【F1 2019 速報】第4戦アゼルバイジャンGP、ボッタス2勝目

2019.04.28 自動車ニュース

F1世界選手権第4戦アゼルバイジャンGPの決勝が、2019年4月28日、アゼルバイジャンのバクー・シティ・サーキット(6.003km)を51周して行われた。

フリー走行まではフェラーリが最速。しかし、ポールシッター最有力候補と目されていたシャルル・ルクレールが予選Q2で痛恨のクラッシュを喫すると潮目がガラリと変わり、メルセデスがフロントローを独占し、レースも席巻することに。バルテリ・ボッタスがポール・トゥ・ウィンを達成し、開幕戦に次ぐ今季2勝目、通算5勝目をあげた。

2位にはルイス・ハミルトンが入り、メルセデスは今季4戦すべてで1-2フィニッシュと絶好のスタートをきった。

3位はフェラーリのセバスチャン・ベッテル。ルクレールの影に隠れがちな週末、予選でつまずいたチームメイトに代わって、最大のライバルであるメルセデスを追いかけたかったがかなわず。2戦連続の3位で、チャンピオンシップでも1つ順位を上げて3位となったが、表彰台で表情晴れやかというわけにはいかない結果だった。

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはスターティンググリッドと同じ4位でゴール。予選での失敗で8番グリッドから出走したルクレールは5位入賞、終盤記録したファステストラップのボーナス1点は、せめてもの慰めとなった。

バクーで過去2回表彰台にのぼっているレーシングポイント・メルセデスのセルジオ・ペレスは、予選順位から1つ落として6位フィニッシュ。カルロス・サインツJr.7位、ランド・ノリス8位とマクラーレン・ルノーがタンデムで入賞を果たした。レーシングポイントのランス・ストロールが9位、そしてアルファ・ロメオ・フェラーリのキミ・ライコネンが10位に入り最後の1点を獲得した。

以下、11位アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)、12位アントニオ・ジョビナッツィ(アルファ・ロメオ)、13位ケビン・マグヌッセン(ハース・フェラーリ)、14位ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)、15位ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ・メルセデス)、16位ロバート・クビサ(ウィリアムズ)が完走した。

チャンピオンシップで首位に返り咲いたボッタスは87点、2位ハミルトン86点。開幕戦でボッタスがファステストラップを記録した1点がその差につながっている。ランキング3位のベッテルは52点で、最大のライバルに30点以上水をあけられた。フェルスタッペンは4位に落ちたとはいえ、ベッテルとのギャップはたった1点。5位には47点のルクレールがつけている。

コンストラクターズチャンピオンシップでは、173点のメルセデスが堂々首位を守り、2位フェラーリ99点、3位レッドブル64点、4位マクラーレン18点、5位レーシングポイント17点と続く。

(文=bg)
 

 
【F1 2019 速報】第4戦アゼルバイジャンGP、ボッタス2勝目の画像拡大

関連キーワード:
F1 2019, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事