「三菱アウトランダーPHEV」、大幅改良でEVらしさ向上

2018.08.23 自動車ニュース

三菱自動車は2018年8月23日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」を大幅改良し、販売を開始した。

今回は、エンジンの排気量を拡大するなどしてプラグインハイブリッドシステムを改良し、より“EVらしさ”を強調したほか、車両運動統合制御システム「S-AWC」や走行性能の改善を図っている。

主要構成部品の約9割を改良したというプラグインハイブリッドシステムについては、駆動用バッテリーの容量を従来の12.0kWhから13.8kWhへと拡大するとともに最高出力を10%強化。さらに、リアモーターの出力を約12%、ジェネレーターの出力を約10%強化することで、EV走行時の最大航続距離が従来の60.8km(一部グレードは60.2km)から65.0kmへと伸長した。また、エンジンの排気量を従来の2リッターから2.4リッターへと拡大し、カムプロフィールの変更とバルブタイミング制御により高膨張比サイクル(アトキンソンサイクル)化。低回転域での発電効率を高めた。このほか、発電時のエンジン回転数の低減や発電量の適正化、エアクリーナーやメインマフラーの改良などにより、エンジンからの発生音を低減させている。

車両運動統合制御システムのS-AWCについては、走行モードに、従来の「NORMAL」「LOCK」に加えて新たに、氷雪路など滑りやすい路面での安定性とコントロール性を高めた「SNOW」と、乾燥舗装路でスポーツドライビングを楽しめるようアクセルレスポンスと旋回性を高めた「SPORT」を追加した。

走行性能の向上については、従来「Sエディション」のみに行っていた構造用接着剤によるボディー剛性の強化を全車に拡大。ラゲッジルームの開口部やリアホイールハウスのボディーパネル接合部に接着剤を塗布することで、パネル同士の接合面積を増やしている(Sエディションは塗布範囲を拡大)。また、前後のショックアブソーバーを大径化するとともに、新型バルブの採用により、乗り心地と操縦安定性の向上も図っている(Sエディションは従来のビルシュタイン製ダンパーを採用)。このほか、ステアリングギア比のクイック化と、それに合わせた電動パワーステアリング制御の最適化も行った。

エクステリアでは、ヘッドライト内部のデザインを変更するとともに、ハイビームにLEDを採用。ラジエーターグリルやLEDフォグランプベゼル、フロントスキッドプレート、リアスキッドプレート、アルミホイールのデザインも変更したほか、リアスポイラーも装備した。

インテリアでは、オーナメントパネルやハザードスイッチパネルのデザインを変更。モーターとエンジンの出力状況が分かるよう、パワーメーターの表示も変更した。さらに、フロントシートのサイド形状を変更するとともに、サポート部に硬さの異なるクッションを組み合わせることで、ホールド性を高めた。上級グレード(Sエディションおよび「Gプレミアムパッケージ」)については、ダイヤキルティングの本革(フロント/リアシートおよびドアトリム)やレーザーエッチングを施したオーナメントパネルを採用するなどして上級感を高めたインテリアとしている。

快適性の向上も図っており、後席用のエアコン吹き出し口を新たに採用したほか、運転席からすべての窓をワンタッチでオート開閉できる機能を追加。パワーウィンドウには挟まれ防止機能も加えた。また、駆動用バッテリーの充電中でもエアコンの使用が可能になっている。

先進安全装備については、衝突被害軽減ブレーキシステムと誤発進抑制機能(前進および後退時)を標準装備としている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • Gリミテッドエディション:393万9840円
  • G:418万2840円
  • Gプラスパッケージ:447万9840円
  • Gプレミアムパッケージ:479万3040円
  • Sエディション:509万0040円

(webCG)

「三菱アウトランダーPHEV Sエディション」
「三菱アウトランダーPHEV Sエディション」拡大

関連キーワード:
アウトランダーPHEV, 三菱, 自動車ニュース

三菱 アウトランダーPHEV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る