「ベントレー・ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル登場

2019.05.10 自動車ニュース
ベントレー・ベンテイガ スピード
ベントレー・ベンテイガ スピード拡大

ベントレー モーターズ ジャパンは2019年5月10日、SUV「ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル「スピード」を、20台の台数限定で導入すると発表した。

 
「ベントレー・ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル登場の画像拡大
 
「ベントレー・ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル登場の画像拡大
 
「ベントレー・ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル登場の画像拡大
 
「ベントレー・ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル登場の画像拡大

“スピード”は2007年の「コンチネンタルGTスピード」以来、ベントレーのハイパフォーマンスモデルに与えられてきた名称であり、今回のベンテイガ スピードも最強のベンテイガであるとともに、世界最速のSUVを標榜(ひょうぼう)する。

フロントに積まれる6リッターW12ツインターボエンジンは、ノーマルモデル比で+27psとなる最高出力635psを発生(最大トルク900Nmは同じ)。これに伴い、最高速が301km/hから306km/hに、0-100km/h加速のタイムが4.1秒から3.9秒に向上している。また、全8種あるドライブモードのうちスポーツモードは専用セッティングとされており、パワーユニットと足まわりのレスポンスを高めている。

エクステリアにはダークティントヘッドライトとボディー同色サイドスカート、専用テールゲートスポイラーを採用し、ハイパフォーマンスモデルらしい堂々たるルックスを表現。フロントグリルもダークティント仕上げとしている。

インテリアには、ベンテイガとしては初となるアルカンターラを採用。ドアおよびドアハンドルまわり、シートクッションなどを専用仕立てとしたほか、「Speed」ロゴ入りのバッジとトレッドプレートもあしらった。

価格は2945万4545円(消費税8%の場合)。デリバリー開始は2019年の第4四半期が予定されている。

(webCG)

関連キーワード:
ベンテイガ, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【海外試乗記】 2019.7.14 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」の中でも、さらに走りを先鋭化させたモデルが「GT-R NISMO」だ。その2020年型にドイツ・ラウジッツで試乗。劇的な進化を遂げたという最新モデルの出来栄えを、ストリートとトラックの双方で確かめた。
  • 新型「ベントレー・フライングスパー」がデビュー 2019.6.11 自動車ニュース 英ベントレー・モーターズは2019年6月11日(現地時間)、4ドアサルーン「フライングスパー」の新型を発表した。同年秋には注文受け付けが開始され、2020年初頭にはデリバリーが始まる見込み。
  • ベントレー・ベンテイガV8(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.1 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」のラインナップに加わった4リッターV8モデルが日本に上陸。W12とのパワー差は58ps。その走りには、どんな違いがあるのか? 2台を比較し、「V8」を選ぶ理由について考えた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.2 試乗記 ランボやロールス、アストンなど、ラグジュアリーブランドのSUVが続々とデビューを果たした後も、「ベンテイガ」は孤高の存在であり続けられるのか? 大阪・京都へのちょっとぜいたくな旅を通して感じたのは、少し意外な“スゴさ”だった。
  • ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.20 試乗記 3代目に生まれ変わった「ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル」に試乗。ブランド創立からの起伏に富んだ100年を乗り越えた、ベントレーの高度なエンジニアリングの神髄に触れた。
ホームへ戻る