トヨタが「ポルテ/スペイド」を一部改良 それぞれの特別仕様車も設定

2019.07.03 自動車ニュース
トヨタ・ポルテF
トヨタ・ポルテF拡大

トヨタ自動車は2019年7月3日、コンパクトカー「ポルテ」および「スペイド」を一部改良するとともに、特別仕様車「ポルテF“ラフィネ”」「スペイドF“ノーブルコレクション”」をそれぞれ設定し、販売を開始した。

スペイドF
スペイドF拡大
ポルテF“ラフィネ”
ポルテF“ラフィネ”拡大
スペイドF“ノーブルコレクション”
スペイドF“ノーブルコレクション”拡大
「スペイドF“ノーブルコレクション”」のインテリア。
「スペイドF“ノーブルコレクション”」のインテリア。拡大

今回の改良では予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」の機能強化を図った。具体的には、「プリクラッシュセーフティー(レーザーレーダー+単眼カメラ)」の検知対象に歩行者を加えたほか、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」をオプション設定した。

ボディーカラーについては、ポルテにはモノトーンカラーを7色と、ボディー上部に新色「アッシュグレーメタリック」を採用したツートンカラーを3タイプ設定。スペイドには同じくモノトーンを7色と、ブラックのカーボン調ルーフフィルムを採用したツートンカラーを3タイプ設定した。

このほか、マルチインフォメーションディスプレイの燃費や航続可能距離情報などの視認性を高めている。

ポルテ、スペイドとも価格は182万8400円~212万8680円。

特別仕様車ポルテF“ラフィネ”とスペイドF“ノーブルコレクション”はポルテとスペイド、それぞれの「F」グレードをベースに、革調シボ付きルーフフィルムや合成皮革とファブリックを組み合わせた専用シートによって上質感向上を図ったほか、インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を装備した。

ポルテF“ラフィネ”、スペイドF“ノーブルコレクション”とも価格はFF車が200万7720円で、4WD車が215万8920円。

(webCG)

関連キーワード:
ポルテ, スペイド, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ポルテ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • ポルシェが新型「718スパイダー/ケイマンGT4」を発表 2019.6.18 自動車ニュース 独ポルシェが新型「718スパイダー/ケイマンGT4」を発表。最高出力420psを発生する、自然吸気の4リッター水平対向6気筒エンジンを搭載した高性能モデルで、ともに300km/hを超える最高速と、0-100km/h=4.4秒という加速性能を実現している。
  • マツダが「マツダ3」の国内販売をスタート 2019.5.24 自動車ニュース マツダは2019年5月24日、新型「MAZDA3(マツダ・スリー)」を発表し、同日から販売を開始した。デザイン面では「魂動デザイン」を新たなステージに進めたほか、技術面では「SKYACTIV(スカイアクティブ)テクノロジー」の深化により基本性能を高めている。
ホームへ戻る