「ベントレー・ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル登場

2019.05.10 自動車ニュース
ベントレー・ベンテイガ スピード
ベントレー・ベンテイガ スピード拡大

ベントレー モーターズ ジャパンは2019年5月10日、SUV「ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル「スピード」を、20台の台数限定で導入すると発表した。

 
「ベントレー・ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル登場の画像拡大
 
「ベントレー・ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル登場の画像拡大
 
「ベントレー・ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル登場の画像拡大
 
「ベントレー・ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル登場の画像拡大

“スピード”は2007年の「コンチネンタルGTスピード」以来、ベントレーのハイパフォーマンスモデルに与えられてきた名称であり、今回のベンテイガ スピードも最強のベンテイガであるとともに、世界最速のSUVを標榜(ひょうぼう)する。

フロントに積まれる6リッターW12ツインターボエンジンは、ノーマルモデル比で+27psとなる最高出力635psを発生(最大トルク900Nmは同じ)。これに伴い、最高速が301km/hから306km/hに、0-100km/h加速のタイムが4.1秒から3.9秒に向上している。また、全8種あるドライブモードのうちスポーツモードは専用セッティングとされており、パワーユニットと足まわりのレスポンスを高めている。

エクステリアにはダークティントヘッドライトとボディー同色サイドスカート、専用テールゲートスポイラーを採用し、ハイパフォーマンスモデルらしい堂々たるルックスを表現。フロントグリルもダークティント仕上げとしている。

インテリアには、ベンテイガとしては初となるアルカンターラを採用。ドアおよびドアハンドルまわり、シートクッションなどを専用仕立てとしたほか、「Speed」ロゴ入りのバッジとトレッドプレートもあしらった。

価格は2945万4545円(消費税8%の場合)。デリバリー開始は2019年の第4四半期が予定されている。

(webCG)

関連キーワード:
ベンテイガ, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.11.1 試乗記 ベントレーの4ドアサルーン「フライングスパー」がフルモデルチェンジ。豪華なグランドツアラーでありながら“スポーツセダン”を名乗る新型は、そのうたい文句では伝え切れないほどの楽しさを味わわせてくれた。
  • ベントレー・ベンテイガ スピード(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.6.20 試乗記 2015年のデビュー以来、超高級SUVとして存在感を示してきた「ベントレー・ベンテイガ」。その高性能版となるニューモデル「ベンテイガ スピード」が得たものとは? 母国イギリスのサーキットでチェックしてみた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.2 試乗記 ランボやロールス、アストンなど、ラグジュアリーブランドのSUVが続々とデビューを果たした後も、「ベンテイガ」は孤高の存在であり続けられるのか? 大阪・京都へのちょっとぜいたくな旅を通して感じたのは、少し意外な“スゴさ”だった。
  • 旧き佳きベントレーの終幕 「ミュルザンヌ」が生産終了へ 2020.1.22 デイリーコラム ベントレーの最上級サルーン「ミュルザンヌ」が、ついに生産終了に。名門の看板を担い続けたフラッグシップモデルの魅力と、その心臓部を担う特別なエンジン“ベントレーV8”の歴史を振り返るとともに、ベントレーのプレステージカーの今後に思いをはせる。
  • ベントレー初のプラグインハイブリッドモデル「ベンテイガ ハイブリッド」 欧州でデリバリーを開始 2019.10.2 自動車ニュース 英ベントレーは2019年10月1日(現地時間)、同社初となる市販プラグインハイブリッドモデル「ベンテイガ ハイブリッド」のデリバリー開始を発表した。システム最高出力449PSを誇り、一充電あたりの純EV走行距離は39km、同航続可能距離は747kmに及ぶ。
ホームへ戻る