「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」にディーゼル仕様の新グレード 燃費はWLTCモードで15.6km/リッター

2019.08.02 自動車ニュース

BMWジャパンは2019年7月26日、「BMW 6シリーズ グランツーリスモ(GT)」のラインナップにディーゼルエンジン搭載車「623d GT」を設定し、同日、販売を開始した。

623d GTは、全長×全幅×全高=5105×1900×1540mm、ホイールベース=3070mmというサイズの4ドアクーペボディーに、最高出力190ps、最大トルク400Nmを発生する2リッター直4ディーゼルエンジンを搭載したモデルで、トランスミッションには8段ATが組み合わされる。低速域から心地よい加速を実現し、WLTCモード計測で15.6km/リッターという燃費性能を実現しているという。

導入されるのは右ハンドルモデルで、インテリアには、耐久性の高いダコタレザーを採用。アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)やレーンチェンジウオーニング(車線変更警告システム)、レーンディパーチャーウオーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーンコントロールアシスト、サイドコリジョンプロテクション、衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付き)、クロストラフィックウオーニングなどからなる運転支援システム「ドライビングアシストプラス」や総合テレマティクスサービス「BMWコネクテッドドライブ」を標準装備している。

同パワーユニットを搭載するラインナップと価格は以下の通り。

  • BMW 623dグランツーリスモ ラグジュアリー:826万円
  • BMW 623dグランツーリスモMスポーツ:829万円

(webCG)

BMW 623dグランツーリスモ
BMW 623dグランツーリスモ拡大

関連キーワード:
6シリーズ グランツーリスモ, BMW, 自動車ニュース

BMW 6シリーズ グランツーリスモ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 623dグランツーリスモMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.1.7 試乗記 「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」に追加設定されたディーゼルモデル「623dグランツーリスモMスポーツ」に試乗。定番のセダンでも人気のステーションワゴンでもない独自路線を行くクロスオーバーというポジションには、いったいどんな魅力があるのか。
  • BMW 640i xDriveグランツーリスモMスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.11.8 試乗記 「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」に試乗。5mを優に超えるビッグサイズのボディーにハッチゲートを備えた、BMWのモデルラインナップにおいて“変化球”ともいえるポジションのクルマに、果たして「駆けぬける歓び」はあるのだろうか。
  • BMW 640i xDriveグランツーリスモMスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.7.31 試乗記 「BMW 6シリーズ」に、リアに巨大なハッチを備えた「グランツーリスモ」が仲間入り。まずは特徴的なスタイリングに目を奪われがちだが、その価値は見た目のみにあらず! リポーターを驚かせた、現行BMW車のラインナップで一番ともいえるポイントとは!?
  • 第2回:実力検証! 「ボルボV40 T3」 2018.4.12 ボルボV40 解体新書 ボルボのコンパクトハッチバック「V40」には、ユーザーのニーズを踏まえたさまざまなモデルがラインナップされている。今回はその中から、ガソリンエンジン搭載車の「T3モメンタム」をピックアップ。装備の内容や走りの質を検証した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
ホームへ戻る