新型「レンジローバー イヴォーク」が日本に上陸

2019.05.30 自動車ニュース
新型「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」(写真は海外仕様)。
新型「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」(写真は海外仕様)。拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年5月30日、新型「レンジローバー イヴォーク」を導入し、同年6月1日に注文受け付けを開始すると発表した。

 
新型「レンジローバー イヴォーク」が日本に上陸の画像拡大
 
新型「レンジローバー イヴォーク」が日本に上陸の画像拡大
 
新型「レンジローバー イヴォーク」が日本に上陸の画像拡大
 
新型「レンジローバー イヴォーク」が日本に上陸の画像拡大
 
新型「レンジローバー イヴォーク」が日本に上陸の画像拡大
 
新型「レンジローバー イヴォーク」が日本に上陸の画像拡大
 
新型「レンジローバー イヴォーク」が日本に上陸の画像拡大
 
新型「レンジローバー イヴォーク」が日本に上陸の画像拡大

2018年11月に本国イギリスでお披露目されていた2代目イヴォークが日本に上陸する。新型では「リダクショニズム」というデザイン理念に基づく、よりモダンなエクステリアやデジタル化の進められたインテリア、マイルドハイブリッド機構を備えたパワートレインなどを特徴としている。詳細はこちら

日本に導入されるパワーユニットはいずれも2リッター直4「インジニウム」ターボエンジンで、ディーゼルは「D180」(最高出力180ps/最大トルク430Nm)のみを、ガソリンは「P200」(同200ps/同320Nm)と「P250」(同249ps/同365Nm)、さらにマイルドハイブリッド機構付きの「P300 MHEV」(同300ps/同400Nm)をラインナップする。

ボディーカラーは「ナルヴィックブラック」や「フジホワイト」などの12色に加えて、後述する2020年モデル限定グレード専用の「ノリータグレー」も用意する。

2020年モデル限定グレードとして設定される「ファーストエディション」は、「R-DYNAMIC SE」(D180またはP250)をベースに、デュオトーンシート(クラウド/エボニーグレインレザー)や20インチ5スプリットスポーク“スタイル5079”ホイール(グロスダークグレーコントラストダイヤモンドターンドフィニッシュ)、ブラックコントラストパノラミックルーフ、「FIRST EDITION」ロゴ入りのイルミネーテッドメタルトレッドプレート&カーペットマットを採用。ボディーカラーはノリータグレーのほか、「ソウルパールシルバー」と「ユーロンホワイト」を加えた全3色展開となる。

ラインナップと価格は以下の通り。

【ディーゼルモデル】
イヴォークD180:523万円
イヴォークS D180:591万円
イヴォークSE D180:667万円
イヴォークR-DYNAMIC S D180:642万円
イヴォークR-DYNAMIC SE D180:700万円
イヴォーク ファーストエディションD180:821万円

【ガソリンモデル】
イヴォークP200:461万円
イヴォークS P200:528万円
イヴォークSE P200:605万円
イヴォークSE P250:646万円
イヴォークR-DYNAMIC S P250:602万円
イヴォークR-DYNAMIC SE P250:679万円
イヴォークR-DYNAMIC HSE P250:747万円
イヴォーク ファーストエディションP250:799万円
イヴォークR-DYNAMIC S P300 MHEV:656万円
イヴォークR-DYNAMIC SE P300 MHEV:733万円
イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV:801万円

(webCG)

関連キーワード:
レンジローバー イヴォーク, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー イヴォーク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークSE D180(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.24 試乗記 2代目となった「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の実力を確かめるべく、ディーゼルモデルの「SE D180」に試乗。より快適志向となったシャシー、文句のつけようのないエンジンなどに感心しつつも、リポーターがどうしても気になったポイントとは?
  • BMW X3 Mコンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.21 試乗記 「BMW X3 Mコンペティション」に冠された「M」の文字はだてではない。2tを超えるSUVボディーを“俊敏”に走らせるのに十分なパワーと、時に過剰とも思えるほどに引き締められた足まわりを持つその中身は、まさにスポーツカーと表現したくなる出来栄えだった。
  • 「ランドローバー・レンジローバー スポーツ」の3リッター直6ターボモデル登場 2019.12.23 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年12月23日、「レンジローバー」および「レンジローバー スポーツ」の2020年モデルを発表し、注文受け付けを開始した。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.13 試乗記 欧州Dセグメントに属する、プジョーの最新ステーションワゴン「508SW」。グループPSAの新しいフラッグシップモデルは、快適な乗り心地と限界性能の高さを両立する、今日におけるフランス車の完成形ともいうべきクルマに仕上がっていた。
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICクーペ/GLE350de 4MATICクーペ【海外試乗記】 2019.12.27 試乗記 流麗なルーフラインを特徴とするメルセデス・ベンツのSUV「GLEクーペ」がフルモデルチェンジ。先代のデビューからわずか4年というスパンで登場した2代目は、どのような進化を遂げているのだろうか。銀世界が広がるオーストリア・インスブルックで試乗した。
ホームへ戻る