「三菱パジェロ」、人気のオプションを標準装備

2018.10.11 自動車ニュース

三菱自動車は2018年10月11日、大型SUV「パジェロ」を一部改良し、販売を開始した。

今回の改良では、機能装備の拡充を図った。

エントリーグレード「GR」に、本革巻きステアリングホイールと本革巻きATセレクトレバー、本革巻きトランスファーレバー&パーキングレバーを標準装備としたほか、従来はオプション扱いだった以下のアイテムを標準装備とした。

  • プロジェクター式ディスチャージヘッドライト(ロービーム光軸自動調整機構付き)
  • ヘッドライトウオッシャー
  • オートライトコントロール
  • 電動格納式リモコンドアミラー(ヒーター/ウインカー/アプローチランプ付き)
  • LEDポジションランプ&フロントハロゲンフォグランプ(ベゼル一体型)

このほか、「スーパーエクシード」と「エクシード」の両グレードには、ルーフレールと電動ロングサンルーフをパッケージオプションとして設定した。

価格は339万1200円から495万1800円まで。

(webCG)

「三菱パジェロGR」
「三菱パジェロGR」拡大

関連キーワード:
パジェロ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 パジェロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロ ファイナルエディション(4WD/5AT)【試乗記】 2019.7.26 試乗記 かつてスキー場の駐車スペースを埋め尽くすほどの人気を誇った「三菱パジェロ」が、日本を去ろうとしている。初代モデルから37年の歴史を持つ同車の“進化の最終形”をうたう特別仕様車「ファイナルエディション」に試乗し、別れのあいさつを交わした。
  • 37年の歴史に幕 「三菱パジェロ ファイナルエディション」限定発売 2019.4.24 自動車ニュース 三菱自動車は2019年4月24日、「パジェロ」に特別仕様車「ファイナルエディション」を設定し、700台の台数限定で販売を開始した。3.2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載した「エクシード」をベースに、人気オプションを標準装備としている。
  • スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.22 試乗記 「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2021.2.19 試乗記 いろいろあった日産だが、新型「ノート」の出来栄えをみると完全復活が近いようだ。第2世代へと移行した電動パワートレイン「e-POWER」やマップデータとの連携機能を備えた運転支援システム「プロパイロット」の仕上がり具合を報告する。
ホームへ戻る