「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」に直4・FRの新グレード登場

2018.09.04 自動車ニュース

BMWジャパンは2018年8月30日、「6シリーズ グランツーリスモ」に新グレード「630i」を追加し、販売を開始した。

6シリーズ グランツーリスモは、全長×全幅×全高=5105×1900×1540mmという堂々としたボディーサイズとファストバックスタイルが特徴の、5ドアハッチバックモデルである。これまでは6気筒エンジンの4WD車のみが設定されていた。

今回追加された630iは、最高出力258ps、最大トルク400Nmを発生する2リッター直4ターボエンジンを搭載したモデルで、駆動方式はFRのみ。上質さを重視した「ラグジュアリー」とスポーティーな「Mスポーツ」の、2つの仕様がラインナップされる。

また、今回は新グレードの追加と同時に仕様変更も行われ、ヘッドアップディスプレイが全車標準装備となった。

価格は以下の通り。

  • 630iグランツーリスモ ラグジュアリー:868万円
  • 630iグランツーリスモ Mスポーツ:898万円
  • 640i xDriveグランツーリスモ Mスポーツ:1116万円

(webCG)

「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」
「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」拡大

関連キーワード:
6シリーズ グランツーリスモ, BMW, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 640i xDriveグランツーリスモMスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.11.8 試乗記 「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」に試乗。5mを優に超えるビッグサイズのボディーにハッチゲートを備えた、BMWのモデルラインナップにおいて“変化球”ともいえるポジションのクルマに、果たして「駆けぬける歓び」はあるのだろうか。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
  • ポルシェ・パナメーラGTS/パナメーラGTSスポーツツーリスモ【海外試乗記】 2018.11.21 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ/パナメーラ スポーツツーリスモ」に追加された高性能グレード「GTS」に、中東・バーレーンで試乗。パナメーラシリーズの最新モデルは、同系統の4リッターV8ツインターボを搭載する「ターボ」とは一味違う“走り”をしていた。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.4 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、同社史上最強のSUVが「レンジローバー スポーツSVR」である。従来モデルを出力で25ps上回る、過給機付き5リッターV8エンジンの実力を確認する。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.5 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」に、ディーゼルのストレート6を搭載する「S400d」が登場。快音を発するトルキーなエンジンと絶妙の足まわりが実現するその走りは、古典的なクルマ好きをもうならせる味わいに満ちていた。
ホームへ戻る