「ベントレー・ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル登場

2019.05.10 自動車ニュース
ベントレー・ベンテイガ スピード
ベントレー・ベンテイガ スピード拡大

ベントレー モーターズ ジャパンは2019年5月10日、SUV「ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル「スピード」を、20台の台数限定で導入すると発表した。

 
「ベントレー・ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル登場の画像拡大
 
「ベントレー・ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル登場の画像拡大
 
「ベントレー・ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル登場の画像拡大
 
「ベントレー・ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル登場の画像拡大

“スピード”は2007年の「コンチネンタルGTスピード」以来、ベントレーのハイパフォーマンスモデルに与えられてきた名称であり、今回のベンテイガ スピードも最強のベンテイガであるとともに、世界最速のSUVを標榜(ひょうぼう)する。

フロントに積まれる6リッターW12ツインターボエンジンは、ノーマルモデル比で+27psとなる最高出力635psを発生(最大トルク900Nmは同じ)。これに伴い、最高速が301km/hから306km/hに、0-100km/h加速のタイムが4.1秒から3.9秒に向上している。また、全8種あるドライブモードのうちスポーツモードは専用セッティングとされており、パワーユニットと足まわりのレスポンスを高めている。

エクステリアにはダークティントヘッドライトとボディー同色サイドスカート、専用テールゲートスポイラーを採用し、ハイパフォーマンスモデルらしい堂々たるルックスを表現。フロントグリルもダークティント仕上げとしている。

インテリアには、ベンテイガとしては初となるアルカンターラを採用。ドアおよびドアハンドルまわり、シートクッションなどを専用仕立てとしたほか、「Speed」ロゴ入りのバッジとトレッドプレートもあしらった。

価格は2945万4545円(消費税8%の場合)。デリバリー開始は2019年の第4四半期が予定されている。

(webCG)

関連キーワード:
ベンテイガ, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー ベンテイガ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.25 試乗記 デビューから約5年というタイミングで、マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」。完璧の“さらに上”を目指したという大幅改良は、このラグジュアリーSUVにどのような変化をもたらしたのか? クローズドコースで実力の片りんに触れた。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)【試乗記】 2020.8.31 試乗記 ホンダの人気ミニバンを“匠の技”で磨き上げたとうたうコンプリートカー「フリード モデューロX」に試乗。空力にこだわったというそのフットワークはまさに圧倒的。ひとたびステアリングを握れば、ベース車とのちがいをだれでも感じ取れるはずだ。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.8.22 試乗記 発売迫る「スバル・レヴォーグ」の新型に先行試乗。人気のスポーツワゴンの2代目は、どんなクルマに仕上がったのか? プロトタイプの試乗会でわかった“先代からの進化”について詳しくリポートする。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.9.4 試乗記 レクサスの新型オープンカー「LC500コンバーチブル」に一般道とサーキットで試乗。開放感たっぷりなのは当たり前、筆者はその官能性と磨き抜かれたスポーツカーとしての資質に、大いに感銘を受けたのだった。
ホームへ戻る