【F1 2018 速報】第15戦シンガポールGP、ハミルトン7勝目

2018.09.16 自動車ニュース

F1世界選手権第15戦シンガポールGP決勝が、2018年9月16日、シンガポールのマリーナベイ・ストリートサーキット(5.065km)を61周して行われた。

タイトでツイスティー、壁と光に囲まれた“元祖ナイトレース”を制したのは、メルセデスのルイス・ハミルトン。2017年のポールタイムを3秒以上縮める圧巻のスーパーラップで予選を席巻、レースでも盤石の走りで真っ先にチェッカードフラッグを受けた。イタリアGPから2連勝、今シーズン7勝目、通算69勝目を飾った。

2位はレッドブル・タグ・ホイヤーのマックス・フェルスタッペン。2番グリッドからオープニングラップでセバスチャン・ベッテルに抜かれたが、ピットストップのタイミングで逆転。週末を通じてルノーのパワーユニットの不調に見舞われるも、無事にゴールまでそのポジションをキープすることができた。

3位はフェラーリのベッテル。予選でハミルトンから0.6秒遅れの3位、レースではスタートで2位にポジションアップできたものの、ピットストップで3位に後退。最後はトップから40秒近く差をつけられてのフィニッシュとなり、またもやメルセデス勢に完敗を喫した。

レース終盤に繰り広げられた、メルセデスのバルテリ・ボッタスとフェラーリのキミ・ライコネンによる4位争いは、ボッタスに軍配が上がった。レッドブルのダニエル・リカルドは6位でゴール。ここまでは予選順位と同じオーダーだった。

3強に次ぐベスト・オブ・ザ・レスト、7位の座を勝ち取ったのは、11番グリッドからスタートし第1スティントを長く走ったマクラーレン・ルノーのフェルナンド・アロンソ。以下は周回遅れとなり、ルノーのカルロス・サインツJr.が8位、ザウバー・フェラーリのシャルル・ルクレール9位、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグ10位が入賞した。

以下、11位マーカス・エリクソン(ザウバー)、12位ストフェル・バンドールン(マクラーレン)、13位ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)、14位ランス・ストロール(ウィリアムズ・メルセデス)、15位ロメ・グロジャン(ハース・フェラーリ)、16位セルジオ・ペレス(レーシングポイント・フォースインディア・メルセデス)、17位ブレンドン・ハートレー(トロロッソ)、18位ケビン・マグヌッセン(ハース)、19位セルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ)が完走した。

ドライバーズチャンピオンシップ首位のハミルトンは281点、ランキング2位ベッテルは241点。残り6戦、両者のポイントギャップは30点から40点に拡大した。3位はライコネンで174点だが、4位ボッタスがその3点差に迫っている。5位はフェルスタッペンで148点だ。

コンストラクターズランキングは、1位メルセデス452点、2位フェラーリ415点、3位レッドブル274点、4位ルノー91点、5位ハース76点という順位となる。

(文=bg)

 
【F1 2018 速報】第15戦シンガポールGP、ハミルトン7勝目の画像拡大

関連キーワード:
F1 2018, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事