クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

買えなくなると欲しくなる? ひっそりと販売終了していたクルマ

2021.03.03 デイリーコラム
当初は2+2+2の3列シート車のみの設定だった「ホンダ・ジェイド」。3列目がとても狭いうえに、これを畳むと4人しか乗れなくなるのが難点だった。
当初は2+2+2の3列シート車のみの設定だった「ホンダ・ジェイド」。3列目がとても狭いうえに、これを畳むと4人しか乗れなくなるのが難点だった。拡大

人知れず消えたクルマ

「気がついたら販売を終えていた……」というクルマがある。どの車種も開発は優秀なエンジニアによって丹念に行われ、期待をもって、祝福されながら発売される。

ところがその後の運命は車種によって大きく異なる。好調に売れて、次の世代につながる車種がある一方で、人知れず役割を終えるものもある。そういったクルマを振り返りたい。

【ホンダ・ジェイド】
終了の理由が最も分かりやすい車種はジェイドだ。最初は5ドアハッチバック風のボディーを備えた3列シート車として発売された。

ただし全高が1550mmを下回るから、立体駐車場を使いやすい代わりに、3列目は極端に狭い。さらに快適性が重視される2列目も、座面の奥行きが短くて座り心地も硬い。結局満足に座れるのは1列目のみだった。

走行性能は優れていたが、全幅のワイドな3ナンバー車だから、魅力が曖昧で売れ行きは伸び悩んだ。2015年の発売時点で、ホンダは1カ月の販売目標を3000台に設定したが、2017年の1カ月平均販売台数は166台だった。わずか2年後の時点で、売れ行きは目標の5.5%まで下がった。

この後、2列目が快適な2列シート仕様を追加して、グレードもスポーティーな「RS」を中心としたが、もはや販売は回復しなかった。2020年7月に販売終了を迎えた。

かつては人気車種だった「日産キューブ」だが、さまざまな事情から次期型の開発が凍結され、3代目で販売終了となった。
かつては人気車種だった「日産キューブ」だが、さまざまな事情から次期型の開発が凍結され、3代目で販売終了となった。拡大

【日産キューブ】
初代モデルは1998年に発売され、背の高いコンパクトカーの先駆けになった。2002年に登場した2代目は、水平基調の外観が人気を呼び、2008年には3代目にフルモデルチェンジされた。

3代目の外観は、直線基調ながら角に丸みを持たせた柔和なデザインで、内装は和風のテイストで仕上げた。オプションのガラスルーフには「SHOJI(障子)シェード」が装着され、温かな光が車内を満たす。シートは前後ともにソファ風の柔らかい座り心地でリラックスできた。

最近は「怒り顔」の背の高いクルマが街中にあふれ、内装も自尊心を誇示するようなつくりが目立つ。荒い運転をする責任は、もちろんドライバーにあるが、クルマの内外装や視野に入る風景も無縁ではないだろう。その意味で、今最も必要とされるのは、キューブのようなクルマではないかと思う。貴重な商品だったが、日産の経済状況の悪化もあって4代目の開発は凍結された。2019年末に生産が終わり、2020年3月末をもって販売終了。

ホンダ グレイス の中古車
トヨタが全店で全車種併売を始める前はトヨタ店とトヨペット店で売られた「ポルテ」。「スペイド」はトヨタカローラ店とネッツ店で販売されていた。
トヨタが全店で全車種併売を始める前はトヨタ店とトヨペット店で売られた「ポルテ」。「スペイド」はトヨタカローラ店とネッツ店で販売されていた。拡大
「トヨタ・スペイド」。「ポルテ」ともども、両側スライドドアの「タンク/ルーミー」のヒットによって影が薄くなってしまった。
「トヨタ・スペイド」。「ポルテ」ともども、両側スライドドアの「タンク/ルーミー」のヒットによって影が薄くなってしまった。拡大

優れた要素を持っていたのに

【トヨタ・ポルテ/スペイド】
2020年9月に生産を終えたポルテ&スペイドも背の高いコンパクトカーで、キューブと同じような優しさを感じさせるクルマであった。

ボディーの右側には前後に2枚の横開きドアを、左側には1枚のワイドなスライドドアを装着。スライドドア部分の床面地上高は、高齢者がスムーズに乗り降りできるよう300mmに抑えた。ほかのミニバンなどは、スライドドア部分の床面地上高が380mmから500mmあたりが相場で、サイドステップ(小さな階段)の必要な車種もある。その点でポルテ&スペイドは、本質的に福祉車両向きの性格を備えていた。

売れ筋グレードは、後席の座面を持ち上げられるようになっており、大きな荷物を左側のスライドドアから車内の中央に積み込める。視界もよくて運転しやすく、背が高いコンパクトカーなのに走行安定性や乗り心地も満足できた。今日の人気車種「ルーミー」よりも優れた商品であった。(比較的)惜しまれつつ販売終了。

貴重な5ナンバーセダンの「ホンダ・グレイス」も販売終了に。教習車仕様を見かけることが多い。
貴重な5ナンバーセダンの「ホンダ・グレイス」も販売終了に。教習車仕様を見かけることが多い。拡大

【ホンダ・グレイス】
グレイスは2014年に発売されたコンパクトセダンで、5ナンバーサイズの枠内に収まった。基本構造は先代「フィット」と共通だから空間効率に優れ、身長170cmの大人4人が乗車した場合、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ2つ半に達した。この広さはフィットと同じだが、セダンに当てはめるとミドルサイズからLサイズ並みであった。

この後に運転支援装備の「ホンダセンシング」も追加され、5ナンバーセダンでありながら、車間距離を自動制御できるクルーズコントロールなどを備えることも注目された。しかしながら販売台数の落ち込みは隠せず、2020年7月に販売終了。

今ではトヨタの「プレミオ/アリオン」の生産終了(2021年3月末)も公表され、5ナンバーサイズのセダンは、旧モデルが継続生産されているトヨタの「カローラアクシオ」のみになってしまう。「ヤリス」をベースにした派生モデルなど、5ナンバーサイズの新型セダンが求められている。

ここで紹介した貴重なクルマが去っていったのは、すべて昨2020年のことである。人知れず販売を終えたクルマを忘れてしまうのか、それとも覚えているか。そこに普通のユーザーと、クルマ好きとの違いがあるように思う。

(文=渡辺陽一郎/写真=本田技研工業、日産自動車、トヨタ自動車/編集=藤沢 勝)

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ホンダ グレイス の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。