アウディR8に限定モデル「デセニウム」が登場 V10モデルの誕生10周年を祝う記念モデル

2019.08.24 自動車ニュース

アウディ ジャパンは2019年8月24日、ミドシップスポーツカー「R8」に特別仕様車「デセニウム」を設定し、注文受け付けを開始した。納車については同年12月以降を予定している。

既報の通り、今回の特別仕様車はV10エンジンを搭載したR8のデビュー10周年を記念した限定モデルである。車名のデセニウム(Decennium)とは、10年を意味するラテン語。販売台数は全世界222台で、このうちの10台が日本向けとなる。

カタログモデルにはない内外装のデザインが特徴で、エクステリアではボディーカラーを「デイトナグレーマットエフェクト」とするほか、グロスブラックの外装パーツからなる「ハイグロスブラックスタイルパッケージ」を採用。20インチアルミホイールは、エンジンのインテークマニホールドともどもマットブロンズでコーディネートしている。

一方、インテリアについては各部に「Decennium」のロゴを施しているほか、電動調整機能付きファインナッパレザーダイヤモンドステッチングスポーツシートや、デコラティブパネルグロスカーボン、アルカンターラヘッドライニングなどを採用。さらに550Wの高出力アンプと13個のスピーカーからなるBang & Olufsenサウンドシステムを装備している。

価格は3091万円(消費税10%を含む)

(webCG)

アウディR8デセニウム(写真は海外仕様)
アウディR8デセニウム(写真は海外仕様)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事
  • T.50 NEW

    T.50

    2020.8.6画像・写真
    英国のゴードン・マレー・オートモーティブが新型スーパーカー「T.50」を発表した。最高出力663PSのV12エンジンを全長4352mmのコンパクトなボディーに積み、リアには空力などをコントロールする電動ファンを備えたニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • 第222回:子供だってトラックとワゴンの違いはわかります 『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』 NEW

    第222回:子供だってトラックとワゴンの違いはわかります 『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』

    2020.8.6読んでますカー、観てますカー
    ジークとアールとディックは売れないバンド仲間。練習と称してガレージに集まりバカ騒ぎしていると、あることが原因でディックが死んでしまう。殺人事件として捜査が進む中、自分たちが関わっていることを知られたくないジークとアールはその場しのぎのウソをつき痕跡を消そうとする。
  • BMW X3 M40d/BMWアルピナXD3(前編)【試乗記】 NEW

    BMW X3 M40d/BMWアルピナXD3(前編)【試乗記】

    2020.8.6試乗記
    「BMW X3 M40d」と「BMWアルピナXD3」。3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載する“似た者同士”の高性能SUVに試乗し、それぞれの特徴をリポートする。まずは前編、BMW X3 M40dから。
  • ホンダe(後編)

    ホンダe(後編)

    2020.8.5画像・写真
    ホンダの都市型EVコミューター「ホンダe」は、新開発の後輪駆動EVプラットフォームを採用。またAIを活用したドライバーアシストや携帯端末をキーとして用いるデジタルキーなど、先進機能の搭載もトピックとなっている。話題満載の最新EVの詳細を、写真で紹介する。
  • ホンダe(前編)

    ホンダe(前編)

    2020.8.5画像・写真
    ホンダが新型電気自動車「ホンダe」の日本仕様を公開した。ホンダeは、新開発のEV専用プラットフォームをベースに開発されたコンパクトモデルであり、WLTCモードで282kmの航続距離を実現している。まもなく発売される新型EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】

    トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】

    2020.8.5試乗記
    WRC参戦車のスポーツイメージを浸透させるべく「トヨタ・ヤリス」に設定されたというMTモデル。果たしてその実力は? 1.5リッター直3エンジン+6段MT搭載車をロングドライブに連れ出し、確かめてみた。