「ジープ・コンパス」に特別仕様車「Sモデル」が登場 グレーとブラックのアクセントカラーが特徴

2019.10.10 自動車ニュース
ジープ・コンパスSモデル
ジープ・コンパスSモデル拡大

FCAジャパンは2019年10月10日、ジープのコンパクトSUV「コンパス」に上級グレード「リミテッド」をベースにした特別仕様車「コンパスSモデル」を設定、同年10月19日に160台限定で発売すると発表した。

ブラックを基調にダークグレーを部分的にあしらったフロントグリルを採用。ホイールやエンブレムもブラック系カラーで統一されている。
ブラックを基調にダークグレーを部分的にあしらったフロントグリルを採用。ホイールやエンブレムもブラック系カラーで統一されている。拡大
グレーステッチ入りのブラックレザーシートを特別装備。フロントは電動調整機能付きとなる。
グレーステッチ入りのブラックレザーシートを特別装備。フロントは電動調整機能付きとなる。拡大

今回のコンパスSモデルに関しFCAでは、「グレー系のアクセントカラーを随所に取り入れ、都会的なデザインを特徴とするコンパスをさらにスタイリッシュに仕立てた」と、その特徴を説明している。

エクステリアでは、ブラックを基調にダークグレーを部分的にあしらったフロントグリルや、同じくブラックペイントルーフにダークグレーのルーフレールを組み合わせた通常モデルにはないカラーコーディネートを採用。グラナイトカラーを用いたウィンドウモールディングやフォグランプベゼル、専用19インチアルミホイール、エンブレム、「S」バッジなども採用されている。

インテリアでは、グレーステッチ入りのブラックレザーシート(フロントパワーシート付き)やガンメタルインテリアアクセント、ブラックのヘッドライナーに加え、アウトドアなどで汚れたものを収納する際に便利なリバーシブルカーゴフロアが装備される。

ボディーカラーは、「ヴォーカルホワイト」と「ミニマルグレー」の2色(内装色はいずれもブラック)展開で、各80台が限定販売される。価格は437万円。

(webCG)

関連キーワード:
コンパス, ジープ, 自動車ニュース

ジープ コンパス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー ルビコン(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.2 試乗記 シリーズ最強のオフロード性能を誇る、2ドアの本格クロスカントリー「ジープ・ラングラー ルビコン」に公道で試乗。2020年2月に限定台数100台が発売され、あっという間に売り切れたという、その人気の秘密を探ってみた。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • 第167回:新型フィットは色がイイ 2020.3.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第167回は「新型フィットは色がイイ」。発売以来好調の「ホンダ・フィット」に試乗! 柴犬顔の印象は? ライバル車でもある、かつての愛車「トヨタ・アクア」との比較を交えながら、デザインや走りをジャッジする。
  • フェラーリの新型FRクーペ「ローマ」日本デビュー 最高出力620PSのV8エンジンを搭載 2020.4.2 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2020年4月1日、東京・港区のコーンズ芝ショールームにおいてV8ツインターボエンジンを搭載する新型2+2クーペ「ローマ」を日本で初披露した。すでに受注が開始されており、納車は2021年初頭を予定しているという。
ホームへ戻る