【ジュネーブショー2019】ベントレーの最速SUV「ベンテイガ スピード」登場

2019.03.01 自動車ニュース
ベントレー・ベンテイガ スピード
ベントレー・ベンテイガ スピード拡大

英ベントレーは2019年2月27日(現地時間)、第89回ジュネーブモーターショー(開催期間:2019年3月5日~17日)に、最高出力635psの「ベンテイガ スピード」やレーシングモデルに発想を得た特別限定車、ベントレー100周年記念モデルなどを出展すると発表した。

0-100km/h加速3.9秒、最高速度306km/hという実力を誇る「ベントレー・ベンテイガ スピード」。
0-100km/h加速3.9秒、最高速度306km/hという実力を誇る「ベントレー・ベンテイガ スピード」。拡大
「ベントレー・ベンテイガ スピード」が搭載するW12エンジンは、最高出力を608psから635psに向上させている。
「ベントレー・ベンテイガ スピード」が搭載するW12エンジンは、最高出力を608psから635psに向上させている。拡大
ベントレー・ミュルザンヌW.O.エディションbyマリナー(手前)、ベントレー8リットル(奥)
ベントレー・ミュルザンヌW.O.エディションbyマリナー(手前)、ベントレー8リットル(奥)拡大

今回のジュネーブモーターショーにおけるベントレーブースでは、ブランド誕生100周年を祝う特別なディスプレイが施される。

この演出の中で世界初公開となるのは、ベンテイガに追加設定されるベンテイガ スピードとベントレーのレーシングモデルに発想を得た特別限定車。さらに2018年のペブルビーチコンクールデレガンスで発表された100周年記念モデル「ミュルザンヌW.O.エディションbyマリナー」や2019年1月31日に日本デビューイベントを行った新型オープンモデル「コンチネンタルGTコンバーチブル」が、欧州モーターショー初公開モデルとしてベントレーブースに登場する予定となっている。

ラグジュアリーSUVベンテイガ スピードは、最高出力を608psから635psにアップさせた6リッターW12エンジンを搭載。0-100km/h加速3.9秒、最高速度306km/hという実力を持つ。ベントレーはベンテイガ スピードを“世界最速の量産SUV”であると紹介している。

同社の創始者であるW.O.ベントレーの愛車「8リットル」(1930年)に搭載されていたクランクシャフトを100のセクションに切り出し、その貴重なピースを後部座席の間に埋め込んだのが、100周年記念モデルのミュルザンヌW.O.エディションbyマリナーだ。製造は、同社のビスポーク部門マリナーが担当し、贅(ぜい)を尽くしたさまざまな特別仕様も施される。販売は世界限定100台となる。

(webCG)

関連キーワード:
ベンテイガ, ミュルザンヌ, コンチネンタルGTコンバーチブル, ベントレー, モーターショー, ジュネーブモーターショー2019, 自動車ニュース

ベントレー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.2 試乗記 ランボやロールス、アストンなど、ラグジュアリーブランドのSUVが続々とデビューを果たした後も、「ベンテイガ」は孤高の存在であり続けられるのか? 大阪・京都へのちょっとぜいたくな旅を通して感じたのは、少し意外な“スゴさ”だった。
  • ポルシェが新型「911ターボS」を発表 最高出力650PSを誇る「911」のハイエンドモデル 2020.3.4 自動車ニュース ポルシェが新型「911ターボS」を発表。最高出力650PS、最大トルク800N・mを発生する3.8リッター水平対向6気筒エンジンを搭載しており、4WDシステムの改良や空力性能の改善とも相まって、0-100km/h加速2.7秒、最高速330km/hという動力性能を実現している。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2020.3.7 試乗記 マイナーチェンジされた「ポルシェ・マカン」の最新高性能版「GTS」にポルトガルで試乗。スポーツエキゾーストシステムが組み込まれ、最高出力380PSを発生する新世代のV6ツインターボユニットや、進化した足まわりの実力を日本上陸前に確かめた。
  • 最高出力は625PS! BMWのハイパフォーマンスSUV「X5 M/X6 M」登場 2020.3.19 自動車ニュース BMWジャパンは2020年3月12日、ハイパフォーマンスSUV「X5 M」「X6 M」の導入を発表し、同日、受注を開始した。両モデルとも最高出力625PS、最大トルク750N・mを発生する4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載している。
  • ヤマハがオフロードバイク「テネレ700 ABS」を発表 軽量化を追求したニューモデル 2020.3.11 自動車ニュース ヤマハがオフロードタイプの新型二輪モデル「テネレ700 ABS」を発表。軽さにこだわったスリムなボディーに688ccの2気筒エンジンを搭載。自由度の高いライディングポジションとも相まって、高い悪路走破性とオンロードでの快適性を両立しているという。
ホームへ戻る