最高出力720PSの新型オープンスポーツカー「フェラーリF8スパイダー」デビュー

2019.09.09 自動車ニュース
フェラーリF8スパイダー
フェラーリF8スパイダー拡大

伊フェラーリは2019年9月9日、新型の高性能オープンスポーツカー「フェラーリF8スパイダー」を発表した。

 
最高出力720PSの新型オープンスポーツカー「フェラーリF8スパイダー」デビューの画像拡大
 
最高出力720PSの新型オープンスポーツカー「フェラーリF8スパイダー」デビューの画像拡大
 
最高出力720PSの新型オープンスポーツカー「フェラーリF8スパイダー」デビューの画像拡大

F8スパイダーは、2019年2月にデビューしたクーペ「F8トリブート」をベースに、リトラクタブルハードトップを採用したオープントップモデル。ルーフの開閉に要する時間はそれぞれ14秒で、45km/h以下の車速であれば走行中でも操作できる。

全長×全幅×全高=4611×1979×1206mmというボディーサイズは、クローズドボディーのF8トリブートと同一。キャビン後方に搭載される3.9リッターV8ターボエンジンもF8トリブートと共通で、最高出力720PS/8000rpm、最大トルク770N・m/3000rpmを発生する。トランスミッションは、7段のデュアルクラッチ式ATのみ。1400kgの乾燥車重は、同1330kgのクーペ比で+70kgとなっている。

0-100km/h加速2.9秒、最高速340km/hという数値もクーペと変わらない。ただし、0-200km/hの加速タイムはクーペ(7.8秒)にやや劣る8.2秒と公表される。そのほかパフォーマンスに関することでは、V8ならではのエンジンサウンドを実現しつつパワーユニットのターボラグを皆無としたことや、レッドラインの8000rpmまで回転上昇の勢いをそぐことなく回し切る「ウォール・エフェクト」、電子制御によりホイールの空転を抑えつつ加速を最大化させる「アダプティブ・パフォーマンス・ローンチ」などがセリングポイントとなっている。

(webCG)

関連キーワード:
F8トリブート, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマNEW 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリの新型FRクーペ「ローマ」日本デビュー 最高出力620PSのV8エンジンを搭載NEW 2020.4.2 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2020年4月1日、東京・港区のコーンズ芝ショールームにおいてV8ツインターボエンジンを搭載する新型2+2クーペ「ローマ」を日本で初披露した。すでに受注が開始されており、納車は2021年初頭を予定しているという。
  • 第168回:まっすぐ走らない欠陥車問題再び 2020.3.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第168回は「まっすぐ走らない欠陥車問題再び」。筆者が初めて購入したフェラーリ、「348tb」はなぜ人気がないのか? 若きフェラーリオーナーとの再会を機に、5年半を共にした愛車への思いを振り返る。
  • 第169回:「僕のはまっすぐ走りました」 2020.3.31 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第169回は「僕のはまっすぐ走りました」。「フェラーリ348」はまっすぐ走らないという筆者の持論に、異議を唱える若者が現れた。果たして、重大な欠陥は過去のものなのか? 新旧オーナーが激論する!
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2020.2.20 試乗記 メルセデス・ベンツ伝統のオフローダー「Gクラス」に、直6ディーゼルターボエンジンを搭載した「G350d」が登場。ラインナップのエントリーモデルであり、同時にもっとも“クロカンらしさ”を感じさせるモデルでもあるニューフェイスの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る