「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」に直4・FRの新グレード登場

2018.09.04 自動車ニュース

BMWジャパンは2018年8月30日、「6シリーズ グランツーリスモ」に新グレード「630i」を追加し、販売を開始した。

6シリーズ グランツーリスモは、全長×全幅×全高=5105×1900×1540mmという堂々としたボディーサイズとファストバックスタイルが特徴の、5ドアハッチバックモデルである。これまでは6気筒エンジンの4WD車のみが設定されていた。

今回追加された630iは、最高出力258ps、最大トルク400Nmを発生する2リッター直4ターボエンジンを搭載したモデルで、駆動方式はFRのみ。上質さを重視した「ラグジュアリー」とスポーティーな「Mスポーツ」の、2つの仕様がラインナップされる。

また、今回は新グレードの追加と同時に仕様変更も行われ、ヘッドアップディスプレイが全車標準装備となった。

価格は以下の通り。

  • 630iグランツーリスモ ラグジュアリー:868万円
  • 630iグランツーリスモ Mスポーツ:898万円
  • 640i xDriveグランツーリスモ Mスポーツ:1116万円

(webCG)

「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」
「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」拡大

関連キーワード:
6シリーズ グランツーリスモ, BMW, 自動車ニュース

BMW 6シリーズ グランツーリスモ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 623dグランツーリスモMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.1.7 試乗記 「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」に追加設定されたディーゼルモデル「623dグランツーリスモMスポーツ」に試乗。定番のセダンでも人気のステーションワゴンでもない独自路線を行くクロスオーバーというポジションには、いったいどんな魅力があるのか。
  • BMW 640i xDriveグランツーリスモMスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.7.31 試乗記 「BMW 6シリーズ」に、リアに巨大なハッチを備えた「グランツーリスモ」が仲間入り。まずは特徴的なスタイリングに目を奪われがちだが、その価値は見た目のみにあらず! リポーターを驚かせた、現行BMW車のラインナップで一番ともいえるポイントとは!?
  • メルセデス・ベンツE300カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2021.1.15 試乗記 メルセデス・ベンツが綿々と歴史を紡ぐ4シーターオープンモデル「Eクラス カブリオレ」がマイナーチェンジ。アップデートされた運転支援システムやユーザーインターフェイスの出来栄えを確かめながら、開放感あふれる走りを味わった。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • メルセデス・ベンツE200ステーションワゴン スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.12.28 試乗記 フルモデルチェンジ並みの改良が施された「メルセデス・ベンツE200ステーションワゴン スポーツ」に試乗。最新デジタル技術によって進化したインフォテインメントや日本初となるARカーナビの実用性に加え、48Vマイルドハイブリッドの走りをチェックした。
ホームへ戻る