買えなくなると欲しくなる? ひっそりと販売終了していたクルマ

2021.03.03 デイリーコラム
当初は2+2+2の3列シート車のみの設定だった「ホンダ・ジェイド」。3列目がとても狭いうえに、これを畳むと4人しか乗れなくなるのが難点だった。
当初は2+2+2の3列シート車のみの設定だった「ホンダ・ジェイド」。3列目がとても狭いうえに、これを畳むと4人しか乗れなくなるのが難点だった。拡大

人知れず消えたクルマ

「気がついたら販売を終えていた……」というクルマがある。どの車種も開発は優秀なエンジニアによって丹念に行われ、期待をもって、祝福されながら発売される。

ところがその後の運命は車種によって大きく異なる。好調に売れて、次の世代につながる車種がある一方で、人知れず役割を終えるものもある。そういったクルマを振り返りたい。

【ホンダ・ジェイド】
終了の理由が最も分かりやすい車種はジェイドだ。最初は5ドアハッチバック風のボディーを備えた3列シート車として発売された。

ただし全高が1550mmを下回るから、立体駐車場を使いやすい代わりに、3列目は極端に狭い。さらに快適性が重視される2列目も、座面の奥行きが短くて座り心地も硬い。結局満足に座れるのは1列目のみだった。

走行性能は優れていたが、全幅のワイドな3ナンバー車だから、魅力が曖昧で売れ行きは伸び悩んだ。2015年の発売時点で、ホンダは1カ月の販売目標を3000台に設定したが、2017年の1カ月平均販売台数は166台だった。わずか2年後の時点で、売れ行きは目標の5.5%まで下がった。

この後、2列目が快適な2列シート仕様を追加して、グレードもスポーティーな「RS」を中心としたが、もはや販売は回復しなかった。2020年7月に販売終了を迎えた。

かつては人気車種だった「日産キューブ」だが、さまざまな事情から次期型の開発が凍結され、3代目で販売終了となった。
かつては人気車種だった「日産キューブ」だが、さまざまな事情から次期型の開発が凍結され、3代目で販売終了となった。拡大

【日産キューブ】
初代モデルは1998年に発売され、背の高いコンパクトカーの先駆けになった。2002年に登場した2代目は、水平基調の外観が人気を呼び、2008年には3代目にフルモデルチェンジされた。

3代目の外観は、直線基調ながら角に丸みを持たせた柔和なデザインで、内装は和風のテイストで仕上げた。オプションのガラスルーフには「SHOJI(障子)シェード」が装着され、温かな光が車内を満たす。シートは前後ともにソファ風の柔らかい座り心地でリラックスできた。

最近は「怒り顔」の背の高いクルマが街中にあふれ、内装も自尊心を誇示するようなつくりが目立つ。荒い運転をする責任は、もちろんドライバーにあるが、クルマの内外装や視野に入る風景も無縁ではないだろう。その意味で、今最も必要とされるのは、キューブのようなクルマではないかと思う。貴重な商品だったが、日産の経済状況の悪化もあって4代目の開発は凍結された。2019年末に生産が終わり、2020年3月末をもって販売終了。

ホンダ グレイス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・グレイス 2014.12.1 画像・写真 ホンダの新型ハイブリッドセダン「グレイス」のディテールを写真で紹介する。
  • ホンダ・グレイス ハイブリッドEX モデューロパーツ装着車(FF/7AT) 2017.9.13 ホンダ・グレイスで試すModuloの神髄<PR> ホンダの純正アクセサリーブランド「Modulo(モデューロ)」のアイテムが装着された、白い「ホンダ・グレイス」。このクルマが持つ、落ち着いた乗り味と爽快な走りを支えるものとは? 上質なヨーロピアン・ライドを追求する“モデューロの哲学”の源泉を探った。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX ガソリン/ZX ディーゼル/GRスポーツ ガソリン【試乗記】 2021.9.10 試乗記 世界中で活躍するトヨタのクロスカントリーモデル「ランドクルーザー」が、新型の「300系」にフルモデルチェンジ。14年ぶりに刷新された“陸の巡洋艦”は、運動性能も快適性も、従来モデルから長足の進化を遂げていた。
  • メルセデス・ベンツC300eセダン(FR/9AT)【海外試乗記】 2021.9.1 試乗記 メルセデス・ベンツの主力セダン「Cクラス」がフルモデルチェンジ。国内では2021年秋からのデリバリーが予定されているが、一足早く欧州でそのステアリングを握るチャンスを得た。プラグインハイブリッドモデル「C300e」の仕上がりを報告する。
  • ホンダ・アコードEX(FF)【試乗記】 2020.4.23 試乗記 フルモデルチェンジした「ホンダ・アコード」に試乗。ハイブリッドシステム「e:HEV」や新世代プラットフォームの採用によって、走りや使い勝手はどう進化したのか? 年間50万台を売り上げるというグローバルモデルの出来栄えを、日本の道で確かめた。
ホームへ戻る