ランドローバーの新たなブランド大使はモデルの森 星
「新型『イヴォーク』はリラックスできるクルマです」

2019.08.22 自動車ニュース
新型「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」と、ブランドアンバサダーに就任したモデルの森 星さん。
新型「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」と、ブランドアンバサダーに就任したモデルの森 星さん。拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年8月22日、ランドローバーの新たなブランドアンバサダーとしてモデルの森 星(もり ひかり)さんを起用すると発表し、東京都内で記念式典を実施した。

とても足が長い森 星さん。
とても足が長い森 星さん。拡大
森 星さん(写真左)とジャガー・ランドローバー・ジャパンのマグナス・ハンソン代表取締役社長(同右)。
森 星さん(写真左)とジャガー・ランドローバー・ジャパンのマグナス・ハンソン代表取締役社長(同右)。拡大
 
ランドローバーの新たなブランド大使はモデルの森 星「新型『イヴォーク』はリラックスできるクルマです」の画像拡大

モデルとして数々のファッション誌や広告などで活躍する森さん。新たな分野へと積極的に挑戦するその姿勢が、ランドローバーのブランド精神である「Above and Beyond」につながるという判断から、今回のオファーに至ったという。

新型「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」とともにステージに立った森さんは、アンバサダーとしての意気込みを「ファッションと同じように(ランドローバー車を)自分を表現するツールとしてファンや友人に向けて発信していきたい」と説明。新型イヴォークの魅力については「自分の家にいるようにリラックスして過ごせる。カメラやセンサーなどのドライバーアシストがあるので安心して運転できるし、タッチスクリーンを多用したシンプルなインテリアなので運転に集中できる」と語った。

東京生まれで東京育ちの森さんは現在、日本の地方都市の文化に興味があるそうで、イヴォークでたくさんロングドライブに出掛けてこうした文化をどんどん吸収し、自身の表現に取り入れていきたいという。

(webCG)

関連キーワード:
レンジローバー イヴォーク, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー イヴォーク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • DS 3クロスバック グランシック(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.11 試乗記 プレミアムブランドを志向するDSが、新たなクロスオーバーSUV「DS 3クロスバック」を送り込んできた。キラキラとしたヘッドランプや複雑な面構成のボディーパネルなど、ディテールへのこだわりはひと目で分かるものの、肝心のクルマとしての出来栄えはどうなのか。370km余りを後にした結論は!?
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.9.3 試乗記 2ドアクーペに続く、メルセデスAMGの独自開発モデル「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」に公道で試乗。5mを超える大柄なボディーに、最高出力639PSの4リッターV8ツインターボを搭載した高性能4ドアモデルは、どんな走りを見せるのか。その出来栄えを確かめた。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)/718ケイマンGT4(MR/6MT)【海外試乗記】 2019.8.5 試乗記 オープントップの「718スパイダー」とクローズドボディーの「718ケイマンGT4」。“ミドシップ・ポルシェ”のトップに君臨する2モデルが新型になって帰ってきた。果たして、その仕上がりは? イギリスからの第一報。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV【試乗記】 2019.7.11 試乗記 ランドローバーのプレミアムコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」の2代目が日本上陸を果たした。新しいプラットフォームとマイルドハイブリッドの採用によって、ブランド躍進の立役者はどう進化したのか。最高出力300psを誇るトップグレードで確かめた。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
ホームへ戻る