東京モーターショー2019

ブリヂストンが未来へ向けた取り組みをアピール 高強度の新しいゴム素材を出展【東京モーターショー2019】

2019.10.08 自動車ニュース
第46回東京モーターショー2019に出展するブリヂストンのブースのイメージ。
第46回東京モーターショー2019に出展するブリヂストンのブースのイメージ。拡大

ブリヂストンは2019年10月8日、第46回東京モーターショー2019(開催期間:2019年10月23日~11月4日)の出展概要を発表した。

 

今回、ブリヂストンは持続可能なモビリティー社会の実現に貢献するイノベーションや、商品やサービスをデジタルでつなぎ、新たな価値を創造するソリューション「Bridgestone T&D PaaS」などといった、未来へ向けた取り組みを紹介するとしている。

具体的な展示物は以下の通り。

【High Strength Rubber(HSR)】
ゴムと樹脂を分子レベルで結び付けた世界初のハイブリッド素材「HSR」を使用したコンセプトタイヤを展示。HSRは非常に高い強度と耐久性を備えており、天然ゴムと比べて耐亀裂性が5倍以上、耐摩耗性が2.5倍以上、引張強度が1.5倍以上とされている。

【「有人与圧ローバ」用タイヤ(接地体)】
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)やトヨタ自動車とともに進めている国際宇宙探査ミッションにおいて、月面を走行する「有人与圧ローバ」のためにブリヂストンが技術開発を進めているタイヤのプロトタイプを展示する。

【走行中ワイヤレス給電対応タイヤ】
東京大学大学院新領域創成科学研究科の藤本研究室が進めている、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の研究プロジェクトに参画。走行中に道路から電気自動車のインホイールモータへと給電する、ワイヤレス給電に対応したタイヤを紹介する。

このほかにも、低燃費タイヤ「ECOPIA with ologic」を装着し、2017年のブリヂストン・ワールドソーラーチャレンジに参戦した工学院大学のソーラーカーや、市販タイヤの「ポテンザS007A」「レグノGR-XII」「ブリザックVRX2」などを出展。オリンピックやパラリンピックに挑戦する、チームブリヂストンのアスリートによるトークショーも予定している。

(webCG)

関連キーワード:
東京モーターショー2019, モーターショー, タイヤ・スタッドレスタイヤ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事