新型「レンジローバー イヴォーク」が日本に上陸

2019.05.30 自動車ニュース
新型「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」(写真は海外仕様)。
新型「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」(写真は海外仕様)。拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年5月30日、新型「レンジローバー イヴォーク」を導入し、同年6月1日に注文受け付けを開始すると発表した。

 
新型「レンジローバー イヴォーク」が日本に上陸の画像拡大
 
新型「レンジローバー イヴォーク」が日本に上陸の画像拡大
 
新型「レンジローバー イヴォーク」が日本に上陸の画像拡大
 
新型「レンジローバー イヴォーク」が日本に上陸の画像拡大
 
新型「レンジローバー イヴォーク」が日本に上陸の画像拡大
 
新型「レンジローバー イヴォーク」が日本に上陸の画像拡大
 
新型「レンジローバー イヴォーク」が日本に上陸の画像拡大
 
新型「レンジローバー イヴォーク」が日本に上陸の画像拡大

2018年11月に本国イギリスでお披露目されていた2代目イヴォークが日本に上陸する。新型では「リダクショニズム」というデザイン理念に基づく、よりモダンなエクステリアやデジタル化の進められたインテリア、マイルドハイブリッド機構を備えたパワートレインなどを特徴としている。詳細はこちら

日本に導入されるパワーユニットはいずれも2リッター直4「インジニウム」ターボエンジンで、ディーゼルは「D180」(最高出力180ps/最大トルク430Nm)のみを、ガソリンは「P200」(同200ps/同320Nm)と「P250」(同249ps/同365Nm)、さらにマイルドハイブリッド機構付きの「P300 MHEV」(同300ps/同400Nm)をラインナップする。

ボディーカラーは「ナルヴィックブラック」や「フジホワイト」などの12色に加えて、後述する2020年モデル限定グレード専用の「ノリータグレー」も用意する。

2020年モデル限定グレードとして設定される「ファーストエディション」は、「R-DYNAMIC SE」(D180またはP250)をベースに、デュオトーンシート(クラウド/エボニーグレインレザー)や20インチ5スプリットスポーク“スタイル5079”ホイール(グロスダークグレーコントラストダイヤモンドターンドフィニッシュ)、ブラックコントラストパノラミックルーフ、「FIRST EDITION」ロゴ入りのイルミネーテッドメタルトレッドプレート&カーペットマットを採用。ボディーカラーはノリータグレーのほか、「ソウルパールシルバー」と「ユーロンホワイト」を加えた全3色展開となる。

ラインナップと価格は以下の通り。

【ディーゼルモデル】
イヴォークD180:523万円
イヴォークS D180:591万円
イヴォークSE D180:667万円
イヴォークR-DYNAMIC S D180:642万円
イヴォークR-DYNAMIC SE D180:700万円
イヴォーク ファーストエディションD180:821万円

【ガソリンモデル】
イヴォークP200:461万円
イヴォークS P200:528万円
イヴォークSE P200:605万円
イヴォークSE P250:646万円
イヴォークR-DYNAMIC S P250:602万円
イヴォークR-DYNAMIC SE P250:679万円
イヴォークR-DYNAMIC HSE P250:747万円
イヴォーク ファーストエディションP250:799万円
イヴォークR-DYNAMIC S P300 MHEV:656万円
イヴォークR-DYNAMIC SE P300 MHEV:733万円
イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV:801万円

(webCG)

関連キーワード:
レンジローバー イヴォーク, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー イヴォーク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィーPHEV(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.18 試乗記 ランドローバー伝統の最上級SUV「レンジローバー」に設定されたプラグインハイブリッドモデル「オートバイオグラフィーPHEV」に試乗。EUの厳しい排ガス規制に対応すべくパワーユニットの電動化を推し進める同ブランドの戦略と、その走りをリポートする。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツ オートバイオグラフィー ダイナミックP400【試乗記】 2020.3.10 試乗記 上質さとスポーティネスを併せ持つランドローバーの高性能SUV「レンジローバー スポーツ」に、新開発の直6エンジンを搭載した新モデル「P400」が登場。新たな心臓部を得た“走りのレンジ”は、どのようなクルマに仕上がっていたのか。その実力を確かめた。
  • ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.27 試乗記 2018年10月にマイナーチェンジが実施された、ポルシェの人気車種「マカン」。数あるグレードのなかでも最高の動力性能を誇る「マカン ターボ」はどのようにリファインされたのか? 最新型の走りをリポートする。
  • メルセデス・ベンツの最上級3列シートSUV「GLS」がフルモデルチェンジ 2020.3.23 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年3月23日、新型「メルセデス・ベンツGLS」を導入すると発表し、同日、販売を開始した。最新のGLSは、2006年に登場した「GLクラス」から数えて3代目にあたるモデルで、2019年4月のニューヨークモーターショーで初披露された。
  • BMW M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.9 試乗記 3代目に生まれ変わった「BMW 1シリーズ」で多くの読者が気にかけているのはFRからFFへの基本駆動方式の変更に違いない。かくいうリポーターもまたその一人だ。肝心要のハンドリング性能をトップグレード「M135i xDrive」で確かめた。
ホームへ戻る