最高出力720PSの新型オープンスポーツカー「フェラーリF8スパイダー」デビュー

2019.09.09 自動車ニュース
フェラーリF8スパイダー
フェラーリF8スパイダー拡大

伊フェラーリは2019年9月9日、新型の高性能オープンスポーツカー「フェラーリF8スパイダー」を発表した。

 
最高出力720PSの新型オープンスポーツカー「フェラーリF8スパイダー」デビューの画像拡大
 
最高出力720PSの新型オープンスポーツカー「フェラーリF8スパイダー」デビューの画像拡大
 
最高出力720PSの新型オープンスポーツカー「フェラーリF8スパイダー」デビューの画像拡大

F8スパイダーは、2019年2月にデビューしたクーペ「F8トリブート」をベースに、リトラクタブルハードトップを採用したオープントップモデル。ルーフの開閉に要する時間はそれぞれ14秒で、45km/h以下の車速であれば走行中でも操作できる。

全長×全幅×全高=4611×1979×1206mmというボディーサイズは、クローズドボディーのF8トリブートと同一。キャビン後方に搭載される3.9リッターV8ターボエンジンもF8トリブートと共通で、最高出力720PS/8000rpm、最大トルク770N・m/3000rpmを発生する。トランスミッションは、7段のデュアルクラッチ式ATのみ。1400kgの乾燥車重は、同1330kgのクーペ比で+70kgとなっている。

0-100km/h加速2.9秒、最高速340km/hという数値もクーペと変わらない。ただし、0-200km/hの加速タイムはクーペ(7.8秒)にやや劣る8.2秒と公表される。そのほかパフォーマンスに関することでは、V8ならではのエンジンサウンドを実現しつつパワーユニットのターボラグを皆無としたことや、レッドラインの8000rpmまで回転上昇の勢いをそぐことなく回し切る「ウォール・エフェクト」、電子制御によりホイールの空転を抑えつつ加速を最大化させる「アダプティブ・パフォーマンス・ローンチ」などがセリングポイントとなっている。

(webCG)

関連キーワード:
F8スパイダー, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリF8スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2021.2.2 試乗記 フェラーリから「F8トリブート」のオープントップバージョンにあたる「F8スパイダー」が登場。ミドシップフェラーリならではの圧倒的なパフォーマンスと、オープンエアモータリングの心地よさを併せ持つ、希有(けう)な一台の魅力に触れた。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2021.2.19 試乗記 いろいろあった日産だが、新型「ノート」の出来栄えをみると完全復活が近いようだ。第2世代へと移行した電動パワートレイン「e-POWER」やマップデータとの連携機能を備えた運転支援システム「プロパイロット」の仕上がり具合を報告する。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2021.2.5 試乗記 欧州のライバルとFF車世界最速争いを繰り広げる「ホンダ・シビック タイプR」が、マイナーチェンジを受けた。派手ではないが、ツウをうならせる改良が施された“現行最終型”の出来栄えやいかに? 進化したその走りを報告する。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.1 試乗記 新型「BMW 4シリーズ」の直6エンジン搭載モデル「M440i」に試乗。衝撃的なインパクトのフロントフェイスはもちろんのこと、もはや「M4」レベルと思えるほどの切れ味と速さは、大いに印象的なものだった。
  • メルセデスAMG GLA45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.1 試乗記 CセグメントのSUVをベースに、メルセデスAMGが徹底的に走りを突き詰めた「メルセデスAMG GLA45 S 4MATIC+」。421PSの高出力ターボエンジンと専用チューニングのシャシーを備えたハイパフォーマンスモデルは、好事家の心をくすぐるトガった一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る