「ベスパGTSスーパー150/スプリント150」に往年のレーサーをほうふつさせる特別仕様車が登場

2020.05.27 自動車ニュース
ベスパGTSスーパー150レーシングシックスティーズ(グリーン)
ベスパGTSスーパー150レーシングシックスティーズ(グリーン)拡大

ピアッジオグループジャパンは2020年5月27日、ベスパのラインナップに特別仕様車「GTSスーパー150 Racing Sixties(レーシングシックスティーズ)」「スプリント150レーシングシックスティーズ」を設定し、同年5月29日に発売すると発表した。

GTSスーパー150レーシングシックスティーズ(イノチェンツァホワイト)
GTSスーパー150レーシングシックスティーズ(イノチェンツァホワイト)拡大
スプリント150レーシングシックスティーズ(イノチェンツァホワイト)
スプリント150レーシングシックスティーズ(イノチェンツァホワイト)拡大
スプリント150レーシングシックスティーズ(グリーン)
スプリント150レーシングシックスティーズ(グリーン)拡大

今回の2モデルは、1960年代のジェントルマンライダーレースにインスピレーションを得たというデザインが特徴の特別仕様車である。

カラーリングは、グリーンのボディーカラーにイエローのアクセント、ホワイトのボディーカラーにレッドのアクセントの2種類で、「モナコやモンツァサーキットでの伝統のグランプリレースや、タルガフローリオのような歴史的レースで活躍した、伝説的なドライバーたちの偉業を反映」と説明されている。

また、新型のシートや60年代風にゴールドメタリックで塗装されたキャストホイールも特徴で、さらに全体のイメージを引き締めるべく、パッセンジャーグラブハンドルやフットレスト、フロントライトとリアライトのトリムリング、サイレンサーカバー、バックミラー、メーターパネルベース、シールドトリム、フロントマッドガードのクレスト(GTSスーパー150のみ)は、いずれもマットブラック仕上げとなっている。

価格は以下の通り。

  • GTSスーパー150レーシングシックスティーズ:58万3000円
  • スプリント150レーシングシックスティーズ:51万7000円

(webCG)

関連キーワード:
スプリント150, GTSスーパー150, ベスパ, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • モーガン・スリーホイーラー(FR/5MT)【試乗記】 2020.6.9 試乗記 モーガンが、自身の起源に深く関わるサイクルカーを、自らの手で復活させた「スリーホイーラー」。前2輪、後ろ1輪の車体に、鼓動感あふれる2リッターVツインエンジンを搭載したそのマシンは、日常を冒険に変えてしまう一台だった。
  • スズキVストローム1050XT(MR/6MT)【レビュー】 2020.6.26 試乗記 往年のパリ-ダカールラリー出場マシンをほうふつとさせるカラーリングをまとい、スズキから新型のアドベンチャーツアラー「Vストローム1050」が登場。リッタークラスのエンジンを搭載する、スズキ製アドベンチャーのフラッグシップモデルを試す。
  • GMジャパンが「シボレー・カマロ」の一部仕様を変更 ボディーカラーを5色から4色に整理 2020.6.9 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンが「シボレー・カマロ」の一部仕様変更を発表。ボディーカラーのラインナップから「サテンスチールグレーメタリック」を廃止。「リバーサイドブルーメタリック」「ブラック」「サミットホワイト」「レッドホット」の全4色の設定とした。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ホンダが「スーパーカブC125」に新色のブラックを設定 カラーバリエーションを3種類に拡大 2020.6.12 自動車ニュース ホンダが「スーパーカブC125」のカラーバリエーションを拡大。これまでの「パールニルタバブルー」「パールカデットグレー」に加え、新たに「パールシャイニングブラック」を追加設定した。発売は2020年7月31日、価格は40万7000円としている。
ホームへ戻る