“砂漠色”の「ジープ・コンパス」が100台限定で登場

2019.02.26 自動車ニュース
ジープ・コンパス モハベサンドエディション
ジープ・コンパス モハベサンドエディション拡大

FCAジャパンは2019年2月26日、コンパクトSUV「ジープ・コンパス」に特別仕様車「Mojave Sand Edition(モハベサンドエディション)」を設定し、同年3月9日に販売を開始すると発表した。販売台数は限定100台となっている。

ベージュとブラックのツートンカラーを採用しているインテリアカラー。エクステリアカラーに合わせコーディネートされている。
ベージュとブラックのツートンカラーを採用しているインテリアカラー。エクステリアカラーに合わせコーディネートされている。拡大
2019年1月に仕様変更が施された「コンパス ロンジチュード」がベースとなる「モハベサンドエディション」。衝突被害軽減ブレーキ付きの前面衝突警報や車線逸脱警報、アダプティブクルーズコントロールなどの運転支援システムが標準装備されている。
2019年1月に仕様変更が施された「コンパス ロンジチュード」がベースとなる「モハベサンドエディション」。衝突被害軽減ブレーキ付きの前面衝突警報や車線逸脱警報、アダプティブクルーズコントロールなどの運転支援システムが標準装備されている。拡大

今回のコンパス モハベサンドエディションは、2019年1月に仕様変更され安全装備の充実が図られた「ロンジチュード」グレードをベースとし、ボディーカラーにコンパスとしては初となるベージュ系の「モハベサンドクリアコート」を採用。ブラックのルーフが組み合わされている。このボディーカラーの名前は、アメリカ南西部のカリフォルニア州、ユタ州、ネバダ州、アリゾナ州をまたぐ広大なモハベ砂漠に由来。「サンドカラーをモチーフとし、未踏の地を切りひらくジープの冒険心を表現した」という。

インテリアもエクステリアと同様に、ベージュとブラックのツートンカラーでコーディネートされている。

価格はベースモデルと同じ369万円。

(webCG)

関連キーワード:
コンパス, ジープ, 自動車ニュース

ジープ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る