KONDO RACINGが「GT-R」でニュル24時間に参戦

2018.10.01 自動車ニュース
2019年のニュルブルクリンク24時間レースに参戦するKONDO RACINGの近藤真彦監督と、参戦マシン「日産GT-R NISMO GT3」。
2019年のニュルブルクリンク24時間レースに参戦するKONDO RACINGの近藤真彦監督と、参戦マシン「日産GT-R NISMO GT3」。拡大

日産自動車と、KONDO RACINGを運営するエムケイカンパニーは2018年10月1日、ニュルブルクリンク24時間レースをはじめとする、2019年からの新たなモータースポーツ参戦計画を発表した。

ニュルへの参戦に際しては、ミハエル・クルム氏(写真右)がチームアドバイザーを務める。過去の出走経験が多いだけに、「これからの大変さはよくわかる」とのこと。


	ニュルへの参戦に際しては、ミハエル・クルム氏(写真右)がチームアドバイザーを務める。過去の出走経験が多いだけに、「これからの大変さはよくわかる」とのこと。
	拡大
会場には、3人の日本人ドライバーも姿を見せた(写真左から、藤井誠暢、松田次生、高星明誠の各選手)。松田選手はニュルを「怖いコース」と評しながらも、「結果が残せるようがんばりたい」とコメントした。
会場には、3人の日本人ドライバーも姿を見せた(写真左から、藤井誠暢、松田次生、高星明誠の各選手)。松田選手はニュルを「怖いコース」と評しながらも、「結果が残せるようがんばりたい」とコメントした。拡大
鮮やかな赤をまとう参戦マシン「日産GT-R NISMO GT3」。近藤真彦監督はカラーリングについて、「ドライバーに気に入ってもらえたようでよかった。夜間も走行する24時間レースでは、目立つ色にするのも非常に大事なんです」と紹介した。
鮮やかな赤をまとう参戦マシン「日産GT-R NISMO GT3」。近藤真彦監督はカラーリングについて、「ドライバーに気に入ってもらえたようでよかった。夜間も走行する24時間レースでは、目立つ色にするのも非常に大事なんです」と紹介した。拡大

夢のようなチャンス

近藤真彦氏が代表を務めるKONDO RACINGは、日産グループの整備専門学校である日産・自動車大学校と合同で、2019年シーズンから国内最高峰レース、SUPER GTのGT300クラスに参戦する。

両組織はこれまでも、スーパー耐久をはじめとするレース活動に取り組み、のべ1万人の学生をメカニックのサポートやレース運営、応援などに参加させてきた経緯がある。発表会には日産自動車の星野朝子 専務執行役員も姿を見せ、「今回レースのカテゴリーをスーパー耐久からSUPER GTへと格上げすることで、自動車に関わる人材のさらなる育成に取り組んでいきたい」などとコメントした。

KONDO RACINGのより大きなトピックは、過酷なことで知られるニュルブルクリンク24時間レースへの参戦だ。2019年6月に開催される次大会だけでなく、少なくとも2021年までの3シーズンにわたってチャレンジを続ける予定だという。

参戦マシンは、GT3マシン「日産GT-R NISMO GT3」の2018年モデル。国内レースの第一線で活躍する松田次生、高星明誠、藤井誠暢の日本人ドライバー3人に加えて、オランダ出身のトム・コロネル選手がステアリングを握る。さらに、ニュルでの経験が豊富なドイツ人レーシングドライバー、ミハエル・クルム氏もチームアドバイザーとして参加する。

監督としてチームを率いる近藤氏は、今回のチャレンジを“夢のようなチャンス”と説明。「1年ほど前から参戦の構想を練っていたが、(日産やNISMO、ヨコハマタイヤなどのバックアップがあって)ようやく実現することになった。レースでは、日本代表としてドイツの強豪に立ち向かうことになるが、速いだけでなく、カッコいい走りを見せたいと思っている」などと、力強く抱負を述べた。

(webCG)
 

関連キーワード:
モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事