最高出力720PSの新型オープンスポーツカー「フェラーリF8スパイダー」デビュー

2019.09.09 自動車ニュース
フェラーリF8スパイダー
フェラーリF8スパイダー拡大

伊フェラーリは2019年9月9日、新型の高性能オープンスポーツカー「フェラーリF8スパイダー」を発表した。

 
最高出力720PSの新型オープンスポーツカー「フェラーリF8スパイダー」デビューの画像拡大
 
最高出力720PSの新型オープンスポーツカー「フェラーリF8スパイダー」デビューの画像拡大
 
最高出力720PSの新型オープンスポーツカー「フェラーリF8スパイダー」デビューの画像拡大

F8スパイダーは、2019年2月にデビューしたクーペ「F8トリブート」をベースに、リトラクタブルハードトップを採用したオープントップモデル。ルーフの開閉に要する時間はそれぞれ14秒で、45km/h以下の車速であれば走行中でも操作できる。

全長×全幅×全高=4611×1979×1206mmというボディーサイズは、クローズドボディーのF8トリブートと同一。キャビン後方に搭載される3.9リッターV8ターボエンジンもF8トリブートと共通で、最高出力720PS/8000rpm、最大トルク770N・m/3000rpmを発生する。トランスミッションは、7段のデュアルクラッチ式ATのみ。1400kgの乾燥車重は、同1330kgのクーペ比で+70kgとなっている。

0-100km/h加速2.9秒、最高速340km/hという数値もクーペと変わらない。ただし、0-200km/hの加速タイムはクーペ(7.8秒)にやや劣る8.2秒と公表される。そのほかパフォーマンスに関することでは、V8ならではのエンジンサウンドを実現しつつパワーユニットのターボラグを皆無としたことや、レッドラインの8000rpmまで回転上昇の勢いをそぐことなく回し切る「ウォール・エフェクト」、電子制御によりホイールの空転を抑えつつ加速を最大化させる「アダプティブ・パフォーマンス・ローンチ」などがセリングポイントとなっている。

(webCG)

関連キーワード:
F8トリブート, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
  • フェラーリの新型FRクーペ「ローマ」日本デビュー 最高出力620PSのV8エンジンを搭載 2020.4.2 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2020年4月1日、東京・港区のコーンズ芝ショールームにおいてV8ツインターボエンジンを搭載する新型2+2クーペ「ローマ」を日本で初披露した。すでに受注が開始されており、納車は2021年初頭を予定しているという。
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
ホームへ戻る