ポルシェ 東京モーターショー出展に代えて独自イベントを開催

2019.05.28 自動車ニュース
scopes Tokyo(ビジュアルイメージ)
scopes Tokyo(ビジュアルイメージ)拡大

ポルシェ ジャパンは2019年5月28日、東京・渋谷の「TRUNK BY SHOTO GALLERY」において新型「911」の日本デビューイベントを開催。同時に会場で、2019年度開催の東京モーターショーへの出展を見合わせることを明らかにした。

新型「ポルシェ911」の日本デビューイベントにおいて、独立型ブランドエキシビション“scopes Tokyo(スコープストーキョー)”の開催を発表した代表取締役社長の七五三木(しめぎ)敏幸氏。
新型「ポルシェ911」の日本デビューイベントにおいて、独立型ブランドエキシビション“scopes Tokyo(スコープストーキョー)”の開催を発表した代表取締役社長の七五三木(しめぎ)敏幸氏。拡大

同社代表取締役社長の七五三木(しめぎ)敏幸氏は、「東京モーターショーへの出展に代えてミレニアル層(1980年代から2000年代に生まれたデジタルネイティブ世代)を中心とした次世代に向けた独立型ブランドエキシビション“scopes Tokyo(スコープストーキョー)”を、2019年11月に東京・渋谷において、約1カ月間の期間限定で開催する」と発表した。

スコープスは「想像力と共振」をテーマに、ソーシャルとエンターテインメントの両輪でポルシェが全世界的に次世代カスタマーと定義するミレニアル層に向け、新たなブランド価値を発信するエキジビション。これまで2018年9月にドイツ・ベルリンで、2019年5月にオランダ・アムステルダムで開催されており、日本はこれらに続く世界で3カ所目の開催になるという。

(webCG)

関連キーワード:
東京モーターショー2019, イベント, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事