新型「ディフェンダー」の開発がいよいよ大詰めに

2019.06.05 自動車ニュース
最終フィールドテストに臨む新型「ランドローバー・ディフェンダー」(プロトタイプ)。
最終フィールドテストに臨む新型「ランドローバー・ディフェンダー」(プロトタイプ)。拡大

英ランドローバーは2019年6月4日(現地時間)、新型「ランドローバー・ディフェンダー」開発における、最終フィールドテストの様子を公開した。

カムフラージュ塗装が施された新型「ディフェンダー」。傍らに立つのはフォトグラファーのデイビット・ヤーロー氏。
カムフラージュ塗装が施された新型「ディフェンダー」。傍らに立つのはフォトグラファーのデイビット・ヤーロー氏。拡大
 
新型「ディフェンダー」の開発がいよいよ大詰めにの画像拡大
 
新型「ディフェンダー」の開発がいよいよ大詰めにの画像拡大
 
新型「ディフェンダー」の開発がいよいよ大詰めにの画像拡大

開発最終段階となる今回のフィールドテストは、1万4000ヘクタールにおよぶ、ケニアのボラナ野生保護区で実施。シュノーケルタイプのエアインテークを装着しユニークなカムフラージュ塗装が施された新型ディフェンダーのプロトタイプが、首輪型の無線発信装置を付けたライオンの追跡や資材の運搬といった、アフリカ野生動物保護組織「Tusk Trust」のサポートに使用された。

ボラナ野生保護区には平原のほか、深いわだちのできた道や岩だらけの急な坂、ぬかるんだ川岸、密林などがあり、ランドローバーでは、こうしたフィールドを走破することで新型ディフェンダーのすぐれた走行性能が実証できたという。

◆関連動画:新型「ディフェンダー」、ボラナ野生保護区を行く

また今回のフィールドテストでは、世界的に有名なフォトグラファーであるデイビット・ヤーロー氏が、テスト車両とともに野生動物の撮影を実施した。ヤーロー氏が撮影した野生動物の写真は、Tusk Trustの「イヤー・オブ・ザ・ライオン」のチャリティーキャンペーンにおいて活用される予定だ。

◆関連動画:デイビット・ヤーロー氏が新型「ディフェンダー」を語る

新型ディフェンダーは、2019年の後半に世界初公開される見込み。

(webCG)

関連キーワード:
ディフェンダー, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー ディフェンダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィーPHEV(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.18 試乗記 ランドローバー伝統の最上級SUV「レンジローバー」に設定されたプラグインハイブリッドモデル「オートバイオグラフィーPHEV」に試乗。EUの厳しい排ガス規制に対応すべくパワーユニットの電動化を推し進める同ブランドの戦略と、その走りをリポートする。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツ オートバイオグラフィー ダイナミックP400【試乗記】 2020.3.10 試乗記 上質さとスポーティネスを併せ持つランドローバーの高性能SUV「レンジローバー スポーツ」に、新開発の直6エンジンを搭載した新モデル「P400」が登場。新たな心臓部を得た“走りのレンジ”は、どのようなクルマに仕上がっていたのか。その実力を確かめた。
  • ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.27 試乗記 2018年10月にマイナーチェンジが実施された、ポルシェの人気車種「マカン」。数あるグレードのなかでも最高の動力性能を誇る「マカン ターボ」はどのようにリファインされたのか? 最新型の走りをリポートする。
  • メルセデス・ベンツの最上級3列シートSUV「GLS」がフルモデルチェンジ 2020.3.23 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年3月23日、新型「メルセデス・ベンツGLS」を導入すると発表し、同日、販売を開始した。最新のGLSは、2006年に登場した「GLクラス」から数えて3代目にあたるモデルで、2019年4月のニューヨークモーターショーで初披露された。
  • BMW M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.9 試乗記 3代目に生まれ変わった「BMW 1シリーズ」で多くの読者が気にかけているのはFRからFFへの基本駆動方式の変更に違いない。かくいうリポーターもまたその一人だ。肝心要のハンドリング性能をトップグレード「M135i xDrive」で確かめた。
ホームへ戻る