BRPから三輪モーターサイクル「カンナム・ライカー」が登場

2019.03.29 自動車ニュース
カンナム・ライカー600
カンナム・ライカー600拡大

BRPジャパンは2019年3月29日、三輪モーターサイクル「Can-Am Ryker(カンナム・ライカー)」を発表。同日販売を開始した。

 
BRPから三輪モーターサイクル「カンナム・ライカー」が登場の画像拡大
 
BRPから三輪モーターサイクル「カンナム・ライカー」が登場の画像拡大
 
BRPから三輪モーターサイクル「カンナム・ライカー」が登場の画像拡大
カンナム・ライカー ラリーエディション
カンナム・ライカー ラリーエディション拡大
発表会では世界的なインラインスケーターの安床武士氏(右)やDJ/シンガーのMADEMOISELLE YULIAさん(中央)らによるトークショーも催された。
発表会では世界的なインラインスケーターの安床武士氏(右)やDJ/シンガーのMADEMOISELLE YULIAさん(中央)らによるトークショーも催された。拡大
「カンナム・ライカー」と、BRP本社およびBRPジャパンの関係者。
「カンナム・ライカー」と、BRP本社およびBRPジャパンの関係者。拡大

三輪バイク「カンナム」シリーズの新たなエントリーモデル

BRPは水上オートバイやスノーモービル、ATVなどを手がけるカナダのメーカーである。同社のカンナムシリーズは、普通自動車免許で乗れる前2輪、後ろ1輪の三輪モーターサイクルで、これまでは1.3リッターエンジンを搭載した「スパイダー」の3モデルのみが販売されていた。

今回、日本に導入されたライカーは、価格を抑えたカンナムシリーズのエントリーモデルである。エンジンは600ccの並列2気筒(47hp/7300rpm、47Nm/6200rpm)と、900ccの並列3気筒(77hp/7100rpm、76Nm/6300rpm)の2種類で、トランスミッションにはともにリバースギア付きのCVTを採用。シートポジションを下げた低重心構造に加え、車両重量を270~285kg(乾燥重量・北米仕様)に抑えることで、軽快な加速と高いコーナリング性能を実現している。

安全性にも配慮しており、スタビリティーコントロールやトラクションコントロール、ABSを標準装備。適切なライディングポジションを提供するため、工具なしでフットペグやハンドルバーの位置を調整可能な「UFitシステム」を採用している。

グレードは600ccの「600」、900ccの「900」「ラリーエディション」の3種類。ラリーエディションはオフロード走行も考慮したモデルとなっており、リアに4段階の減衰力調整機構を備えた専用サスペンションや、ラリータイヤおよび強化ホイール、フロントグリルプロテクションモール、ハンドガード、「ラリー」モード付きのライディングモードセレクターなどが装備されている。

パネルやホイールアクセントなどの装飾パーツや、積載性を高めるケース、サドルバッグなどのアクセサリーも豊富に用意されており、実に7万5000通り以上のカスタマイズが可能となっている。

価格は以下の通り。

  • ライカー600:135万9000円
  • ライカー900:159万9000円
  • ライカー ラリーエディション:176万4000円

(webCG)

関連キーワード:
ライカー, カンナム, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • カンナム・スパイダーRTリミテッド(MR/6AT)【レビュー】 2020.9.2 試乗記 カナダのレクリエーショナルビークルメーカー、BRPが手がける三輪クルーザーが「カンナム・スパイダー」だ。四輪とも二輪とも違うこのモデルには、どのような“走る楽しさ”が宿っているのか? フルモデルチェンジを受けた最新の「スパイダーRT」で確かめた。
  • カンナム・ライカー ラリーエディション(MR/CVT)【レビュー】 2019.6.7 試乗記 BRPの三輪モーターサイクル「Can-Am(カンナム)」に、スポーティーなエントリーモデル「ライカー」シリーズが登場。類例のないデザインが存在感を放つニューモデルは、二輪とも四輪とも一味違う、スポーティーな走りが楽しめるマシンだった。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • ヤマハ・テネレ700(MR/6MT)【レビュー】 2020.9.9 試乗記 ヤマハから700ccクラスの新型アドベンチャー「テネレ700」が登場。今や定番の可変デバイスを用いず、エンジンとシャシーをひとつの方向性で煮詰めたビッグオフローダーは、高い悪路走破性能を誇るだけでなく、バイクを操るよろこびに満ちたマシンとなっていた。
  • ダイハツ・タフトG(FF/CVT)【試乗記】 2020.10.13 試乗記 見るからに個性的な、軽クロスオーバー「ダイハツ・タフト」。しかし、ちまたのSUVブームにのっかっただけのニューモデルと侮るなかれ。とくに趣味の多いユーザーは、このクルマの商品力の高さに驚かされることだろう。
ホームへ戻る