カーボンパーツを採用したスポーティーな限定車「マセラティ・ギブリ リベッレ」登場

2019.11.13 自動車ニュース
マセラティ・ギブリ リベッレ
マセラティ・ギブリ リベッレ拡大

マセラティ ジャパンは2019年11月12日、スポーティーセダン「ギブリ」に特別仕様車「リベッレ」を設定し、台数30台の限定で同日、販売を開始した。

マセラティのラインナップで初めてパンチングレザーの赤/黒ツートンインテリアを導入。
マセラティのラインナップで初めてパンチングレザーの赤/黒ツートンインテリアを導入。拡大
インテリアカーボンキットを採用。「Ribelle」バッジも装着される。
インテリアカーボンキットを採用。「Ribelle」バッジも装着される。拡大

今回の「ギブリ リベッレ」は高性能モデル「ギブリS」をベースとし、カーボンパーツを内外装に用いてスポーティーに仕上げた限定車。「リベッレ」とはイタリア語で「反逆者」を意味し、外装の仕上げにちなんで名付けられたという。

主な特別装備は以下の通り。

  • マイカペイント(Nero Ribelle)
  • 20インチGTSホイール(シルバーフィニッシュ)
  • カーボンホイールキャップ
  • レッドブレーキキャリパー
  • 「Ribelle」バッジ
  • カーボンスポーツステアリングホイール
  • カーボンシフトパドル
  • カーボンドアシル
  • ハイグロスカーボンファイバートリム
  • Bowers & Wilkins高性能サラウンドシステム
  • バイトーンインテリア(レッド/ブラック)
  • フロントシートベンチレーション
  • ドリルドフルプレミアムレザー
  • アルカンターラヘッドライニング
  • ヘッドレストトライデントステッチ
  • イルミネーションストレージ付きリアアームレスト
  • 電動サンルーフ
  • トラフィックサインレコグニション
  • サラウンドビューモニター

価格は1475万円。

(webCG)

関連キーワード:
ギブリ, マセラティ, 自動車ニュース

マセラティ ギブリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • マセラティ・クアトロポルテS グランスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2018.2.22 試乗記 マセラティのフラッグシップサルーンである「クアトロポルテ」。2018年モデルでは、3リッターV6エンジンが最新スペックにアップデートされたほか、先進運転支援システムが充実した。「クアトロポルテS グランスポーツ」のステアリングを握った。
  • BMWアルピナD3 Sリムジン アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.2 試乗記 アルピナが提案するディーゼルの高性能セダン「D3 Sリムジン アルラット」に試乗。そのステアリングを握った筆者は、どこか懐かしくも目を見張る、このブランドならではのパフォーマンスに酔いしれたのだった。
  • マツダ3セダンX Lパッケージ/マツダ3ファストバックXD Lパッケージ【試乗記】 2021.2.10 試乗記 マツダのCセグメントハッチバック/セダン「マツダ3」が、発売から1年半を経て初の商品改良を受けた。外見は(ほぼ)そのままに中身を磨き上げたという今回の改良は、クルマにどのような進化をもたらしたのか? 開発者から聞いた“狙い”とともに報告する。
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(FF/CVT)【試乗記】 2021.2.8 試乗記 2020年秋に実施された「スバル・インプレッサスポーツ」の一部改良にあわせ、ラインナップに加わった「STI Sport」。ワインディングロードを舞台に、STIが新たにFFモデルで手がけたチューニングレシピを味わった。
ホームへ戻る