ダイハツがつながる安心「ダイハツコネクト」を提供 まずは2019年内発売予定の新型車に搭載

2019.10.07 自動車ニュース

ダイハツ工業は2019年10月7日、ディスプレイオーディオやカーナビ(コネクト対応車載機)とスマートフォンを接続するサービス「ダイハツコネクト」の提供を、2019年内に発売予定の新型車から開始すると発表した。車内での通信をサポートする「ダイハツWi-Fi」の提供も同時に開始する。

今回発表のダイハツコネクトは、まずはDNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の第2弾となる前述の新型車に採用予定。クルマとスマートフォンの連携によって、顧客は手軽にコネクトサービスが活用できるという。

同サービスは、ドライバーやその家族などのスマートフォンに専用アプリをインストールすることで、もしもの時の安全・安心を提供する「つないでサポート」、クルマとドライバーを見守る「見えるドライブ」、クルマの状況をスマートフォンから確認できる「見えるマイカー」、クルマのメンテナンス管理をサポートする「つないでケア」の4つのサポートが使用可能となる。

ダイハツコネクトと同時に提供が開始されるダイハツWi-Fiは、車内にWi-Fiルーターを設置し、通信のサポートを行うというもの。コネクト対応車載機の購入者を対象に、車内で使用可能なWi-Fiルーターと、サービス利用開始から3年間、1GB/月のデータ容量を無料で提供。コネクトサービスの利用のほか、車内におけるスマートフォンやタブレット端末などの使用による通信料金の負担を軽減する。より多くの通信量を必要とする場合には、有料プランにて対応するという。

年内発売予定の新型車に採用予定のディスプレイオーディオでは、SmartDeviceLinkとApple CarPlayも利用可能となる。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
新着記事