「三菱パジェロ」、人気のオプションを標準装備

2018.10.11 自動車ニュース

三菱自動車は2018年10月11日、大型SUV「パジェロ」を一部改良し、販売を開始した。

今回の改良では、機能装備の拡充を図った。

エントリーグレード「GR」に、本革巻きステアリングホイールと本革巻きATセレクトレバー、本革巻きトランスファーレバー&パーキングレバーを標準装備としたほか、従来はオプション扱いだった以下のアイテムを標準装備とした。

  • プロジェクター式ディスチャージヘッドライト(ロービーム光軸自動調整機構付き)
  • ヘッドライトウオッシャー
  • オートライトコントロール
  • 電動格納式リモコンドアミラー(ヒーター/ウインカー/アプローチランプ付き)
  • LEDポジションランプ&フロントハロゲンフォグランプ(ベゼル一体型)

このほか、「スーパーエクシード」と「エクシード」の両グレードには、ルーフレールと電動ロングサンルーフをパッケージオプションとして設定した。

価格は339万1200円から495万1800円まで。

(webCG)

「三菱パジェロGR」
「三菱パジェロGR」拡大

関連キーワード:
パジェロ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 パジェロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • 第1回:認定中古車のレンジローバー イヴォークを試す 2019.4.26 ランドローバーに認定中古車という選択肢<PR> 英国が誇るSUVの老舗、ランドローバーのモデルを手に入れるのなら、認定中古車という選択肢は大いにアリ。ラグジュアリーコンパクトSUVの先駆けである「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の試乗を通し、リポーターがそう結論づけた理由とは?
  • 37年の歴史に幕 「三菱パジェロ ファイナルエディション」限定発売 2019.4.24 自動車ニュース 三菱自動車は2019年4月24日、「パジェロ」に特別仕様車「ファイナルエディション」を設定し、700台の台数限定で販売を開始した。3.2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載した「エクシード」をベースに、人気オプションを標準装備としている。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+/AMG GT53 4MATIC+【試乗記】 2019.4.20 試乗記 メルセデスAMGが独自に開発した“4ドアのスポーツカー”「AMG GT 4ドアクーペ」。デザインから走行性能、快適性にまでこだわりぬいたという欲張りな高性能モデルに、サーキットで試乗した。
  • 運動性能を高めた最新の「レクサスRC F」が国内デビュー 2019.5.13 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年5月13日、レクサスの2ドアスポーツクーペ「RC F」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日、販売を開始した。新たなフラッグシップモデルとしてレーシングマシンのノウハウを注ぎ込んだ“パフォーマンスパッケージ”を新設定している。
ホームへ戻る