリエーションから選べるようになった。
ホームへ戻る