【ジュネーブショー2019】ベントレーの最速SUV「ベンテイガ スピード」登場

2019.03.01 自動車ニュース
ベントレー・ベンテイガ スピード
ベントレー・ベンテイガ スピード拡大

英ベントレーは2019年2月27日(現地時間)、第89回ジュネーブモーターショー(開催期間:2019年3月5日~17日)に、最高出力635psの「ベンテイガ スピード」やレーシングモデルに発想を得た特別限定車、ベントレー100周年記念モデルなどを出展すると発表した。

0-100km/h加速3.9秒、最高速度306km/hという実力を誇る「ベントレー・ベンテイガ スピード」。
0-100km/h加速3.9秒、最高速度306km/hという実力を誇る「ベントレー・ベンテイガ スピード」。拡大
「ベントレー・ベンテイガ スピード」が搭載するW12エンジンは、最高出力を608psから635psに向上させている。
「ベントレー・ベンテイガ スピード」が搭載するW12エンジンは、最高出力を608psから635psに向上させている。拡大
ベントレー・ミュルザンヌW.O.エディションbyマリナー(手前)、ベントレー8リットル(奥)
ベントレー・ミュルザンヌW.O.エディションbyマリナー(手前)、ベントレー8リットル(奥)拡大

今回のジュネーブモーターショーにおけるベントレーブースでは、ブランド誕生100周年を祝う特別なディスプレイが施される。

この演出の中で世界初公開となるのは、ベンテイガに追加設定されるベンテイガ スピードとベントレーのレーシングモデルに発想を得た特別限定車。さらに2018年のペブルビーチコンクールデレガンスで発表された100周年記念モデル「ミュルザンヌW.O.エディションbyマリナー」や2019年1月31日に日本デビューイベントを行った新型オープンモデル「コンチネンタルGTコンバーチブル」が、欧州モーターショー初公開モデルとしてベントレーブースに登場する予定となっている。

ラグジュアリーSUVベンテイガ スピードは、最高出力を608psから635psにアップさせた6リッターW12エンジンを搭載。0-100km/h加速3.9秒、最高速度306km/hという実力を持つ。ベントレーはベンテイガ スピードを“世界最速の量産SUV”であると紹介している。

同社の創始者であるW.O.ベントレーの愛車「8リットル」(1930年)に搭載されていたクランクシャフトを100のセクションに切り出し、その貴重なピースを後部座席の間に埋め込んだのが、100周年記念モデルのミュルザンヌW.O.エディションbyマリナーだ。製造は、同社のビスポーク部門マリナーが担当し、贅(ぜい)を尽くしたさまざまな特別仕様も施される。販売は世界限定100台となる。

(webCG)

関連キーワード:
ベンテイガ, ミュルザンヌ, コンチネンタルGTコンバーチブル, ベントレー, モーターショー, ジュネーブモーターショー2019, 自動車ニュース

ベントレー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ スピード(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.6.20 試乗記 2015年のデビュー以来、超高級SUVとして存在感を示してきた「ベントレー・ベンテイガ」。その高性能版となるニューモデル「ベンテイガ スピード」が得たものとは? 母国イギリスのサーキットでチェックしてみた。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • マツダCX-30(FF/6MT)/CX-30(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.7.17 試乗記 「CX-3」と「CX-5」の間に割って入る、マツダの新型クロスオーバー「CX-30」。国内での発売に先駆けてドイツ・フランクフルトで試乗した筆者は、激戦のSUV市場でも輝ける完成度の高さを感じたのだった。
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【海外試乗記】 2019.6.4 試乗記 今後日本国内にも導入される、メルセデスのピュアEV「EQC」。ひと足早く海外でステアリングを握ってみると、EVとしての先進性よりむしろ、“極上のメルセデス”ともいうべき乗り味に驚かされることになった。
  • 大規模マイナーチェンジで復権なるか!?
    「日産スカイライン」の苦悩、そして前途
    2019.7.17 デイリーコラム 2019年7月16日に発表された「日産スカイライン」のマイナーチェンジモデル。手放し運転が可能な運転支援システム「プロパイロット2.0」や新たなパワーユニットを搭載するなど、その改良内容は意欲的だが、長きにわたる販売面での低迷を反転させることはできるのだろうか。
ホームへ戻る