【F1 2018 速報】第18戦アメリカGPでライコネン優勝、ハミルトンはタイトル獲得ならず

2018.10.22 自動車ニュース

F1世界選手権第18戦アメリカGPの決勝が、2018年10月21日、アメリカはテキサス州オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(5.516km)を56周して行われた。

残り4戦で大量67点リードを築いたメルセデスのルイス・ハミルトンが、自身5回目のチャンピオンになるか――2018年シーズンのタイトル決定戦は、ポールシッターのハミルトンがスタートでトップを奪われ、2ストップ作戦という奇策で奪還を狙ったものの結果3位。フェラーリのセバスチャン・ベッテルが4位に終わったことで、ハミルトンの戴冠は次戦メキシコGP以降におあずけとなった。

優勝をさらったのは、フェラーリのキミ・ライコネン。39歳になったばかりの現役最年長ドライバーは2番グリッドからスタートし、オープニングラップで順位を上げ首位に。レース終盤でトップに返り咲くと、若武者マックス・フェルスタッペンの猛追もしっかりと抑え、2013年開幕戦オーストラリアGPとなる5年ぶりの勝利を飾った。フィンランド人ドライバーとしては最多の、通算21勝となる。

2位でゴールしたレッドブル・タグ・ホイヤーのフェルスタッペンは、予選でサスペンションを壊し、ギアボックスも交換したことで18番グリッドと後方からの出走。スタートで9位にジャンプアップを果たし、その後は表彰台圏内まで駒を進め、ライコネンの真後ろまで迫る活躍を見せた。

3位に終わったハミルトンは、タイトル獲得条件をクリアできなかったものの、ベッテルとのポイント差を70点にまで広げることができた。

ベッテルは、予選でハミルトンに肉薄する2番手タイムをたたき出したが、フリー走行中の赤旗での減速が不十分だったことで3グリッド降格ペナルティーを受け5番グリッド。レースではダニエル・リカルドと接触、スピンしポイント圏外に落ちたが、その後の挽回で4位フィニッシュと、上下動の激しい週末を終えた。

メルセデスのバルテリ・ボッタスは終盤にベッテルに抜かれ5位。ルノーはニコ・ヒュルケンベルグ6位、カルロス・サインツJr.7位と「ベスト・オブ・ザ・レスト」で1-2を決め、コンストラクターズランキング4位の足固め。そのルノーを追うランキング5位のハースは、ケビン・マグヌッセンが9位入賞となるも、ロメ・グロジャンが早々にリタイアを喫したことで母国GPダブル入賞ならず。エステバン・オコン8位、セルジオ・ペレス10位と、レーシングポイント・フォースインディア・メルセデスの2台がポイントを稼いだ。

以下、11位ブレンドン・ハートレー(トロロッソ・ホンダ)、12位マーカス・エリクソン(ザウバー・フェラーリ)、13位ストフェル・バンドールン(マクラーレン・ルノー)、14位ピエール・ガスリー(トロロッソ)、15位セルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ・メルセデス)、16位ランス・ストロール(ウィリアムズ)が完走した。

タイトルに王手をかけたハミルトンは346点、ランキング2位ベッテルは276点を獲得。久々の勝利に喜ぶライコネンが221点で3位に上がり、217点のボッタスは4位に落ちた。5位フェルスタッペンは191点を集めている。

コンストラクターズチャンピオンシップは、1位メルセデス563点、2位フェラーリ497点、3位レッドブル337点、4位ルノー106点、5位ハース86点という上位の顔ぶれとなる。

【追加更新】
レース後、8位でゴールしたオコンのマシンに燃料供給量の違反が発覚したことで、オコンは失格となった。また、9位のマグヌッセンも燃料系のレギュレーション違反により失格。これより後方でゴールしたマシンは2つ順位が繰り上がり、8位ペレス、9位ハートレー、10位エリクソンが入賞となった。さらにハースの今季獲得ポイントは84点となった。

(文=bg)

 
【F1 2018 速報】第18戦アメリカGPでライコネン優勝、ハミルトンはタイトル獲得ならずの画像拡大

関連キーワード:
F1 2018, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事