【F1 2019 速報】開幕戦オーストラリアGP、ボッタス優勝、フェルスタッペン3位でホンダ復帰後初表彰台

2019.03.17 自動車ニュース

F1世界選手権第1戦オーストラリアGP決勝が、2019年3月17日、オーストラリアはメルボルンにあるアルバートパーク・サーキット(5.303 km)を58周して行われた。

新しい顔ぶれ、新しいルールなど話題多き新シーズンの開幕戦を制したのは、メルセデスのバルテリ・ボッタス。予選2番手からのスタートでトップ奪取に成功し、その後は落ち着いた走りでゴールまで駆け抜けた。昨シーズン、トップ3チームの中で唯一勝利のなかったボッタスは、2017年最終戦アブダビGP以来となる通算4勝目を飾り、幸先の良いスタートをきった。さらに、60年ぶりに復活したファステストラップへのボーナスポイント1点も加算され、26点のポイントを手にすることができた。

2位はメルセデスのルイス・ハミルトン。オーストラリアで通算8回目のポールポジションを獲得するも、早々にチームメイトに首位の座を奪われ、さらに宿敵フェラーリのピット作戦に付き合わされたかたちで、妥協しての走りを余儀なくされた。

3位はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。4番グリッドからフェラーリのセバスチャン・ベッテルをコース上でオーバーテイクし3位。レース終盤にはハミルトンに僅差で迫ったが抜けずに終わった。ホンダにとっては、2015年の復帰後初、2008年イギリスGP以来となる久々の表彰台となった。

予選3位から4位でゴールしたのはベッテル。プレシーズンテストで絶好調だったフェラーリは、開幕戦でメルセデスに大差をつけられ敗れた。その僚友シャルル・ルクレールは、グリッド順と同じ5位でスクーデリアでの初戦を終えた。

2台そろって予選トップ10内に入ったハース・フェラーリだったが、入賞できたのは6位でフィニッシュしたケビン・マグヌッセンのみ。ロメ・グロジャンはホイールが緩んでコース脇にストップし、リタイアとなった。

ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは11番グリッドから7位入賞。ザウバーから改名したアルファ・ロメオ・フェラーリは、古巣に戻ったキミ・ライコネンが8位に入りポイントを獲得した。フォースインディア改めレーシングポイント・メルセデスのランス・ストロール9位、そしてトロロッソ・ホンダのダニール・クビアトが10位に入った。

以下、11位ピエール・ガスリー(レッドブル)、12位ランド・ノリス(マクラーレン・ルノー)、13位セルジオ・ペレス(レーシングポイント)、14位アレクサンダー・アルボン(トロロッソ)、15位アントニオ・ジョビナッツィ(アルファ・ロメオ)、16位ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ・メルセデス)、17位ロバート・クビサ(ウィリアムズ)が完走した。

優勝25点+ファステストラップ1点=26点のボッタスがランキングトップ。2位ハミルトン18点、3位フェルスタッペン15点、4位ベッテル12点、5位ルクレール10点と、レース順位どおりのランキングオーダーとなる。

コンストラクターズチャンピオンシップでは、1-2フィニッシュを決めたメルセデスが44点、その最大のライバルであるランキング2位フェラーリは半分の22点。3位レッドブル15点、4位ハース8点、5位ルノー6点と続く。

(文=bg)
 

 
【F1 2019 速報】開幕戦オーストラリアGP、ボッタス優勝、フェルスタッペン3位でホンダ復帰後初表彰台の画像拡大

関連キーワード:
F1 2019, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事
  • T.50 NEW

    T.50

    2020.8.6画像・写真
    英国のゴードン・マレー・オートモーティブが新型スーパーカー「T.50」を発表した。最高出力663PSのV12エンジンを全長4352mmのコンパクトなボディーに積み、リアには空力などをコントロールする電動ファンを備えたニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • 第222回:子供だってトラックとワゴンの違いはわかります 『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』 NEW

    第222回:子供だってトラックとワゴンの違いはわかります 『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』

    2020.8.6読んでますカー、観てますカー
    ジークとアールとディックは売れないバンド仲間。練習と称してガレージに集まりバカ騒ぎしていると、あることが原因でディックが死んでしまう。殺人事件として捜査が進む中、自分たちが関わっていることを知られたくないジークとアールはその場しのぎのウソをつき痕跡を消そうとする。
  • BMW X3 M40d/BMWアルピナXD3(前編)【試乗記】 NEW

    BMW X3 M40d/BMWアルピナXD3(前編)【試乗記】

    2020.8.6試乗記
    「BMW X3 M40d」と「BMWアルピナXD3」。3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載する“似た者同士”の高性能SUVに試乗し、それぞれの特徴をリポートする。まずは前編、BMW X3 M40dから。
  • ホンダe(後編)

    ホンダe(後編)

    2020.8.5画像・写真
    ホンダの都市型EVコミューター「ホンダe」は、新開発の後輪駆動EVプラットフォームを採用。またAIを活用したドライバーアシストや携帯端末をキーとして用いるデジタルキーなど、先進機能の搭載もトピックとなっている。話題満載の最新EVの詳細を、写真で紹介する。
  • ホンダe(前編)

    ホンダe(前編)

    2020.8.5画像・写真
    ホンダが新型電気自動車「ホンダe」の日本仕様を公開した。ホンダeは、新開発のEV専用プラットフォームをベースに開発されたコンパクトモデルであり、WLTCモードで282kmの航続距離を実現している。まもなく発売される新型EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】

    トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】

    2020.8.5試乗記
    WRC参戦車のスポーツイメージを浸透させるべく「トヨタ・ヤリス」に設定されたというMTモデル。果たしてその実力は? 1.5リッター直3エンジン+6段MT搭載車をロングドライブに連れ出し、確かめてみた。