「三菱パジェロ」、人気のオプションを標準装備

2018.10.11 自動車ニュース

三菱自動車は2018年10月11日、大型SUV「パジェロ」を一部改良し、販売を開始した。

今回の改良では、機能装備の拡充を図った。

エントリーグレード「GR」に、本革巻きステアリングホイールと本革巻きATセレクトレバー、本革巻きトランスファーレバー&パーキングレバーを標準装備としたほか、従来はオプション扱いだった以下のアイテムを標準装備とした。

  • プロジェクター式ディスチャージヘッドライト(ロービーム光軸自動調整機構付き)
  • ヘッドライトウオッシャー
  • オートライトコントロール
  • 電動格納式リモコンドアミラー(ヒーター/ウインカー/アプローチランプ付き)
  • LEDポジションランプ&フロントハロゲンフォグランプ(ベゼル一体型)

このほか、「スーパーエクシード」と「エクシード」の両グレードには、ルーフレールと電動ロングサンルーフをパッケージオプションとして設定した。

価格は339万1200円から495万1800円まで。

(webCG)

「三菱パジェロGR」
「三菱パジェロGR」拡大

関連キーワード:
パジェロ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 パジェロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロ ファイナルエディション(4WD/5AT)【試乗記】 2019.7.26 試乗記 かつてスキー場の駐車スペースを埋め尽くすほどの人気を誇った「三菱パジェロ」が、日本を去ろうとしている。初代モデルから37年の歴史を持つ同車の“進化の最終形”をうたう特別仕様車「ファイナルエディション」に試乗し、別れのあいさつを交わした。
  • 三菱が最新型「パジェロスポーツ」を初公開 グローバルモデルとして約90カ国での販売を計画 2019.7.25 自動車ニュース 三菱自動車は2019年7月25日、ミッドサイズSUV「パジェロスポーツ」の最新型をタイで世界初公開し、同国での販売を開始した。タイのラムチャバン工場で生産し、フィリピンやオーストラリアなど約90カ国での販売を計画しているという。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • ボルボV40クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.9 試乗記 長年にわたってボルボの販売面での主役を務めてきた「ボルボV40/V40クロスカントリー(CC)」が、2019年内に生産終了を迎える。最後の試乗の出発地は栃木・宇都宮。東京を目指す道のりで、V40CCとじっくり向き合ってみた。
  • プジョー508SWアリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.30 試乗記 「プジョー508」のステーションワゴン版「SW」に試乗。新型ではプジョー車から一時失われつつあったフランス車らしい美点が復活! さらに、かつては望むべくもなかったフランス車らしからぬ(?)先進性までもが備わっていたのだった。
ホームへ戻る