「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」に直4・FRの新グレード登場

2018.09.04 自動車ニュース

BMWジャパンは2018年8月30日、「6シリーズ グランツーリスモ」に新グレード「630i」を追加し、販売を開始した。

6シリーズ グランツーリスモは、全長×全幅×全高=5105×1900×1540mmという堂々としたボディーサイズとファストバックスタイルが特徴の、5ドアハッチバックモデルである。これまでは6気筒エンジンの4WD車のみが設定されていた。

今回追加された630iは、最高出力258ps、最大トルク400Nmを発生する2リッター直4ターボエンジンを搭載したモデルで、駆動方式はFRのみ。上質さを重視した「ラグジュアリー」とスポーティーな「Mスポーツ」の、2つの仕様がラインナップされる。

また、今回は新グレードの追加と同時に仕様変更も行われ、ヘッドアップディスプレイが全車標準装備となった。

価格は以下の通り。

  • 630iグランツーリスモ ラグジュアリー:868万円
  • 630iグランツーリスモ Mスポーツ:898万円
  • 640i xDriveグランツーリスモ Mスポーツ:1116万円

(webCG)

「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」
「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」拡大

関連キーワード:
6シリーズ グランツーリスモ, BMW, 自動車ニュース

BMW 6シリーズ グランツーリスモ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 623dグランツーリスモMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.1.7 試乗記 「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」に追加設定されたディーゼルモデル「623dグランツーリスモMスポーツ」に試乗。定番のセダンでも人気のステーションワゴンでもない独自路線を行くクロスオーバーというポジションには、いったいどんな魅力があるのか。
  • BMW 640i xDriveグランツーリスモMスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.7.31 試乗記 「BMW 6シリーズ」に、リアに巨大なハッチを備えた「グランツーリスモ」が仲間入り。まずは特徴的なスタイリングに目を奪われがちだが、その価値は見た目のみにあらず! リポーターを驚かせた、現行BMW車のラインナップで一番ともいえるポイントとは!?
  • BMWが「6シリーズ グランツーリスモ」のマイナーチェンジモデルを発表 2020.5.29 自動車ニュース 独BMWは2020年5月27日(現地時間)、「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」のマイナーチェンジモデルを発表した。フロントグリルを大型化し細目のヘッドランプを採用するなど、最新のBMW車に共通するデザインコンセプトを用いている。
  • ヤマハ・テネレ700(MR/6MT)【レビュー】 2020.9.9 試乗記 ヤマハから700ccクラスの新型アドベンチャー「テネレ700」が登場。今や定番の可変デバイスを用いず、エンジンとシャシーをひとつの方向性で煮詰めたビッグオフローダーは、高い悪路走破性能を誇るだけでなく、バイクを操るよろこびに満ちたマシンとなっていた。
  • BMW 320d xDriveツーリングMスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.24 試乗記 新型「BMW 3シリーズ ツーリング」の日本導入7モデルのうち、まずは最高出力190PSの2リッター直4ディーゼルと4WDの組み合わせとなる「320d xDriveツーリングMスポーツ」に試乗。拡大された荷室の使い勝手や、走りの進化を確かめた。
ホームへ戻る