ポルシェが「カイエン」のプラグインハイブリッド車を追加導入 3モデルの受注を開始

2019.09.13 自動車ニュース

ポルシェ ジャパンは2019年9月13日、SUV「カイエン」および「カイエン クーペ」のラインナップにプラグインハイブリッドモデル(PHV)を追加。価格を発表し、同日、予約受注を開始した。

今回導入が発表されたのは、最高出力340PSの3リッターV6ターボエンジンに同136PSのモーターを組み合わせたPHV「カイエンEハイブリッド クーペ」と、同550PSの4リッターV8ツインターボエンジンに同136PSの電気モーターを組み合わせたPHV「カイエン ターボS Eハイブリッド」「カイエン ターボS Eハイブリッド クーペ」の3モデル。

トランスミッションは全車、ティプトロニックSと呼ばれる8段ATが搭載されている。日本仕様車のハンドル位置は右のみとなる。

価格は以下の通り。デリバリーの開始時期は、現時点では未定。

  • カイエンEハイブリッド クーペ:1276万円
  • カイエン ターボS Eハイブリッド:2327万円
  • カイエン ターボS Eハイブリッド クーペ:2376円

(webCG)

日本に導入される「ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド クーペ」(写真左)と「カイエン ターボS Eハイブリッド」。
日本に導入される「ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド クーペ」(写真左)と「カイエン ターボS Eハイブリッド」。拡大

関連キーワード:
カイエン, カイエン クーペ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ カイエン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る