【ジュネーブショー2019】ベントレーの最速SUV「ベンテイガ スピード」登場

2019.03.01 自動車ニュース
ベントレー・ベンテイガ スピード
ベントレー・ベンテイガ スピード拡大

英ベントレーは2019年2月27日(現地時間)、第89回ジュネーブモーターショー(開催期間:2019年3月5日~17日)に、最高出力635psの「ベンテイガ スピード」やレーシングモデルに発想を得た特別限定車、ベントレー100周年記念モデルなどを出展すると発表した。

0-100km/h加速3.9秒、最高速度306km/hという実力を誇る「ベントレー・ベンテイガ スピード」。
0-100km/h加速3.9秒、最高速度306km/hという実力を誇る「ベントレー・ベンテイガ スピード」。拡大
「ベントレー・ベンテイガ スピード」が搭載するW12エンジンは、最高出力を608psから635psに向上させている。
「ベントレー・ベンテイガ スピード」が搭載するW12エンジンは、最高出力を608psから635psに向上させている。拡大
ベントレー・ミュルザンヌW.O.エディションbyマリナー(手前)、ベントレー8リットル(奥)
ベントレー・ミュルザンヌW.O.エディションbyマリナー(手前)、ベントレー8リットル(奥)拡大

今回のジュネーブモーターショーにおけるベントレーブースでは、ブランド誕生100周年を祝う特別なディスプレイが施される。

この演出の中で世界初公開となるのは、ベンテイガに追加設定されるベンテイガ スピードとベントレーのレーシングモデルに発想を得た特別限定車。さらに2018年のペブルビーチコンクールデレガンスで発表された100周年記念モデル「ミュルザンヌW.O.エディションbyマリナー」や2019年1月31日に日本デビューイベントを行った新型オープンモデル「コンチネンタルGTコンバーチブル」が、欧州モーターショー初公開モデルとしてベントレーブースに登場する予定となっている。

ラグジュアリーSUVベンテイガ スピードは、最高出力を608psから635psにアップさせた6リッターW12エンジンを搭載。0-100km/h加速3.9秒、最高速度306km/hという実力を持つ。ベントレーはベンテイガ スピードを“世界最速の量産SUV”であると紹介している。

同社の創始者であるW.O.ベントレーの愛車「8リットル」(1930年)に搭載されていたクランクシャフトを100のセクションに切り出し、その貴重なピースを後部座席の間に埋め込んだのが、100周年記念モデルのミュルザンヌW.O.エディションbyマリナーだ。製造は、同社のビスポーク部門マリナーが担当し、贅(ぜい)を尽くしたさまざまな特別仕様も施される。販売は世界限定100台となる。

(webCG)

関連キーワード:
ベンテイガ, ミュルザンヌ, コンチネンタルGTコンバーチブル, ベントレー, モーターショー, ジュネーブモーターショー2019, 自動車ニュース

ベントレー ベンテイガ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.25 試乗記 デビューから約5年というタイミングで、マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」。完璧の“さらに上”を目指したという大幅改良は、このラグジュアリーSUVにどのような変化をもたらしたのか? クローズドコースで実力の片りんに触れた。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • メルセデス・ベンツのコンパクトモデルで安全運転支援システムが標準化 2020.9.17 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年9月17日、メルセデス・ベンツのコンパクトモデル「Aクラス」「Aクラス セダン」「Bクラス」「CLA」「CLAシューティングブレーク」について安全運転支援システムを標準化すると発表した。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.11 試乗記 ベントレーの高性能グランドツアラー「コンチネンタルGT」に、V8エンジン搭載車が登場。その走りは、3代続いたこのモデルの成功をあらためて実感させるパフォーマンスに満ちていた。
ホームへ戻る