「ベスパGTSスーパー150/スプリント150」に往年のレーサーをほうふつさせる特別仕様車が登場

2020.05.27 自動車ニュース
ベスパGTSスーパー150レーシングシックスティーズ(グリーン)
ベスパGTSスーパー150レーシングシックスティーズ(グリーン)拡大

ピアッジオグループジャパンは2020年5月27日、ベスパのラインナップに特別仕様車「GTSスーパー150 Racing Sixties(レーシングシックスティーズ)」「スプリント150レーシングシックスティーズ」を設定し、同年5月29日に発売すると発表した。

GTSスーパー150レーシングシックスティーズ(イノチェンツァホワイト)
GTSスーパー150レーシングシックスティーズ(イノチェンツァホワイト)拡大
スプリント150レーシングシックスティーズ(イノチェンツァホワイト)
スプリント150レーシングシックスティーズ(イノチェンツァホワイト)拡大
スプリント150レーシングシックスティーズ(グリーン)
スプリント150レーシングシックスティーズ(グリーン)拡大

今回の2モデルは、1960年代のジェントルマンライダーレースにインスピレーションを得たというデザインが特徴の特別仕様車である。

カラーリングは、グリーンのボディーカラーにイエローのアクセント、ホワイトのボディーカラーにレッドのアクセントの2種類で、「モナコやモンツァサーキットでの伝統のグランプリレースや、タルガフローリオのような歴史的レースで活躍した、伝説的なドライバーたちの偉業を反映」と説明されている。

また、新型のシートや60年代風にゴールドメタリックで塗装されたキャストホイールも特徴で、さらに全体のイメージを引き締めるべく、パッセンジャーグラブハンドルやフットレスト、フロントライトとリアライトのトリムリング、サイレンサーカバー、バックミラー、メーターパネルベース、シールドトリム、フロントマッドガードのクレスト(GTSスーパー150のみ)は、いずれもマットブラック仕上げとなっている。

価格は以下の通り。

  • GTSスーパー150レーシングシックスティーズ:58万3000円
  • スプリント150レーシングシックスティーズ:51万7000円

(webCG)

関連キーワード:
スプリント150, GTSスーパー150, ベスパ, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCT125ハンターカブ(MR/4MT)【レビュー】 2020.10.17 試乗記 “ハンターカブ”と呼ばれた往年の名車のイメージを受け継ぐ、ホンダの小型オートバイ「CT125ハンターカブ」。ポップでワイルドな見た目だが、実際の走りはどうか? 舗装路と未舗装路の両方で試してみた。
  • BMW F900Rプレミアムライン(MR/6MT)【レビュー】 2020.9.28 試乗記 パラレルツイン(並列2気筒エンジン)を搭載した“BMW Fシリーズ”の新作「F900R」。モデルチェンジにより新しいエンジンを得たBMWのミドルクラス・ネイキッドは、よりスポーティーに、アグレッシブにライディングを楽しむためのバイクに変貌を遂げていた。
  • べスパ・スプリント150ノッテ(MR/CVT)【レビュー】 2019.4.9 試乗記 マットブラックでキメた、イタリア生まれのスクーター「べスパ・スプリント150 Notte(ノッテ)」。単なる小排気量のコミューターと思って乗ったならば、その切れ味鋭い走りに驚かされることだろう。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • ヤマハ・テネレ700(MR/6MT)【レビュー】 2020.9.9 試乗記 ヤマハから700ccクラスの新型アドベンチャー「テネレ700」が登場。今や定番の可変デバイスを用いず、エンジンとシャシーをひとつの方向性で煮詰めたビッグオフローダーは、高い悪路走破性能を誇るだけでなく、バイクを操るよろこびに満ちたマシンとなっていた。
ホームへ戻る