新スタッドレスタイヤ「コンチネンタル・ノースコンタクトNC6」発売 トレッド面はヤモリの足裏のようなデザインに

2019.08.19 自動車ニュース

コンチネンタルタイヤ・ジャパンは2019年8月19日、スタッドレスタイヤの新商品「ノースコンタクトNC6」を、同年9月から順次発売すると発表した。

コンチネンタル・ノースコンタクトNC6は、従来品となる「コンチバイキングコンタクト6」から大きく向上したという氷上性能が自慢のスタッドレスタイヤだ。日本の降雪エリアの需要とスタッドレスタイヤに求められる性能に応えるものと説明されている。

ベースとなるコンパウンドには充てん率の高いシリカベースの低温耐性に優れたゴムとコンチネンタル独自の柔軟剤「耐寒性ソフトジェル」を均一にミックスした「ノルディックコンパウンド+」を採用。高いグリップ性能とブレーキ性能に加えて、経時劣化しにくい特性も備えている。

トレッド面にはトラクションとブレーキング、コーナリング性能を総合的に高めるという独自の左右非対称パターンを採用し、ゲッコー(ヤモリ)の足の裏のように、多数の溝とサイプをレイアウト。ショルダーブロックには1つおきに左右でオフセットするよう「3Dトライアングルエッジ」を入れることで雪柱せん断力を増大させ、雪上でのグリップ性能を強化。ブロックの外側には傾斜の強い波型サイプを入れ、引っかき効果を高めている。さらに、ショルダー部内側にある横長のサイプには氷上の液体層を破断・除去する効果があるという。

これらの溝をジグザグの千鳥状に配置することでノイズの周波数を分散させ、静粛性向上も図っている。

185/65R15から275/40R22までの全39サイズ展開で、価格はオープン。

(webCG)

コンチネンタル・ノースコンタクトNC6
コンチネンタル・ノースコンタクトNC6拡大

関連キーワード:
タイヤ・スタッドレスタイヤ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事