東京モーターショー2019

【東京モーターショー2019】モビリティーの楽しさを体感できる無料エリアを拡大 東京・お台場エリア全体が会場に

2019.07.30 自動車ニュース
「第46回東京モーターショー2019」で初めて設置される、「OPEN ROAD」と名付けられた全長1.5kmのシンボルロードのエントランスイメージ。
「第46回東京モーターショー2019」で初めて設置される、「OPEN ROAD」と名付けられた全長1.5kmのシンボルロードのエントランスイメージ。拡大

日本自動車工業会(自工会)は2019年7月30日、「第46回東京モーターショー2019」の概要を発表した。

東京・お台場周辺(青海/有明エリア)を、過去最大面積を誇るモビリティーのテーマパークとする「東京モーターショー2019」のエリアイメージ。
東京・お台場周辺(青海/有明エリア)を、過去最大面積を誇るモビリティーのテーマパークとする「東京モーターショー2019」のエリアイメージ。拡大
「東京モーターショー2019」の会場全体図。
「東京モーターショー2019」の会場全体図。拡大
有明/青海エリアをつなぐ「OPEN ROAD」のイメージ。
有明/青海エリアをつなぐ「OPEN ROAD」のイメージ。拡大
MEGA WEBを会場とする「FUTURE EXPO」のイメージ。
MEGA WEBを会場とする「FUTURE EXPO」のイメージ。拡大
青海展示棟には、子供たちが楽しみながら仕事体験ができるテーマパーク「キッザニア」が、東京モーターショーに初登場。
青海展示棟には、子供たちが楽しみながら仕事体験ができるテーマパーク「キッザニア」が、東京モーターショーに初登場。拡大

2年に一度開催される“自動車の祭典”東京モーターショー。今回は、2017年に開催された前回と同じ、東京・有明のビッグサイトを中心に、2019年10月23日から11月4日まで開催される。

10月23日から翌24日の11時30分までは報道用にあてられ、開会式が行われる10月24日のオフィシャルデー(関係招待者)/特別招待日(障がい者手帳を持っている方の特別見学日/午後)、一般公開前に入場できる25日のプレビューデー(9時~14時)の後、同25日の14時から11月5日の18時までの13日間が一般公開日となる。

今回のテーマは「OPEN FUTURE」で、「業界を越えて世界7カ国、総勢186企業・団体が参加(2019年7月30日現在)、オールインダストリーで“クルマ・バイクのワクワクドキドキ”から未来の暮らし、未来の街にまで領域をひろげ、来場者に未来のモビリティー社会を届ける」という。同テーマのもと、「OPEN」をキーワードに下記3つの新機軸が用意されている。

「未来へのOPEN」
自工会会員各社に加え、オリンピック・パラリンピック等経済界協議会、経済産業省(予定)、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(予定)と共催。さまざまなイベントや団体と連携を図り、数多くのプログラムを実施する。

「開催エリアのOPEN」
従来の有明エリアに加え、青海エリアを新設。この2つのエリアを「OPEN ROAD」でつなぎ、過去最大面積となるモビリティーのテーマパークを構築する。

「新たなお客様に向けたOPEN」
東京モーターショー初来場者にも、気軽に立ち寄り楽しんでもらえる無料エリアの設定。

従来の東京ビッグサイトを中心とした有明エリアに加え、青海エリアにも会場を拡大。有明エリアでは、東京ビッグサイトでの通常展示に加え「ドライブパーク」において、最新の二輪/四輪車の試乗・同乗体験(要東京モーターショー入場チケット)やステージイベント、デモランなどを実施する。日本初となるFAI公認のドローンレースも同会場にて行われる予定だ。

青海エリアでは、展示棟におけるメーカーブース出展のほか、MEGA WEB会場で「FUTURE EXPO」を開催。NTT、パナソニック、NEC、富士通などのオリンピック・パラリンピック等経済界協議会の企業・団体61社が参加し、先進のテクノロジーやサービスなどを紹介する100以上のプログラムを用意するほか、e-Motorsportsのさまざまな大会を実施する。

また、有明/青海の両エリアを結ぶ「OPEN ROAD」と名付けられた全長1.5kmのシンボルロードでは、小型モビリティーの試乗が行えるほか、陸・海・空のさまざまなモビリティーが展示される。ドライブパークとシンボルロード、FUTURE EXPOの会場は無料エリアとなる。

東京ビッグサイトの西展示棟には、スズキ、日産、ホンダ、三菱、ルノーの四輪車メーカーとカワサキ、スズキ、ホンダ、ヤマハの二輪車メーカーが、同南展示棟にはマツダ、レクサス、アルピナ、メルセデス・ベンツ、スマートの各メーカーおよびブランドがブースを構える。

青海展示棟では、スバル、ダイハツ、トヨタの四輪メーカーと、いすゞ、日野、三菱ふそう、UDトラックスの商用車メーカーがブースを置く。

さらなる詳細は、同年9月26日に発表されることになっている。

(webCG)

関連キーワード:
モーターショー, 東京モーターショー2019, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事
  • T.50 NEW

    T.50

    2020.8.6画像・写真
    英国のゴードン・マレー・オートモーティブが新型スーパーカー「T.50」を発表した。最高出力663PSのV12エンジンを全長4352mmのコンパクトなボディーに積み、リアには空力などをコントロールする電動ファンを備えたニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • 第222回:子供だってトラックとワゴンの違いはわかります 『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』 NEW

    第222回:子供だってトラックとワゴンの違いはわかります 『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』

    2020.8.6読んでますカー、観てますカー
    ジークとアールとディックは売れないバンド仲間。練習と称してガレージに集まりバカ騒ぎしていると、あることが原因でディックが死んでしまう。殺人事件として捜査が進む中、自分たちが関わっていることを知られたくないジークとアールはその場しのぎのウソをつき痕跡を消そうとする。
  • BMW X3 M40d/BMWアルピナXD3(前編)【試乗記】 NEW

    BMW X3 M40d/BMWアルピナXD3(前編)【試乗記】

    2020.8.6試乗記
    「BMW X3 M40d」と「BMWアルピナXD3」。3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載する“似た者同士”の高性能SUVに試乗し、それぞれの特徴をリポートする。まずは前編、BMW X3 M40dから。
  • ホンダe(後編)

    ホンダe(後編)

    2020.8.5画像・写真
    ホンダの都市型EVコミューター「ホンダe」は、新開発の後輪駆動EVプラットフォームを採用。またAIを活用したドライバーアシストや携帯端末をキーとして用いるデジタルキーなど、先進機能の搭載もトピックとなっている。話題満載の最新EVの詳細を、写真で紹介する。
  • ホンダe(前編)

    ホンダe(前編)

    2020.8.5画像・写真
    ホンダが新型電気自動車「ホンダe」の日本仕様を公開した。ホンダeは、新開発のEV専用プラットフォームをベースに開発されたコンパクトモデルであり、WLTCモードで282kmの航続距離を実現している。まもなく発売される新型EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】

    トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】

    2020.8.5試乗記
    WRC参戦車のスポーツイメージを浸透させるべく「トヨタ・ヤリス」に設定されたというMTモデル。果たしてその実力は? 1.5リッター直3エンジン+6段MT搭載車をロングドライブに連れ出し、確かめてみた。