37年の歴史に幕 「三菱パジェロ ファイナルエディション」限定発売

2019.04.24 自動車ニュース

三菱自動車は2019年4月24日、「パジェロ」に特別仕様車「ファイナルエディション」を設定し、700台の台数限定で販売を開始した。

国内販売向けパジェロの生産が、2019年8月をもって終了する。三菱のオフィシャルサイトによれば今回のファイナルエディションは、1982年の初代モデルの発売以来、37年の歴史をもつパジェロの「進化の最終形」だという。

3.2リッター直4ディーゼルターボエンジン(最高出力190ps、最大トルク441Nm)を搭載した「エクシード」をベースに、人気オプションを標準装備としている。

エクステリアにはルーフレールと電動ロングサンルーフを装備。ボディーカラーにはモノトーンの「ウォームホワイトパール」「ブラックマイカ」「スターリングシルバーメタリック」に、3ウェイツートンの「スターリングシルバーメタリック/アイガーグレーメタリック」を加えた全4色展開とした。

インテリアには本革シートとパワーシートを装備することで、質感の向上を図った。

このほか寒冷地仕様とリアデフロック、SRSサイドエアバッグ&カーテンエアバッグを標準装備とした。

また、リアデフレクターとスペアタイヤカバー(メッキ)、マッドフラップ(アルミプレート仕様)といった人気のディーラーオプションを組み合わせ、「ファイナルエディションアクセサリーパッケージ」として設定した。

さらに、成約特典として「FINAL EDITION」のロゴ&シリアルナンバー入りのイルミネーション付きスカッフプレートとシリアルナンバー入りのオリジナルウオッチ、オリジナルステッカーがプレゼントされる。

価格はベース車から24万8400円アップの453万0600円。三菱によれば「37年の感謝を込め」た価格設定だという。

(webCG)

三菱パジェロ ファイナルエディション
三菱パジェロ ファイナルエディション拡大

関連キーワード:
パジェロ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 パジェロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロ ファイナルエディション(4WD/5AT)【試乗記】 2019.7.26 試乗記 かつてスキー場の駐車スペースを埋め尽くすほどの人気を誇った「三菱パジェロ」が、日本を去ろうとしている。初代モデルから37年の歴史を持つ同車の“進化の最終形”をうたう特別仕様車「ファイナルエディション」に試乗し、別れのあいさつを交わした。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • メルセデス・ベンツS500 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】
    2021.5.5 試乗記 メルセデスが新機軸を惜しみなく投入したフラッグシップセダン「S500 4MATICロング」に試乗。48Vマイルドハイブリッドや四駆と後輪操舵の組み合わせ、先進のインフォテインメントシステム、そしてリアルタイム映像を用いた「ARナビ」など、自慢の“最新”を味わった。
  • アウディQ5 40 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.30 試乗記 アウディのミドルクラスSUV「Q5」がマイナーチェンジ。広範にわたる改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? エンジンが刷新されたディーゼルモデル「40 TDIクワトロ」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • アウディA3/S3 2021.4.21 画像・写真 アウディ ジャパンは2021年4月21日、「アウディA3シリーズ」をフルモデルチェンジし、東京・渋谷において実車を初披露した。会場に展示された導入記念の特別仕様車「A3ファーストエディション」と、「A3セダン」「S3スポーツバック」の姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る