【F1 2018 速報】第13戦ベルギーGP、ベッテル5勝目

2018.08.27 自動車ニュース

F1世界選手権第13戦ベルギーGPの決勝が、2018年8月26日、ベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキット(7.004km)を44周して行われた。

夏休み明けの初戦を制したのはセバスチャン・ベッテル。第10戦ドイツGP、第11戦ハンガリーGPと、2戦連続で勝てるレースを落としていたフェラーリのエースが息を吹き返し、今季5勝目、スパで3勝目、通算52勝目を飾った。

2位はメルセデスのルイス・ハミルトン。雨で混乱した予選でポールポジションを獲得するも、オープニングラップのストレートで宿敵ベッテルに抜かれると、赤いマシンの後塵(こうじん)を拝するレースに終始した。

3位に入ったのは、レッドブル・タグ・ホイヤーのマックス・フェルスタッペン。7番グリッドからスタートで5位、10周目には3位までポジションアップ。その後優勝争いには絡めなかったものの、隣の母国オランダからやってきた大勢の応援団の前で、ベルギーGP初の表彰台にのぼることができた。

パワーユニットの交換ペナルティーで17番グリッドからスタートしたメルセデスのバルテリ・ボッタスは、ポディウム手前の4位でフィニッシュ。7月末に破産したフォースインディアは、名を「レーシングポイント・フォースインディア・メルセデス」と改め心機一転でベルギーGPに臨み、セルジオ・ペレス5位、エステバン・オコン6位とダブル入賞を果たした。ロメ・グロジャン7位、ケビン・マグヌッセン8位とハース・フェラーリもタンデムでゴール。トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは9位でチェッカードフラッグを受け、2戦連続、今季4度目のポイント獲得に成功。ザウバー・フェラーリのマーカス・エリクソンが10位でゴールし、最後の1点を手にした。

以下、11位カルロス・サインツJr.(ルノー)、12位セルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ・メルセデス)、13位ランス・ストロール(ウィリアムズ)、14位ブレンドン・ハートレー(トロロッソ)、15位ストフェル・バンドールン(マクラーレン・ルノー)が完走した。

ドライバーズチャンピオンシップは、1位ハミルトン231点、2位ベッテル214点と、レース前に今季最大の24点あった両者の開きは17点に縮まった。ランキング3位はこのレースでリタイアしたキミ・ライコネンで146点、4位ボッタスは144点と僅差で迫っている。5位には、今回無得点のダニエル・リカルドを抜いて、120点のフェルスタッペンが上がった。

コンストラクターズチャンピオンシップは、1位メルセデス375点、2位フェラーリ360点、3位レッドブル238点、4位ルノー82点、5位ハース76点と続く。

(文=bg)

 
【F1 2018 速報】第13戦ベルギーGP、ベッテル5勝目の画像拡大

関連キーワード:
F1 2018, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事