東京モーターショー2019

イタリアのスクーターブランド、ベスパが3台のモデルを出展【東京モーターショー2019】

2019.10.15 自動車ニュース
東京モーターショーにおけるベスパのブースイメージ。
東京モーターショーにおけるベスパのブースイメージ。拡大

ピアッジオグループジャパンは2019年10月15日、第46回東京モーターショー2019(開催期間:2019年10月23日~11月4日)にベスパのブースを出展すると発表した。

ベスパ・セイ ジョルニ エディションII
ベスパ・セイ ジョルニ エディションII拡大
プリマベーラS 125スペシャルエディション
プリマベーラS 125スペシャルエディション拡大
LX 125 i-GET
LX 125 i-GET拡大

イタリア語で「スズメバチ」を意味するベスパは、1946 年に誕生したイタリアのスクーターブランドである。機能的なスチールモノコックボディーや片持ちサスペンションなどといった独自の構造、そしてファッショナブルなデザインが特徴で、現在では50~300ccのモデルをラインナップしている。

今回の東京モーターショーでは、特別仕様車の「セイ ジョルニ エディションII」「プリマベーラS 125スペシャルエディション」と、2005年から販売が続けられるロングセラーモデル「LX 125 i-GET」を展示。最新のベスパとその独特の世界観を表現するとしている。

(webCG)

関連キーワード:
東京モーターショー2019, モーターショー, ベスパ, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事