モト・グッツィからエンデューロバイク「V85 TT」が登場

2019.03.11 自動車ニュース

ピアッジオグループジャパンは2019年3月11日、新型の大型二輪モデル「モト・グッツィV85 TT」の受注を同年3月22日に開始すると発表した。デリバリー開始は同年6月の予定。

新開発の空冷Vツインを搭載したエンデューロモデル

モト・グッツィV85 TTは、新開発のプラットフォームに853ccのV型2気筒エンジンを搭載したエンデューロモデルである。車名の“TT”とはオールテレイン(すべての地形)を意味するイタリア語“Tutto Terreno”の頭文字をとったもので、80年代のエンデューロバイクを思わせるクラシカルなスタイリングを特徴としている。

車両骨格は高張力鋼管製フレームで、アンダークレードルを廃止することで最低地上高を増やしつつ、重量も削減。サスペンションはフロントがインナーチューブ径41mmの倒立フォーク、リアがシャシーと右スイングアームをつなぐシングルショックアブソーバーの組み合わせとなっている。ホイールトラベルは前後ともに約170mmで、エンジンのグラウンドクリアランスは210mm。ホイールはスポークタイプで、フロント:110/80-19、リア:150/70-17サイズのタイヤが装着される。

パワートレインについては、Vツインエンジンを縦置きで搭載し、ドライブシャフトで後輪を駆動するモト・グッツィ伝統の方式を踏襲。エンジンは軽量化や燃費性能の向上にも配慮した新型の空冷4ストロークV型2気筒OHV 2バルブで、80ps/7750rpmの最高出力と80Nmの最大トルクを発生する。

装備も充実しており、クルーズコントロールやTFT液晶のデジタルメーター、ABSやトラクションコントロール、スロットルコントロールなどの制御を切り替えるライディングモードセレクターを搭載。また、ヘルメットのインターコムを使用して音楽の再生や電話の発信/着信を可能にするマルチメディアシステム「MIA」などを採用する。状況に応じて、ABSやトラクションコントロール、スロットルコントロールの制御を切り替えられるライディングモードセレクターには、「Road」「Rain」「Off-road」の3つのモードが用意されている。

カラーリングはスタンダードグラフィックが「アトラスブルー」「アタカマグレー」、プレミアムグラフィックが「サハライエロー」「カラハリレッド」の全4種類。価格はスタンダードグラフィックが139万8600円、プレミアムグラフィックが142万5600円となっている。

(webCG)

モト・グッツィV85 TT
モト・グッツィV85 TT拡大

関連キーワード:
V85 TT, モト・グッツィ, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • モト・グッツィV7 IIIストーン(MR/6MT)【レビュー】 2017.12.9 試乗記 バルン! バルン! とビートを打つエンジンに、シンプルで味わい深いスタイリング。伝統の“空冷Vツイン”を積んだモト・グッツィの最新モデル「V7 IIIストーン」に、わが道を突き進むイタリアンメーカーの心意気を見た。
  • ハスクバーナ・スヴァルトピレン401(MR/6MT)【レビュー】 2019.3.9 試乗記 魅力はデザインだけじゃない。ハスクバーナのユニークなスクランブラー「スヴァルトピレン401」は、スムーズかつ鋭い吹け上がりのシングルエンジンと、ちょっとクセのあるライドフィールにより、「操る楽しさ」を求めるライダーにうってつけの一台となっていた。
  • ハーレーダビッドソン・アイアン1200(MR/5MT)【レビュー】 2019.4.12 試乗記 ハーレーダビッドソンのラインナップにおいて、日本で根強い人気を誇る「スポーツスター」ファミリー。中でも70年代に範を求めたデザインが目を引くのが「アイアン1200」だ。アメリカンとヨーロピアン、双方のバイクの特徴を併せ持つ、その走りをリポートする。
  • トヨタRAV4(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.12 試乗記 ついに“日本復活”を果たしたトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」。2種類のパワートレインに3種類の4WDシステムと、ぜいたくに取りそろえられたメカのラインナップが意味するものとは? アグレッシブな走りの向こうに、トヨタの戦略が透けて見えた。
  • べスパ・スプリント150ノッテ(MR/CVT)【レビュー】 2019.4.9 試乗記 マットブラックでキメた、イタリア生まれのスクーター「べスパ・スプリント150 Notte(ノッテ)」。単なる小排気量のコミューターと思って乗ったならば、その切れ味鋭い走りに驚かされることだろう。
ホームへ戻る