V10の10周年を記念した「アウディR8」の限定モデルが登場

2019.03.05 自動車ニュース
アウディR8 V10ディセニアム
アウディR8 V10ディセニアム拡大

アウディ ジャパンは2019年3月4日、「V10エンジンの10周年」を記念した世界222台限定の「R8 V10 Decennium(ディセニアム)」を発表した。ドイツにおいてこの限定車は、最新の「R8」と同時に発売されるという。

マットブロンズ仕上げの20インチホイールを装着する「アウディR8 V10ディセニアム」。ボディーカラーは専用色として設定されたデイトナグレイ マットエフェクトのほか、6色から選択できる。
マットブロンズ仕上げの20インチホイールを装着する「アウディR8 V10ディセニアム」。ボディーカラーは専用色として設定されたデイトナグレイ マットエフェクトのほか、6色から選択できる。拡大
キルティングデザインのスポーツシートやアルカンターラを用いたステアリングホイールを採用している。
キルティングデザインのスポーツシートやアルカンターラを用いたステアリングホイールを採用している。拡大
最高出力620ps、最大トルク580Nmを発生する5.2リッターV10エンジンを搭載。マットブロンズ仕上げのエアインテークを採用する。
最高出力620ps、最大トルク580Nmを発生する5.2リッターV10エンジンを搭載。マットブロンズ仕上げのエアインテークを採用する。拡大

車名にあるディセニアムという名称はラテン語の“10年”を意味するもの。「10年にわたって人々を魅了してきたV10エンジンを記念とともに、モータースポーツにおける栄光の歴史を表している」とアウディは説明している。

R8のクーペをベースにしたディセニアムは、専用ボディーカラーとしてデイトナグレイ マットエフェクトを設定。20インチホイールとエンジンのインテークマニホールドはマットブロンズ仕上げとなり、フロントスポイラー、サイドシル、ディフューザーはグロスブラックで塗装。車体前後のアウディリングとロゴはブラックに、サイドブレードとドアミラーハウジングはグロスカーボンファイバー製になるなど、特別な仕様となっている。

インテリアでは、グロスカーボンファイバー製のインレイやキルティングデザインのスポーツシート、アルカンターラを用いたセレクターレバーとステアリングホイールが採用されているほか、各所にコッパーカラーのステッチが施されている。

リアミドに搭載される5.2リッターV10自然吸気エンジンは、最高出力620ps、最大トルク580Nmを発生。0-100km/h加速3.1秒、最高速度331km/hという実力を持つ。

発売は2019年春を予定しており、前述の通り最新のR8と同時に発売される予定だ。価格は22万2000ユーロ(邦貨換算約2815万円)。日本導入時期や価格、販売台数などに関しては未定となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
R8, アウディ, 自動車ニュース

アウディ R8 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2018.6.11 試乗記 日本ではマイナーな存在だが、欧米のブランドでは長年にわたり大切にされてきた“4シーターオープン”というカテゴリー。「アウディA5カブリオレ」の試乗を通し、スポーツカーとは一線を画すその趣に触れた。
  • BMW 840iクーペMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.29 試乗記 BMWのフラッグシップクーペ「8シリーズ クーペ」に追加設定された「840i Mスポーツ」に試乗。同シリーズにおけるエントリーモデルという位置づけながら、3リッターの直6エンジンと後輪駆動が織りなすその走りは、実に味わい深いものだった。
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> まだ寝静まった早朝の都市を「アウディA5カブリオレ」で行く。ソフトトップを畳むと、頭上に冬の高く青い空が広がった。カブリオレでしか味わえない、心が解き放たれる瞬間だ。A5カブリオレで街を流せば、空がいつもと違って見えてくるだろう。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
ホームへ戻る