「三菱パジェロ」、人気のオプションを標準装備

2018.10.11 自動車ニュース

三菱自動車は2018年10月11日、大型SUV「パジェロ」を一部改良し、販売を開始した。

今回の改良では、機能装備の拡充を図った。

エントリーグレード「GR」に、本革巻きステアリングホイールと本革巻きATセレクトレバー、本革巻きトランスファーレバー&パーキングレバーを標準装備としたほか、従来はオプション扱いだった以下のアイテムを標準装備とした。

  • プロジェクター式ディスチャージヘッドライト(ロービーム光軸自動調整機構付き)
  • ヘッドライトウオッシャー
  • オートライトコントロール
  • 電動格納式リモコンドアミラー(ヒーター/ウインカー/アプローチランプ付き)
  • LEDポジションランプ&フロントハロゲンフォグランプ(ベゼル一体型)

このほか、「スーパーエクシード」と「エクシード」の両グレードには、ルーフレールと電動ロングサンルーフをパッケージオプションとして設定した。

価格は339万1200円から495万1800円まで。

(webCG)

「三菱パジェロGR」
「三菱パジェロGR」拡大

関連キーワード:
パジェロ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 パジェロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る