「三菱パジェロ」、人気のオプションを標準装備

2018.10.11 自動車ニュース

三菱自動車は2018年10月11日、大型SUV「パジェロ」を一部改良し、販売を開始した。

今回の改良では、機能装備の拡充を図った。

エントリーグレード「GR」に、本革巻きステアリングホイールと本革巻きATセレクトレバー、本革巻きトランスファーレバー&パーキングレバーを標準装備としたほか、従来はオプション扱いだった以下のアイテムを標準装備とした。

  • プロジェクター式ディスチャージヘッドライト(ロービーム光軸自動調整機構付き)
  • ヘッドライトウオッシャー
  • オートライトコントロール
  • 電動格納式リモコンドアミラー(ヒーター/ウインカー/アプローチランプ付き)
  • LEDポジションランプ&フロントハロゲンフォグランプ(ベゼル一体型)

このほか、「スーパーエクシード」と「エクシード」の両グレードには、ルーフレールと電動ロングサンルーフをパッケージオプションとして設定した。

価格は339万1200円から495万1800円まで。

(webCG)

「三菱パジェロGR」
「三菱パジェロGR」拡大

関連キーワード:
パジェロ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 パジェロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロ ファイナルエディション(4WD/5AT)【試乗記】 2019.7.26 試乗記 かつてスキー場の駐車スペースを埋め尽くすほどの人気を誇った「三菱パジェロ」が、日本を去ろうとしている。初代モデルから37年の歴史を持つ同車の“進化の最終形”をうたう特別仕様車「ファイナルエディション」に試乗し、別れのあいさつを交わした。
  • 第104回:世界を制覇した“普通のクルマ”
    トヨタを支える「カローラ」の開発思想
    2021.7.7 自動車ヒストリー 日本の大衆車から世界のベストセラーへと成長を遂げた「トヨタ・カローラ」。ライバルとの販売争いを制し、累計販売台数4000万台という記録を打ち立てたその強さの秘密とは? トヨタの飛躍を支え続けた、“小さな巨人”の歴史を振り返る。
  • 第211回:究極のオッサン殺し 2021.7.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。ここ2年で劇変したアウディが気になる。エリート感あふれる「A6」もいいが、サイズ的にはやはり「A3」に興味が湧く。ならば、と試乗した高性能モデル「S3セダン」の走りにノックアウトされた!
  • トヨタGR 86プロトタイプ/スバルBRZプロトタイプ【試乗記】 2021.7.17 試乗記 日本の2メーカーの共同開発により生まれた「トヨタ86」と「スバルBRZ」。初代誕生から9年の時を経て世に出る2代目は、どんなスポーツカーに仕上がっているのか? サーキットで試乗した印象と進化のポイントをリポートする。
  • ルノー・カングー リミテッド ディーゼルMT(FF/6MT)【試乗記】 2021.7.19 試乗記 長く愛されてきた2代目「ルノー・カングー」の最終ロットがいよいよ日本上陸。しかもその中身は、最後にして最初となるディーゼルエンジン搭載モデルである。そしてこの希少な初物では、カングーの美点がガソリンモデル以上に味わえるのだからたまらない。
ホームへ戻る