「ベントレー・ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル登場

2019.05.10 自動車ニュース
ベントレー・ベンテイガ スピード
ベントレー・ベンテイガ スピード拡大

ベントレー モーターズ ジャパンは2019年5月10日、SUV「ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル「スピード」を、20台の台数限定で導入すると発表した。

 
「ベントレー・ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル登場の画像拡大
 
「ベントレー・ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル登場の画像拡大
 
「ベントレー・ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル登場の画像拡大
 
「ベントレー・ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル登場の画像拡大

“スピード”は2007年の「コンチネンタルGTスピード」以来、ベントレーのハイパフォーマンスモデルに与えられてきた名称であり、今回のベンテイガ スピードも最強のベンテイガであるとともに、世界最速のSUVを標榜(ひょうぼう)する。

フロントに積まれる6リッターW12ツインターボエンジンは、ノーマルモデル比で+27psとなる最高出力635psを発生(最大トルク900Nmは同じ)。これに伴い、最高速が301km/hから306km/hに、0-100km/h加速のタイムが4.1秒から3.9秒に向上している。また、全8種あるドライブモードのうちスポーツモードは専用セッティングとされており、パワーユニットと足まわりのレスポンスを高めている。

エクステリアにはダークティントヘッドライトとボディー同色サイドスカート、専用テールゲートスポイラーを採用し、ハイパフォーマンスモデルらしい堂々たるルックスを表現。フロントグリルもダークティント仕上げとしている。

インテリアには、ベンテイガとしては初となるアルカンターラを採用。ドアおよびドアハンドルまわり、シートクッションなどを専用仕立てとしたほか、「Speed」ロゴ入りのバッジとトレッドプレートもあしらった。

価格は2945万4545円(消費税8%の場合)。デリバリー開始は2019年の第4四半期が予定されている。

(webCG)

関連キーワード:
ベンテイガ, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー ベンテイガ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・フライングスパーV8(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.1 試乗記 ベントレーのフラッグシップサルーン「フライングスパー」にV8モデルが登場。635PSの最高出力を誇るW12に対して、550PSとなるV8の走りとは? 印象的なボディーカラーをまとった導入記念仕様車「ファーストエディション」に試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
  • フェラーリ812GTS(FR/7AT)【試乗記】 2021.6.11 試乗記 フェラーリのフラッグシップオープンスポーツ「812GTS」に試乗。最高出力800PSを誇る伝統のV12エンジンと、ワンタッチで開閉可能なリトラクタブルハードトップが織りなすオープンエアモータリングを、新緑のワインディングロードで味わった。
  • キャデラックCT5スポーツ(4WD/10AT)【試乗記】 2021.6.2 試乗記 キャデラックの新作セダン「CT5」がいよいよ日本に導入された。世界的にSUVが伸長するなかで、アメリカを代表するプレミアムブランドが世に問うたセダンの姿とは? “いまどきのキャデラック”のキャラクターを体現した、ニューモデルの実力を試す。
  • メルセデス・ベンツEQA250(FWD)【試乗記】 2021.5.31 試乗記 電気自動車のラインナップ強化にいそしむメルセデス・ベンツから、コンパクトSUVタイプの新型車「EQA」が登場。取り回しのしやすさや、デイリーユースでの使い勝手のよさなどがうたわれるニューモデルの仕上がりを報告する。
ホームへ戻る