クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

カワサキW800ストリート(MR/5MT)

回春ネオクラシック 2019.11.05 試乗記 一度はカタログから消えた「カワサキW800」が、大がかりな仕様変更を受けてカムバック。カスタムバイクを思わせるクールな「ストリート」モデルは、その乗り味も若々しさにあふれていた。

寝耳に水の商品展開

カワサキの「W800ストリート」は、2019年3月に販売が始まったネオクラシックモデルだ。2016年までW800の名でラインナップされていたが、厳しさを増す排ガス規制を前にして一度ラインナップから消滅。しばらくの空白期間の後、事実上のフルモデルチェンジを受けて復活したのである。

今回の記事を書くにあたり、用意されたマットブラックの車両に乗ったのは2019年10月初旬のことだ。その印象は良好なもので、動力性能になんら不満はなく、質感やライディングポジションに関して要望がいくつかあった程度。それらも個人的な好みの範囲におさまるものだった。

そのままツラツラと書き連ねていけば、ごく素直な、そしてポジティブな原稿になったに違いない。空冷2気筒という形式を残してくれたこと自体、大いに称賛されるべき姿勢だからだ。

ところが、これはまったくの偶然なのだが、W800ストリートの原稿締め切りの数日前に、東京モーターショー2019のプレスデーが開催された。そこでカワサキは3台のニューモデルを世界初公開。そのうちの1台に新型W800があった。つまり、“ストリート”の名を持たない別バージョンである。

いや、今にして思えば浅はかだった。3月の時点で、なぜ車名にわざわざストリートと付け加えたのか。そこに疑問を持つべきであった。その語感には若々しさがあり、ブラックアウトされたエンジンや燃料タンク、フェンダーはそれに見合うもの。なるほど、ユーザー層の拡大を図っているんだな、くらいの認識だったのである。

その認識は先の試乗時点でも変わらず、「ベベルギアのカバーは黒よりメッキの方が“らしく”ないか? そう思うのは自分がアラフィフだから?」などと思いつつ、原稿を書き始めたところに新型W800である。いやもう、そのタイミングもさることながら、W800ストリートで感じた「ここがもう少しこうだったら」という思いが、すべてかなえられているのだからたまらない。

燃料タンクには大きな「W」ロゴ。デザイン性に加えて、カワサキのプライドが感じられる。
燃料タンクには大きな「W」ロゴ。デザイン性に加えて、カワサキのプライドが感じられる。拡大
2つのシリンダーから後方へと取り回される2本のエキゾーストパイプ。車体の下部で連結されている。
2つのシリンダーから後方へと取り回される2本のエキゾーストパイプ。車体の下部で連結されている。拡大
タックロールの入ったタンデムシートの高さは、「W800」シリーズの中で最も低い770mm(他のモデルは790mm)。
タックロールの入ったタンデムシートの高さは、「W800」シリーズの中で最も低い770mm(他のモデルは790mm)。拡大
東京モーターショー2019のカワサキブースで公開された最新型の「W800」。1960年代生まれの名車「カワサキ650W1」を思わせるクラシカルな外観が目を引く。
東京モーターショー2019のカワサキブースで公開された最新型の「W800」。1960年代生まれの名車「カワサキ650W1」を思わせるクラシカルな外観が目を引く。拡大
「W800」のボディーカラーは写真のメタリックダークグリーンのみ。価格は「W800ストリート」比で8万8000円高の110万円となっている。
「W800」のボディーカラーは写真のメタリックダークグリーンのみ。価格は「W800ストリート」比で8万8000円高の110万円となっている。拡大

走りはしっかりスポーツ寄りに

W800、もしくはW800ストリートに興味があり、これから手に入れようとしている人にとっては悩ましくも楽しい「たまらん」だろうが、W800が控えているとは夢にも思わず、すでにW800ストリートを手に入れてしまった人の何割かにとっては、嘆きとため息交じりの「たまらん……」に違いない。無論、魅力的な新型モデルや派生モデルの登場は世の常ではあるが、2つのモデルの時間差は半年強にすぎず、その心中は察して余りある。

とはいえ、既述の通りW800ストリートの印象はいい。エンジンの排気量、ボア×ストローク、360度のクランク位相角は、旧W800(~2016年)の数値をそのまま踏襲。ただし、その味つけはかなり異なり、最大トルクの発生回転数は2300rpmも引き上げられ(2500rpm→4800rpm)、その過渡特性は明確にスポーティーなものになった。

旧W800が下から上までスムーズに吹け上がるフラットな特性だったのに対し、W800ストリートは4000rpm付近を境にキャラクターが変わる。低回転域では鼓動というより強めのバイブレーションで存在感をアピールする一方、回転域が高まるとそれを相殺するように軽々とタコメーターの針が上昇。「ギューン」という独特なメカニカルノイズを伴い、表情の変化を楽しむことができる。

ハンドリングもやはりスポーティーだ。旧W800はフロントに19インチホイールを装着していたが、W800ストリートは18インチに小径化。キャスター角(27度→26度)とトレール量(108mm→94mm)もマイナス方向に振られ、車体をリーンさせる時の手応えはより軽快になった。コーナリングスピードとそれに伴うバンク角もワンランク上がり、つまり、いろいろと若々しい。

と言いつつ、不思議だったのはライディングポジションだ。とりわけハンドルは高く、広くなり、しかも大きくプルバックされている。ここだけアラフィフ対応なのかと思ったが、これはこれでカスタマイズされた雰囲気があり、身近なヤング層に聞いてみたところ、どうやらイケてるっぽい。

今回のリファインを機に、「W800」シリーズは車体のフレームを一新。従来型よりも剛性が高められた。
今回のリファインを機に、「W800」シリーズは車体のフレームを一新。従来型よりも剛性が高められた。拡大
ヘッドカバーからシリンダーフィン、クランクケースに至るまでブラックで塗られたエンジン。右側面(写真中央手前)に見えるのは、クランクとカムシャフトを連動させるベベルギアのシャフトで、そのカバーも黒で統一されている。
ヘッドカバーからシリンダーフィン、クランクケースに至るまでブラックで塗られたエンジン。右側面(写真中央手前)に見えるのは、クランクとカムシャフトを連動させるベベルギアのシャフトで、そのカバーも黒で統一されている。拡大
メーターパネルはクラシカルな2眼タイプ。走行距離をはじめとするインフォメーションは液晶画面に表示される。
メーターパネルはクラシカルな2眼タイプ。走行距離をはじめとするインフォメーションは液晶画面に表示される。拡大
フロントブレーキは320mm径のシングルタイプ。「W800」よりも1インチ小さな18インチの前輪は、軽快なハンドリングに寄与している。
フロントブレーキは320mm径のシングルタイプ。「W800」よりも1インチ小さな18インチの前輪は、軽快なハンドリングに寄与している。拡大
「W800ストリート」は、マットな車体色も見どころのひとつ。「メタリックフラットスパークブラック」と「メタリックマットグラファイトグレー」のツートンカラーとなっている。
「W800ストリート」は、マットな車体色も見どころのひとつ。「メタリックフラットスパークブラック」と「メタリックマットグラファイトグレー」のツートンカラーとなっている。拡大
燃料タンクの容量は15リッター。WMTCモードの燃費値は21.1km/リッターと公表される。
燃料タンクの容量は15リッター。WMTCモードの燃費値は21.1km/リッターと公表される。拡大
リアサスペンションは、コンベンショナルなツインショックが採用されている。スプリングのプリロードのみ工具を使って変更可能。
リアサスペンションは、コンベンショナルなツインショックが採用されている。スプリングのプリロードのみ工具を使って変更可能。拡大
よりスポーティーなテイストを好むユーザーには、低めのバーハンドルやビキニカウルを装着した「W800カフェ」(113万3000円)という選択肢もある。
よりスポーティーなテイストを好むユーザーには、低めのバーハンドルやビキニカウルを装着した「W800カフェ」(113万3000円)という選択肢もある。拡大

買いたい人にはうれしい悩み

なるほど、その色といい、ハンドリングといい、ポジションといい、車名の通りストリート系であり、最近のカスタムカルチャーが色濃く反映されているようだ。

それが理解できると、間をあけることなくW800が登場したのもうなずける。このカテゴリーには正統なクラシックスタイルを求めるユーザーが多く、W800はそれに応える存在として必要だったのだ。

ブラックアウトせずにメッキを多用したエンジンパーツ、マット塗装ではなく深みのある艶(つや)やかな塗装、適度に前傾したハンドル、そしてなにより、おおらかなハンドリングをもたらす、フロントホイールの再度の19インチ化。これらはまさにその好例で、一定の世代以上は「そうそう、欲しかったのはこれだよ、これ」となるに違いない。

カワサキのモデルラインナップと販売戦略は実に巧みだ。クールでシンプルなW800ストリートか、ネオクラシックの王道をいくW800か。加えて刺激的なポジションを持つ「W800カフェ」という選択肢も用意され、ライダーのニーズを広くカバー。それぞれの車体価格にどうにもならない乖離(かいり)があるわけではないため、このシリーズに興味のあるユーザーはW800の発売(2019年12月1日)を待ちつつ、検討するといいだろう。

(文=伊丹孝裕/写真=三浦孝明、webCG/編集=関 顕也)

カワサキW800ストリート
カワサキW800ストリート拡大

【スペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2135×925×1120mm
ホイールベース:1465mm
シート高:770mm
重量:221kg
エンジン:773cc 空冷4ストローク直列2気筒 SOHC 4バルブ
最高出力:52PS(38kW)/6200rpm
最大トルク:62N・m(6.3kgf・m)/4800rpm
トランスミッション:5段MT
燃費:30.0km/リッター(国土交通省届出値)/21.1km/リッター(WMTCモード)
価格:101万2000円

注目の記事PR
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
関連記事
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。